キャリアアップマガジンTOP  >   真面目で厳しすぎる!日本人の働き方が「おかしい」と言われる理由

真面目で厳しすぎる!日本人の働き方が「おかしい」と言われる理由

 2017年12月22日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

「日本人の働き方はおかしい」という意見を聞いたことがあるでしょうか。日本社会で生きていると、そのような意見を聞く機会が少ないかもしれません。しかし、海外と比較したり法律と照らし合わせたりすると、日本人の働き方には様々な問題があることが分かってきます。

①そもそも、おかしいと気づいていない

「ブラック企業」という言葉が広く使われるようになってから数年経ちますが、それでもブラック企業は未だにゴロゴロと存在しています。労働基準法では1日8時間、週に40時間を超える労働は原則認められていません。つまり本来「残業」は臨時的なものであるにもかからわず、残業(報酬の出ないサービス残業も含む)が当たり前かのように行われています。

そして、そのブラック企業で働く人たちの中には、そもそも「自分の働き方がおかしい」ことに気づいていない人も多いのです。定時が定められているのに毎日残業し、企業と個人が過剰に癒着している現状が「当たり前」であるという認識は、よく考えてみれば異常です。

さらに残業だけでなく、最低賃金を下回る給与で労働させたり、賃金未払いが常習化したりしている企業もあります。最近では厚労省が労基法を違反している会社を公表していますが、それでも全ての会社を摘発することはできていません。

自分の働き方は「普通」なのか、それとも「異常」なのか常に問い続けることが、これからの日本人によって重要になってきます。

②過剰なサービス

テレビ番組で「日本人のサービスの丁寧さが外国人に話題」という特集がたびたび放送されるように、日本人はお客に対して素晴らしいサービスを提供します。某牛丼チェーンやハンバーガーチェーンなど、比較的安価な飲食店であっても最高の笑顔でおもてなしをする、日本らしいといえば日本らしい精神です。

しかし、その「素晴らしいサービス」はお客側から過剰な期待を募ってしまうことにつながるのです。

日本人だけに求められる、過剰なサービス

たとえばコンビニ。多くの日本人店員は、大量のお客ひとりひとりに対して丁寧な言葉遣いでマニュアル通りの接客をします。そうすると、お客である我々は「日本人の店員は素晴らしい接客をする」という期待をしてしまうのです。だからこそ、少しでも丁寧でない接客をされると腹が立ち、「接客態度がなっていない」というクレームに発展することがあります。

しかし、日本語に慣れていない外国人店員の中にはマニュアル通りの接客をしない方も少なからず存在します。その接客において「言葉遣いが丁寧でない」という場合であっても、お客は日本人店員の時と同じようには怒りません。それは外国人店員に対して「接客の丁寧さ」をあまり期待していないからであり、丁寧でない接客態度でも許せてしまうからなのです。

③真面目すぎる&厳しすぎる

海外はかなり「適当」である

日本人は、会社に尽くしすぎていると言われることがあります。その内訳は「サービス残業」に始まり、「有給があっても取らない」や「上司が帰るまで帰らない」という風潮などです。海外、特にヨーロッパやアメリカでは、企業との関係がドライであることが多く、プライベートと仕事をキッチリと分けています。

さらに国や企業によっては、「仕事中のゆるさ」にすら寛容であるところもあります。日本から出ると、仕事中にスマホをいじっていたりスタッフ同士で喋っていたりすることは「よくある光景」で、それを咎める人は滅多にいません。指摘する人がいない(寛容である)からこそ、このような「ゆるい働き方」が可能になっているのです。

他人や自分に厳しすぎる日本人

また、日本人は真面目すぎるがゆえ相手に対する期待値が高く、それが他人や自分に厳しすぎる態度を生み出しています。たとえば電車が3分遅延するだけで「遅延証明書を提出しなければ」と焦ってしまうのは日本が「遅刻に対して厳しい社会」であるからですし、すぐに修復できる「ちょっとしたミス」なのに始末書を書いたり書かせたりする「ミスに厳しい社会」でもあります。この日本社会で生活していると、上司が部下に対して厳しいのはもとより、部下自身も自分に対してストイックになります。

日本では多くの人が真面目であり厳しいからこそ「他人も真面目で厳しくあるべき」という価値観が生まれ、さらに真面目で厳しい社会になるというスパイラルが出来上がっているのです。

外国人が感じている、日本人の働き方がおかしい部分は?

日本国外の多くの外国人は、日本人の働き方に疑問を感じています。具体的にどのような部分が「おかしい」と思われているのでしょうか?

がんばっている姿を見せたがる

本当は大して仕事が詰まっているわけではないのに、忙しいフリをする。面白くもない上司の話に頷き、メモを取ってみせる。わざわざ眠そうにして、睡眠不足をアピールする……。どれも、日本的な社会人がやりがちな行動です。

また会社単位でも、エリアマネージャーが来る時だけ店舗を掃除したり、テキパキ動いているように見せたりするなど、とにかく他人の目を気にします。さきほどは外国人の働き方が「ゆるい」と述べましたが、これは日本ほど「客」や「上司」のことを気にしていないからだと言えます。

意味のない飲み会が多い

外国人からすると、「日本のサラリーマンといえばとにかく飲み会」というイメージがあるようです。しかもその飲み会では上司や取引先を立てなければならない場合が多く、もはや仕事の延長でしかありません。仕事とプライベートをキッチリ分けている国ではもちろん「意味がわからない飲み会」ですし、業務時間にお酒を飲むタイプのお国柄であっても「多すぎる」と感じるようですね。

日本は他の国と比べても年中行事が多いと言われており、そのほとんどに合わせて「会社での飲み会」がくっついてくるのが原因の一つと言えるでしょう。

仕事のためならすべてを犠牲にしてもいいと思っている

これは昭和まで顕著だった働き方ですが、「モーレツ社員」「企業戦士」と呼ばれていました。もちろん現在もその流れは残っており、「仕事は全力で打ち込まなければならない」と思い込んでいる人は少なくありません。プライベートの用事はほとんど「仕事があるかないか」で決められ、仕事を断ってまで遊ぶことなど言語道断という空気があります。

たとえばスウェーデンの場合、1974年の時点で「親休暇法」という育児休暇に関する法律がつくられており、育児休暇を取得する男性の割合は36%。実に日本の10倍以上の割合になっているのです。さらにドイツでは有給休暇と病欠は別で取得できることになっており、世界的にはプライベートの時間はしっかり確保するものと考えられています。

本来は「家族を養うため」とか「充実した人生を送るため」に仕事しているはずなのに、気づいたら優先順位が変わって仕事基準の人生を送ってしまっている。この考え方は、外国人からすると不思議に感じるようです。

参考:内閣府男女共同参画局 平成15年版男女共同参画白書 > 第3節 労働分野における女性の参画

日本人の働き方が「おかしい」根本的な理由

これまで日本人の働き方のおかしさを散々指摘しましたが、もちろんあらゆる現象には原因があります。どんな理由でおかしくなっているのかを知ることで、これからの働き方を考えるヒントにしてみましょう。

高度経済成長時代の「働けば稼げる、いい人生が送れる」という価値観が残っている

昭和29年〜昭和48年までの19年間、日本は高度経済成長時代と言われていました。そのころに30歳だったサラリーマンは90歳くらいになっているわけですが、彼らから働き方を学んだ社員は70歳くらい。現在の会社における「会長」くらいの年齢です。

となると、もちろん現在の会社にも高度経済成長時代「頑張って働けば良い人生が送れる=正義」のような価値観が残っているわけです。価値観をいきなり変えることは難しいので、世代が入れ替わって薄れていくまでにはもう少し時間がかかるかもしれません。

苦労や我慢をすることが美徳になっている

高度経済成長時代の価値観に付随して、「頑張ること」が美徳であるという思想も残っています。「頑張っていない人間には何の権利もない」「体調不良、精神疾患は甘え」……いわゆる根性論と呼ばれるものですね。

成果主義の中では「頑張ったかどうか」なんて1ミリも関係ないし、体調不良や病気だって本人が望んでなっているわけではありません。「苦労・我慢をして結果が出せた人」が言っているだけなのに、いつのまにかその声が大きくなってしまっているようです。

同調圧力が強い

学校では「個性が大事」と教え、会社でも「あなたの能力を活かそう」と求人しているのに、実際は「みんなと同じ」を強いられる。このような同調圧力が強いのも日本社会の特徴です。同調圧力は休暇の取得にも影響し、育児休暇や有給休暇の制度はあれど、周りの空気により取得しづらくなってしまうわけです。

もちろん、「みんなと同じでないと不安」「マイノリティは歓迎しない」という考え方は日本だけのものではなく、社会心理学で「同調現象」と呼ばれているように人間全体に起こるものです。しかし、「それって良くないよね」と気づく国もあれば、日本のようになかなか気づかない国もあります。

育休・有給の制度を形骸化させないためには、この同調圧力にも配慮した仕組みづくりが必要になりそうです。

 

以上、日本人の働き方のおかしさについて考えてきましたが、いかがでしたでしょうか。「現在の日本の働き方は完全に間違っている!」というわけではなく、時には「残業」や「おもてなし」の精神が必要なこともあります。ただし、それが本当に必要かどうかを考えず、必要のないところまで徹底していると日本の働き方は改善されません。みなさんも、まずは「自分の働き方」についてじっくり見直してみはいかがでしょうか。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)