キャリアアップマガジンTOP  >   面接で「苦手な人」を質問する企業の本音とは 【苦手なタイプ別】に回答例も紹介!

面接で「苦手な人」を質問する企業の本音とは 【苦手なタイプ別】に回答例も紹介!

 2018年9月17日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

「苦手な人はいますか?」というのは、面接の定番質問の一つです。嫌なこと訊くな…と思うかもしれませんが、まさにそこが企業の狙いなのです。

こういう一見マイナスな質問こそ、人柄や本音がわかるもの。何とかアピールに繋げたいところです。そこで今回は、企業が「苦手な人」を聞く理由と答え方のポイント、苦手なタイプ別の例文について紹介します。

なぜ面接で「苦手な人」を聞くの?

面接官は、あなたを困らせようと思って質問しているわけではありません。では一体、「苦手な人」から何を知ろうとしているのでしょうか。

応募者の対人能力を知りたい

ベテランの面接官でも、志望動機や自己紹介だけで人柄を見極めることは難しいもの。多くの人は面接対策本などでしっかり準備してきているので、なかなか本音が分からないためです。

そこで、あえて「苦手な人」を訊くことで、仕事で重要な「人付き合いの力」、すなわち対人能力を知ろうとしています。一般的に、苦手な人はいる前提で質問しているため、「苦手な人はいません」という回答はNGです。

問題解決能力があるかどうかを知りたい

仕事が上手くいかない原因が人間関係、というのはよくあることです。苦手な人への対応の仕方を聞くことで、目の前の問題に対する向き合い方が分かります。つまり、心が拒絶してしまうほど嫌な問題に対して、どんな対処をするのかがチェックされているのです。すると、「苦手だから口を利かない」というのは問題解決になっていないことが分かります。

異なる価値観を持った人と上手くやれるのか知りたい

会社に苦手な人は必ずいますし、その人とチームを組んで仕事する機会もあるでしょう。むしろ、価値観がぴったり合う人のほうが珍しいように思います。

とくに近頃は、働き方も価値観も多様化してきています。それと同時に私たち自身も多様性を認める姿勢が求められています。こんな状況の中で、自分と違う人とは話さない、というのでは組織は上手く回りません。異なる価値観を受け入れ、プラスに変換できる人かどうかが見られているといえるでしょう。

では、質問に対してどのように答えるべきでなのしょうか。

面接で「苦手な人はいますか?」と聞かれた時の答え方のポイント

苦手な人というと、失言を誘っているようで答えづらい質問ですが、あなたの人柄を分かってもらうチャンスでもあります。論理的に答えて、しっかりと自己アピールに繋げていきましょう。

なぜ苦手なのか理由を伝える

苦手な人がいることは普通のことなので、なんら問題はありません。大切なのは、苦手な理由が納得できるものかどうかです。たとえば、「生理的に受け付けない」「何となく拒絶反応が」という答えでは、苦手な仕事も避ける人だと思われてしまいます。

このような感情ではなく、理屈で納得できる理由を用意しましょう。「時間にルーズな人が苦手です。なぜなら、本人も含めた全員の時間を浪費することになり、デメリットしかないからです」など、客観的に聞いて共感できる理由にすることがポイントです。

対処法を伝える

ただ理由だけでは、どんなに正論を話しても悪口のようになってしまいます。対処法や学びまで伝えられると、「問題に向き合える人」という印象を与えることができます。

「自分がされて嫌だからこそ、同じことをしないと決めています」「苦手に思うからこそ、克服するために自分からコミュニケーションを取るようにしています」など、前向きな姿勢を示せるといいですね。

距離を置く、口を利かないはNG

「距離を置く」「口を利かない」などの、現実から避けるような選択肢はNGです。苦手という感情は主観でしかありませんので、「仕事に私情を挟むタイプか」と思われしまうからです。

一見ネガティブな話題ですが、一緒に働く可能性があるならば、こうしたことはぜひ知っておきたいですよね。感情的にならず、論理的に説明することでポジティブなアピールに繋げていきましょう。

苦手なタイプ別・「苦手な人はいますか?」の答え方

最後に、履歴書に書く際の例文を紹介します。自分の価値観に当てはまるものがあれば、ぜひ参考にしてください。

時間にルーズな人が苦手

私は、時間にルーズな人が苦手です。なぜなら、、仕事において納期やアポイントメントの時間を守ることは、最優先事項だと考えているからです。

前職では「すぐにやります」と言いながら、なかなか締め切りや約束を守れない方がいました。そこで「1.いつまでにできるか本人に決めてもらう」、「2.間に合わないと感じた時はすぐに報告すること」をお願いしたところ、時間に遅れることはなくなりました。

自分の意見を押し付けてくる人が苦手

自分の意見を押し付けてくるタイプの人が苦手です。もともと人見知りなので、押しの強い人には遠慮してしまうからです。しかし、それでは話し合いができず、自分の能力も発揮できません。

そこで、相手の意見に反射的にイエスというのではなく、興味を持って掘り下げることを心がけるようにしました。すると、実は言い方が強引に感じるだけであり、本当は意見を出し合いたいと思っている人のほうが多いことに気づきました。

とはいえ、まだ感情的には萎縮しがちですので、今後もその姿勢でコミュニケーションに磨きをかけていきたいと思っています。

ネガティブなことしか言わない人が苦手

私は何でもネガティブに捉える人に、苦手意識があります。リスクを考えることは大切なのですが、そこから優れたアイデアは生まれにくく、また人のマイナス要素ばかりを見ていては成長できないと思うからです。

しかし、そういった方と議論するとき、私も否定していては同じことの繰り返しになりますので、まず相手の意見を認めるようにしています。そのうえで、必ず代替案を聞き、自分からも前向きな意見を示すようにしています。これからも、苦手な人は自分と違う視点を持っていると捉え、前向きな会話に持っていくコミュニケーションを意識していきたいと思います。

苦手な人のポジティブな対処法を考えよう

「苦手な人はいますか?」という質問は、あなたの対人能力、問題解決能力など、仕事の基礎となる重要な部分を見られています。ある意味、志望動機や自己PRよりも真価を試されているといえるでしょう。面接官が一緒に働きたいと思えるような、ポジティブな回答を用意しておきましょう。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)