キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒の仕事の探し方でおすすめしたい!転職エージェント・転職サイトの使い方を徹底紹介

第二新卒の仕事の探し方でおすすめしたい!転職エージェント・転職サイトの使い方を徹底紹介

 2017年12月28日  Posted by  編集部


第二新卒の転職活動では、企業をどのように探せばいいのでしょうか。

一つの方法として、公的な求人紹介サービスとしてハローワークがありますが、利用のしにくこと、求人の質が難点です。

第二新卒が理想の会社を探すためにはどうすれば良いのでしょうか?おすすめの方法について紹介します。

第二新卒の転職活動にハローワークはおすすめしない

ハローワークは失業して雇用保険を受給する人だけではなく、求職申込みを行えば誰でも無料で利用が可能です。そのため、求人を探す手段として広く使われています。

しかし、第二新卒の転職先の探し方として、ハローワークの利用はおすすめできません。

ハローワークは、求人を行なっている企業が、その取り消しの連絡を入れない限りは、申込日の翌々月まで、ネットワーク上に情報が掲載されています。たとえば、1月10日に掲載されると、3月31日まで掲載されることになります。このように、募集が終了したにもかかわらず情報が更新されないまま、古い求人情報が残ってしまうのが難点です。

また、企業側も無料で利用できるため、人材が定着せずに繰り返し求人を出す企業があるなど、ブラック企業を見極めるのも難しいです。さらに、実際には採用を行っていないカラ求人も見受けられます。ハローワークに設置されている端末やパソコンも、求人検索を行う際に詳細な条件を設定できないので、自分に合った求人を見つけにくいです。

ハローワークを利用すると、応募から採用まで時間を要しやすいこともデメリットです。応募したい求人が見つかった場合は、求人票を出力して窓口の相談員に渡すと、企業側に電話を掛けて、条件面や求人をまだ受け付けているかといった確認が行われます。応募可能であれば紹介状の発行を受けた後、今度は自分で企業側に連絡をとり、面接日を決める流れです。掲載されていても応募できないこともあり、手間と時間が掛かります。

第二新卒に向いた探し方1:転職エージェントの利用

第二新卒の理想の会社の探し方として、転職エージェントの利用があります。

転職エージェントは、人材紹介会社とも呼ばれ、厚生労働大臣の許可を受けた人材紹介業です。転職エージェントは、企業側に人材を紹介し、成功報酬を得るビジネスのため、求職者側は無料で利用することが可能です。転職エージェントには、幅広い求人を扱う総合型や特定の業界への特化型など種類がありますが、第二新卒に特化した会社もあります。

転職エージェントのサイトから登録を行うと、キャリアカウンセリングを行った後、キャリアアドバイザーから適性に合った求人案件の紹介を受けることができます。自分で求人を探す手間が省けるだけではなく、条件面で採用される可能性のある企業のみが紹介されるため、効率よく転職活動を進められることができます。

転職エージェントのみが扱う、非公開求人の紹介を受けられることもあります。面接日の調整や採用条件の交渉、内定が出るタイミングでの入社日の調整などはキャリアアドバイザーが行いますので、働きながら仕事を探す人もスムーズに転職活動を進めやすいです。

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーに転職に関する相談をしたり、履歴書や職務経歴書など応募書類の作成や面接のアドバイスを依頼することもできます。第二新卒で初めての転職活動をどのように進めたらよいのかわからない人にとって、大きなメリットと言えるでしょう。

第二新卒に向いた探し方2:転職サイトの利用

転職サイトの利用も、第二新卒の応募先企業の探し方としておすすめです。

転職サイトは、様々な業界や職種の求人情報が掲載されたサイトで、求人情報を検索して閲覧し、興味のある企業が見つかったら、サイト上から応募することができます。豊富な求人案件の中から、企業を選び、応募先企業との面接日の調整などのやり取りは、サイトなどを通じて自分で行います。履歴書や職務経歴書の作成や送付がサイト上で済ませられるため、転職活動の手間を省くことが可能です。

転職サイトを見るときには、職種名だけではなく具体的な仕事内容もチェックします。正社員以外に契約社員の募集が掲載されていることもありますので、雇用形態の確認も必要です。給与は幅を持って記載されているため、面接の最終段階にならないとわからない面もありますが、諸手当や残業代、インセンティブの扱いについて記載があるか見ておきます。

勤務時間は就業規則による所定労働時間が記載されていることが一般的ですので、残業に関して確認したい場合は、面接の際に確認しておきましょう。第二新卒が転職サイトを見る際には、研修制度の有無など教育体制もチェックしておきたいところです。

また、転職サイトに頻繁に掲載されている企業は、成長段階にあるケースを除くと、人材が定着しない企業が多いです。転職を考えたら転職サイトをこまめにチェックして、目にすることが多い企業は注意するようにしましょう。

まとめ

第二新卒の転職では、転職エージェントや転職サイトを利用した探し方がおすすめです。それぞれの違いを踏まえたうえで、自分に合ったサービスを上手に活用して、幅広い選択肢の中から理想の転職先を見つけましょう。


Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めての転職”で不安な方へ。
第二新卒の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)

;