キャリアアップマガジンTOP  >   旅行会社の仕事とは?第二新卒でチャレンジしやすい仕事や会社ごとの違いを紹介!

旅行会社の仕事とは?第二新卒でチャレンジしやすい仕事や会社ごとの違いを紹介!

 2017年12月27日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

doda
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

旅行業界は就職先として人気の高い業界の一つです。旅好きの人には憧れの職業でしょう。旅行会社が行う主な仕事から、第二新卒が挑戦しやすい仕事をご紹介します。また大手旅行会社と中小旅行会社のメリット、デメリットについても確認してみましょう。

旅行会社での主な仕事はどんなものがある?

旅行業界は就職・転職先としても人気が高い業界ですが、具体的な仕事内容に関してイメージしづらい人もいるのではないでしょうか?まずは旅行会社の仕事について解説します。

企画

ツアープランナーとも呼ばれ、旅行会社の主力商品である旅行プランの企画や開発を行う仕事です。旅の目的地や滞在ホテル、立ち寄る観光地などのオリジナル企画の立案をします。 プランの内容により、集客や売上に大きな差が出ることがあるので責任は大きいですが、反面、楽しくやりがいがある仕事であるとも言えます。

仕入れ

ツアープランナーが企画した企画商品の手配を行う仕事です。 列車や飛行機といった移動手段、ホテルや旅館などの宿泊施設、 食事や観光アトラクションといったエンターテイメントに関する事項など旅行に関するすべてを実際に手配する重要な役割です。仕入れなくしては、せっかくツアープランナーの立てた企画も形になりません。

カウンターセールス

企画や仕入れが形にした旅行商品を、旅行代理店などの店頭で顧客に販売をするのがカウンターセールスの役割です。個人が旅を始める時に最初に出会う旅行会社の担当者でもあります。顧客の要望を聞き、数あるパッケージ商品の中から最適なものを勧める役割は、旅のコンシェルジュと言うこともできるでしょう。

なお最近では、パッケージツアーを利用せず、移動手段やアミューズメント施設を自分で考えて、手配だけを旅行会社に依頼する人も増えてきています。こうした顧客ニーズに対応するコンサルタント的な接客も要求されます。

アウトセールス

団体旅行の企画や販売などのことを指します。旅行会社の売上の中でも昔から大きなウエイトを占めてきたのが、企業をはじめとする団体旅行の需要です。営業先も一般企業から官公庁、学校までと幅広く、個人の顧客とは違った対応力が求められる仕事です。また、大きな契約を受注してしまえば数百人単位で受注できることも珍しくなく、大きなやりがいを感じられます。

ツアーコンダクター

ツアーに同行して旅行の日程管理から、困りごとへの対応や細かな旅のアドバイスまで行う旅の指揮者とも言える仕事です。 顧客と旅行会社との旅行時の接点となる重要な仕事でもあるだけでなく、ツアーコンダクターの対応が商品や旅行会社の印象を最終的に左右することにもなります。ツアーコンダクターには「旅程管理主任者」という資格が必要なだけでなく、 経験や現地での臨機応変な対応を求められる仕事です。

第二新卒でチャレンジしやすい旅行会社の仕事は?


第二新卒であっても、企画やカウンターセールス、アウトセールス、ツアーコンダクターまで募集は多岐にわたります。カウンターセールスやツアーコンダクターなどは未経験でも歓迎している旅行会社が多く、経験が浅くても比較的仕事がしやすいため、異業種からの転職を望む人に適しているでしょう。パソコンなどの端末の素早い操作はもちろんですが、顧客に直接関わる業務でもあるため、コミュニケーション能力や機転が要求される仕事です。

また、インバウンドの増加により、中国語や韓国語などの英語以外の言語スキルがあるとアピールポイントになります。

企画や、法人を相手にするアウトセールスでは、旅行会社での就業経験があったり、旅行業界に関係するなんらかの資格を取得していたりすると有利に働く傾向があります。アウトセールスでは法人を訪問し、旅行の目的や希望、予算などをヒアリングするため、営業の経験があると好ましいです。異業種でも営業経験があれば、それを活かすことができるでしょう。

大手の派遣・契約社員と中小の正社員、それぞれのメリットとデメリット

大手旅行会社へ正社員で就職するのは、かなりの難関だと言われています。では転職する際には、大手旅行会社の派遣・契約社員と中小旅行会社の正社員とではメリットとデメリットに違いがあるのでしょうか。それぞれ確認していきましょう。

大手旅行会社の派遣社員・契約社員

大手旅行会社のメリットはなんと言っても安定性です。給与や福利厚生をはじめとして、勤務時間など職場環境も安定しているため長く働ける環境が魅力です。また人材の層も厚いために仕事も分業化され、教育システムが充実していることも多く、就職後の仕事を覚える点では困らないと言えます。

デメリットとしては、派遣社員や契約社員は、企画部門など人気の仕事に就ける可能性が低いことや正社員に比べると仕事の自由度が低い点が挙げられます。 また、派遣社員や契約社員ということで、大手に勤めていたとしても、社会的な信用度という点では少し低くなるかも知れません。

中小旅行会社の正社員

中小旅行会社のメリットとしては、大手と比べて入社しやすい点がまつひとつ。また、さまざまな仕事を任せてもらえることで、幅広い経験を積むことが可能だという点があります。旅行の企画といった、大手の旅行代理店では独立した部署が行っている花形業務でも仕事の一環として手がけることが可能です。

一方で、一人で抱える業務量が多くなりすぎてオーバーワークになってしまうことや、人間関係が良くない職場の場合には仕事に影響が出てくる可能性もあります。また、大手企業に比べると給与や福利厚生、企業の安定性などに不安要素があることも中小旅行会社のデメリットと言えるでしょう。

以上のことを踏まえ分析してみると、中小の旅行会社での正社員としてまずは経験を積むのがいいかもしれません。安定して働きたいのであれば、派遣社員や契約社員であっても大手の旅行会社への就職がおすすめです。

まとめ

第二新卒であっても一からチャレンジできる仕事もあり、同じ業界でキャリアアップを積んでいきたいと考える方には選択肢も多く最適な就職先と言えます。資格取得でキャリアアップも可能であるため、人と接することが好き、旅が好きという方にはぜひ、挑戦してほしい業界です。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めての転職”で不安な方へ。
第二新卒の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)