キャリアアップマガジンTOP  >   システムエンジニアは未経験でもなれる?プログラミングの勉強方法と企業の選び方

システムエンジニアは未経験でもなれる?プログラミングの勉強方法と企業の選び方

 2018年9月20日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

市場が拡大しつづけているIT業界では、より多くのシステムエンジニアが求められています。未経験者を採用する企業も増えてきているようですが、どのように専門知識をつけ、就職・転職する企業を選んでいけばよいのでしょうか。

未経験からシステムエンジニアになる方法(1)独学で学ぶ

まったくの未経験、かつ、あまりお金に余裕がないという場合は、独学という選択肢があります。もちろんお金をかけるほど勉強は効率化できますが、結局は熱意や努力によるところも大きいです。

独学で学ぶメリット

システムエンジニアに必要なスキルであるプログラミングに関しては、独学で学ぶことができます。現代ではインターネットや書籍で簡単に知識を得ることができるため、もし自信があれば挑戦してみても良いでしょう。

独学の場合は他の方法と比べて圧倒的にコストが安く、また自分のペースで進められるというメリットがあります。実務経験に匹敵するレベルまで勉強するのは根気が要りますが、不可能ではありません。

オンラインでプログラミングを学ぶ

また、オンライン上には無料でプログラミングを学ぶことができるサービスが多数存在しています。

たとえばマサチューセッツ工科大が開発した「Scratch」はプログラミング教育で広く使われており、コーディングの知識がまったくない初心者にもオススメです。

プログラミングに慣れてきたら「CodeMonkey」などの学習ゲームサービスを利用しても良いですし、さらに力がついたら「Progate」等のWEB上で実践できる学習サービスを使って本格的に鍛えることもできます。

未経験からシステムエンジニアになる方法(2)プログラミングスクールで学ぶ

もしも本気でプログラミングを学ぶ意志があるならば、日本全国のプログラミングスクールで学ぶという手もあります。独学と比較すると金額は上がりますが、勉強の負担を少なくできることが魅力的です。

スクールで学ぶメリット

スクールで学ぶメリットとしては、「分からない点をすぐに質問できる」「転職サポートをしてくれるスクールもある」という点です。プログラミングは独学で学ぶこともできますが、やはり「言語」に関しては、インタラクティブ(双方向)な活動を通して学ぶほうが身につきやすいという方も多いでしょう。

スクールでプログラミングを学ぶ

たとえば「Asial」では、PHPやLinuxなど「学びたい分野」にあわせたスクールを開講しています。またモデルプランとして「WEBプログラマーになるためのプラン」、「システムに強いデザイナーになるプラン」などが用意されているため、自分の目的とマッチしたものを選ぶことができます。

さらに、完全にオンラインで行っているスクールも存在します。「TechAcademy」では汎用的な言語に加えて「WordPress」「ブロックチェーン」などに特化したコースもオンライン上で受講することができます。

未経験でもシステムエンジニアとして活躍できる可能性の高い企業の選び方

ここまでは「自らプログラミングを学ぶ方法」をお伝えしましたが、最近は完全未経験でも企業の研修によってSEになれる可能性があります。求人に「未経験歓迎」と書かれている企業のうち、どのような企業を選べば活躍できるようになるのでしょうか。

1ヶ月以上の研修がある

研修があるとはいえ、未経験からSEの業務を数週間で習得することは不可能です。ですから1ヶ月以上の研修が用意されている企業でないと、しっかり成長することができません。

研修が手厚いということは人件費をふんだんに使う気がある企業であるとも言えるので、ここに力を入れているかどうかはチェックポイントと言えるでしょう。

ヘルプデスク・テクニカルサポートからスタートできる

企業への技術的な問い合わせに対応する「ヘルプデスク」や「テクニカルサポート」は、プログラマやSE(システムエンジニア)に比べて多少、敷居が低いため挑戦しやすい職種です。

問い合わせに対応するためには技術的な専門知識を身につける必要があり、これは社内SEへのキャリアパスに繋がるものです。もし未経験からSEを目指すのであれば、これらのような仕事から徐々にスキルを習得するという方法もあるのです。

自社内で開発している

また、開発を自社内で行っているかどうかも確認しておきたいところです。SEの働き方は多様で、開発業務を社内で行うこともあれば客先に出向いて行うこともあります。

客先常駐型の場合だと、サポートしてくれる社内の人間が周りにいないうえ、常駐先の社風と相性が悪ければブラックな働き方になりがちです。未経験からSEを始める場合は、なるべく自社内で開発している企業を選ぶべきでしょう。

 

システムエンジニアは専門的なスキルが必要とされる仕事です。経験がないのであれば、独学・スクール等何らかの形で知識を身につけていく必要があります。ご自身に合った勉強方法を見つけ、ぜひSEとして活躍できる人材を目指してみてください。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)