キャリアアップマガジンTOP  >   ブランクがあっても大丈夫!第二新卒の転職を成功させる秘訣とは?

ブランクがあっても大丈夫!第二新卒の転職を成功させる秘訣とは?

 2018年1月15日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

ブランクがあるために転職が難しくなるのではないかと不安を覚える人もいるかもしれません。しかし、ブランクがあるからといって転職ができないわけではなく、むしろ高く評価されることもあります。ブランクがある場合の転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

ブランクができてしまう理由は?


転職に際してブランクができる理由は人それぞれです。意識的にブランクを作る場合もあれば、意図せずブランクができてしまうケースもあります。各々のケースについて見てみましょう。

意図的にブランクを作る場合

意図的に作る場合としては、退職後のリフレッシュの期間を設けるパターンなどです。特に前職での激務が辛くて転職をするときは、こういった理由でブランクができることがあります。「失業保険がもらえる期間はゆっくりしよう」、と考える人もいることでしょう。また、就きたい職種を見据えて資格取得をしたり、アルバイトで経験を積んだり、語学留学をしたりするケースもあります。

意図せずブランクができてしまう場合

転職活動の期間が長引いた場合、ブランクができてしまうことがあります。なかなか希望どおりの就職先が見つからなかったり、あっても内定がもらえなかったりといった場合は、思いがけずブランクができてしまうこともあります。「次の就職では失敗しないように」と企業研究や適職診断などを丁寧に行ううちに、予想以上に時間がかかってしまうこともあるでしょう。この他、家族の介護や自分自身の体調不良・不慮の事故などでブランクができるケースも考えられます。

ブランクがあると転職には不利になる?

前職に在職している間に次の就職先を決めたような場合以外は、就業していない空白期間はどうしてもできてしまいます。いったん退職してから転職活動を行う場合、転職にかかる期間としては3カ月が一般的です。そのため、3カ月程度のブランクであれば、特に気にする必要はありません。

しかし、半年以上など通常より長めのブランクがある場合には、面接で理由を聞かれる可能性が高いです。これは、働く意欲が低いのではないか、ビジネスに必要なスキルや知識に遅れが生じているのではないか、と懸念されてしまうためです。そのため、一般的にはブランクがあると転職には不利になると考えられます。

もっとも、ブランクがあるからといって、必ずしも転職が難しくなるわけではありません。むしろ、ブランクができた理由によっては転職にプラスに作用する場合もあります。例えば、資格取得やスキルアップのためのブランクであれば、高く評価される可能性は十分あります。

ブランクがあるのに大手への転職が成功したケースも!

ブランクがあったとしても、それがマイナス材料とならずに転職が成功する事例はもちろんあります。例えば、アルバイトや介護などで2年ものブランクがあった上、前職の在職期間は2カ月とごく短期間だったにも拘わらず、第二新卒として大手企業への内定を獲得した人もいます。

このケースでは、ブランクの理由はスキルアップに繋がるものではなく、次の仕事に経験が直接役立つような内容でもないものでした。そのため、ブランクの理由自体が特にプラスに評価されるような状況だったわけではありません。しかし、面接でブランクが懸念されていることを踏まえた上で、正直に理由を話したことで、転職の成功に繋がったと考えられます。言い訳をするような話し方ではなく、堂々と説明をした上でどうブランクをリカバーするかを伝えることで、転職を成功させることは可能だと言えるでしょう。

ブランクがあっても不安になる必要はない

このように、資格取得やスキルアップなどといった、何か次の仕事に役立つようなことがブランク中にできなかったとしても、面接の受け答えの仕方によっては、ブランクがハンデとならない可能性は十分あります。しかし反対に、ブランクの理由が資格取得やスキルアップのためだとしてもその事実を述べるだけで、それをどう仕事に活かすことができるのかを伝えることができなければ、高い評価をもらうことは難しくなります。

大事なのは、ブランクがあることやその理由ではなく、ブランクがあることによる面接官の懸念をどう払拭するか、です。ブランクが転職で不利になるのは、働く意欲がないのではないか、情報や知識に遅れがあるのではないか、と不安視されているためですから、こういった事情が自分にはない、ということをアピールすることが大切です。

例えば、自分の病気で療養していた場合は、病気はもう完治していて再発する可能性がないことを伝えた上で、療養中にも情報収集やビジネスの勉強については無理のない範囲で努力していたことをアピールできると良いでしょう。また、介護によるブランクの場合は、もう自分が介護をする必要はないことに加え、スキルや知識の維持に努めていたことを伝えましょう。長いブランクがあると不安になりますが、臆せずに前向きに面接に臨むようにすることで、転職も成功へと近づくはずです。

まとめ

半年以上の長いブランクがあったとしても、面接の受け答えの仕方によってはマイナス材料にならないばかりか、かえって高く評価されるケースもあります。ブランクについて自分自身で前向きに捉え、どう次の仕事に活かすことができるのかを面接官にしっかり伝えられるようにしましょう。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めての転職”で不安な方へ。
第二新卒の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)