キャリアアップマガジンTOP  >   その転職エージェントは大丈夫?使えない転職エージェントを見極める方法

その転職エージェントは大丈夫?使えない転職エージェントを見極める方法

 2018年9月4日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

転職を考えるなら、転職エージェントを一度は利用してみることおすすめします。転職のあらゆるサポートをしてくれるだけでなく、転職事情に詳しいプロの客観的な意見は貴重ですし、そして何より相談は無料だからです。

しかし、会社に優秀な社員とそうでない社員がいるように、転職エージェントも同じです。使えない転職エージェントに当たってしまうと、時間を無駄にするだけかもしれません。そこで転職エージェントの質を見極めるポイントや対処法をお伝えします。

使えない転職エージェントの特徴

転職は人生の方向を左右する重要な決断。転職エージェントを利用するなら、「この人ハズレかも…」と思うようなエージェントは避けなければなりません。そこでまずは、使えない転職エージェントの主な特徴を紹介します。

他社の悪口を言う

転職エージェントの中には、自社の印象アップのために他社エージェントを悪く言う人がいます。そんなエージェントはまず避けるべきです。そもそも周りを下げて自分を良く見せる人は、自分に際立った強みがないと言っているようなものです。

連絡がまったくないorしつこい

連絡の頻度によっても、転職エージェントの質がそれなりに読み取れます。たとえば最初の面談を行ってから連絡がまったく来ない場合は、後回しにされている可能性があります。それが必ずしもエージェントが悪いとは言えませんが、いずれにせよエージェントを利用している意味がありません。

反対に連絡がしつこく、企業への応募や内定の承諾を急かしてくるエージェントは、自分の成功報酬しか見えていないのでNGです。そのような人は、あなたのプロフィールなどおかまいなしに企業を薦めてくる可能性がります。

嘘をつくようにすすめる

これも論外ではありますが、「○○もできることにしましょう」とプロフィールの誇張を提案してくるような人もいます。しかしそれでは転職した後に失望されるだけですし、場合によっては即解雇という悲劇を生みます。そういった手段を選ばないタイプのエージェントは絶対に避けましょう。

業界や仕事内容を知らない

転職エージェントには、それぞれ得意な業界が存在します。なので希望の業界に関して「少なくとも自分よりは詳しいだろう」と思ってはいけません。業界の知識がほとんどない人に当たってしまったり、そもそも人材業界の経験が浅い人もいるのが実情だからです。

そのため、少しでも「この業界についてあまり知らないのかも…」とこちらが感じてしまうエージェントには期待しないほうがよいでしょう。そのうえ知識の浅い部分をごまかして話を進めようとするならば、仕事の姿勢としてもアウトです。

強引に入社させようとする

無事に内定を得たあとも、油断してはいけません。エージェントが入社を急かしてくるようなときは、考え直したほうがいいでしょう。

転職エージェントは、求職者の入社が決まることにより企業から報酬をもらう成功報酬型のビジネスモデルです。したがって、必要以上に入社を急かす理由は自分の利益目的以外になく、その企業が本当にあなたに合っているのか改めて疑ってみたほうがいいかもしれません。

この場合は内定を承諾した後でも、他のエージェントに一度相談することをおすすめします。結果、内定を辞退することになれば以前のエージェントに嫌な顔をされるかもしれませんが、あなたの転職ですから気にする必要はありません。

人生相談もあり?使えるエージェントを見極めるポイント

エージェントによっては知識が浅くても話術が巧みで、見極めが難しいこともあります。そこで今度は、使えるエージェントを見極めるポイントも紹介します。

特定の業界や企業にパイプを持っている

そのエージェントしか持っていないパイプがあるかどうかは、見極めポイントのひとつです。特定の業界に特化した中小エージェント会社は、独自のパイプを持っていることも多いです。

するとたとえば、企業の経営層や人事部長レベルとの繋がりがあることもあり、採用の決定権がある人へ強く推薦してもらえる可能性もあるのです。そのようなエージェントは業界や企業に対する理解度も深く、あなたにマッチする企業を進めてくれる可能性が高いでしょう。

ただし、「この企業とはお付き合いがあります」という言葉には要注意。名刺交換した程度という可能性もありますので、「具体的にどんな関係性ですか?」と質問することは忘れてはいけません。

交渉や調整を一任できる

エージェントが給料の交渉や、企業との日程調整などを代わりに行ってくれるかも重要です。とくに働きながらの転職活動では平日の勤務時間内に訪問することが難しく、自分で調整するのはなかなか苦労します。とはいっても、企業に失礼があってはいけないので、選考の前に神経を擦り減らしてしまうことに…。

また給与ついても、キャリアやスキルに自信がないと交渉しづらいところです。転職エージェントはこうした交渉ごとをすべて代行してくれることが大きなメリットですので、遠慮なくお願いしてみましょう。

転職を止めることすら薦めてくれる

最大のポイントは「そもそも転職すべきか」というところから、相談に乗ってくれるエージェントを選ぶことです。

優れたエージェントは、今後のキャリアの方向性を決めるところから相談に乗ってくれます。場合によっては、「今の会社でもう少し続けたほうがいいですよ」とか「今のスキルではこの業界は厳しい」と率直な意見を言ってくれます。あなたのキャリアを真剣に考えてくれるエージェントを探してみるのも一つの方法です。

使えないエージェントを見極める3つの方法

冒頭でお伝えしたように、お会いした転職エージェントが「使えない」と分かれば転職活動の妨げになることもあります。そこで、使えないエージェントを見極めるために、次の方法を試してみましょう。

2週間に1度は連絡を入れる

ほとんどの場合、エージェントは何人もの求職者を抱えており、企業の求人条件に合った人から順番に案件を紹介しています。その中でも最近連絡を取った人や、サイトへのログイン日が新しい人を優先することが一般的のようです。

ですから機械的に後回しにされないためにも、2週間に1度はこちらから連絡を入れるようにしてみましょう。それでも案件を紹介されないのであれば、他のエージェント会社を利用したほうが得策です。

推薦文を確認する

企業との面接の際、エージェントはあなたを紹介する推薦文を書くことがほとんどです。人材紹介のプロとして腕の見せどころでもありますが、使えないエージェントは経歴をそのまま写すなど、雑な対応をしていることもあるのです。

そこで「面接の参考にしたいので、推薦文を私にもお送りいただけませんか」とお願いしてみましょう。その返答や推薦文の熱量によって、エージェントの本気度を確かめることができます。

私は転職すべきでしょうか?と聞いてみる

求職者は転職したくてエージェントを申し込んでいるため、ほとんどの人はこの質問をしません。しかし先ほど述べたように、良いエージェントは転職の可否やタイミングについても率直な意見をくれますので、ぜひあなたからその姿勢をチェックしてみましょう。

「え?転職したいんですよね?」と少しズレた回答をしてくるようであれば、そのエージェントはあまりこちらの意図を汲み取ってくれないタイプかもしれません。

相手に不信感を持ったまま転職活動を進めるのは危険ですので、担当替えやエージェント会社の変更も辞さない姿勢は持っておくべきだと思います。

企業選びの前にエージェント選びも大切

転職エージェントは求人数が豊富な大手から業界特化型の中小まであり、その中でアドバイザーの質にもばらつきがあります。ですからあなたの担当者が「使えない」と感じていながら妥協する必要はありません。ここでお伝えしたポイントを参考にして、慎重にエージェントを選んでみてください。

 


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)