キャリアアップマガジンTOP  >   仕事をしたくない、仕事がつらい時に効果的な解決方法と働かなくてもいい時を判断するポイント

仕事をしたくない、仕事がつらい時に効果的な解決方法と働かなくてもいい時を判断するポイント

 2018年9月18日  Posted by  編集部


仕事がしたくない、仕事がつらい。そんな状態が続くと働けなくなってしまうことや、うつなどの病気を引き起こすこともあります。仕事をしたくない時に効果的な解決方法をご紹介するとともに、働かないほうがいいタイミングを判断するポイントを考えます。

仕事をしたくないと感じたらまずやってみること

「仕事をしたくない」気持ちを感じてすぐのタイミングなら、気分転換を習慣に取り入れることで解決できるかもしれません。仕事がつらい時に効果のあるリフレッシュ方法をいくつかご紹介します。

仕事の合間に顔を洗ったり簡単なストレッチをしたりする

仕事中は脳に血液がたまりやすく、全身の血行が悪くなることで仕事をしたくない気持ちを引き起こしていることが多くあります。顔や手を冷水にあてることや、体を伸ばすストレッチをすることで血行を促進し、リフレッシュすることができます。

仕事をしたくない気持ちがなくても、ストレッチを習慣にすると集中力が高まるので、デスクワーク中心の方はぜひ取り入れてみてください。

自分へのご褒美を用意して効率的に仕事を終わらせる

報酬を設定して、自身のモチベーションを高めることも効果的です。たとえば、今あるタスクが終わったら大好きな食べ物を食べるなど、ささいなもので構いません。あなたがワクワクする報酬を決めて、仕事を終わらせることに集中できる状態を作りましょう。

やるべき仕事があってもよく眠る

仕事をしたくない気持ちをふくらませる要因のひとつは、疲労です。回復する唯一の方法は睡眠ですが、仕事が終わらない状態だと仕事のことが頭を離れず、睡眠の質が下がる傾向があります。

仕事をしたくないなら、まずは回復するためによく眠りましょう。眠るのも仕事のうちだと言い聞かせて、睡眠時間を長めにとってみてください。

それでも仕事をしたくない気持ちが収まらないとき

仕事をしたくない気持ちの度合いによっては、日ごろの取り組みで解決できない場合もあるでしょう。そのときは無理をせず、長期的な取り組みで仕事をしたくない気持ちと向き合っていく必要があります。

仕事以外の経験や新しい人間関係を見つける

仕事をしたくないのに無理をして仕事を続けてしまっているのは、仕事の優先順位が高くならざるを得ない環境を作ってしまっているからかもしれません。仕事は生きていくために必要なものですが、仕事以外の趣味や体験に楽しさを見出すことで、仕事への依存度を減らして緊張感を和らげることができるのです。

今まで触れたことのない分野の趣味を開拓してみたり、仕事以外の人間関係を作ることのできるコミュニティに所属してみたりすると、仕事を客観視できるようになります。仕事以外にかける時間が少ないと感じる人は、試してみてください。

長期休暇をとる

そんな時間も心の余裕もすでにないという人は、思い切って会社を休んでみましょう。休めないと感じるかもしれませんが、長く働きたい職場ならば、一時的に休んで心をリフレッシュするほうが正しい選択です。

どう対処したらよいかわからない時は、まず休む。そうすれば、睡眠時間の確保や新しい趣味の模索、転職の可能性など選択肢が見えてきます。考える余裕ができてきたら、次のステップを考えましょう。

転職活動を始める、働き方を変えてみる

長期休暇をとっても仕事をしたくないときや、長期休暇をとることすらままならないときは、その職場から離れることを検討しましょう。会社の働き方や業務内容があなたにあっていない可能性が高いです。

取り組んでいる仕事の内容は楽しいけれど、人間関係や環境の要因がストレスにつながっているという場合は、リモートワークや時短勤務など、無理のない働き方について相談をする方法もあります。

仕事をしたくない理由は考えず、どうしたら楽になれるか考えよう

仕事をしたくないとき、つい考えてしまうのが「なぜ?」という疑問です。しかし、仕事をしたくない理由を探し始めると、悩みがより深くなってしまうかもしれません。

「甘えかも?」は仕事をしたくない気持ちを増加させる

仕事をしたくない理由として、よく使われる言葉が「甘え」です。しかし、「甘え」の定義は相手の好意によりかかることであり、仕事をしたくないことが甘えに直結するとは限りません。

自分の気持ちに対して「甘えている」と決めつけてしまうと、もっと自分に厳しくならなければと感じ、緊張感が増します。仕事をしたくない気持ちを引き起こしているストレスを、さらに増やしてしまう可能性が高いのです。

仕事をしたくない気持ちは、自分自身への警告

まずは、仕事をしたくないと感じている自分自身を認めることが大切です。仕事に対するネガティブな感情は、仕事を辞める、仕事を休むなどの結果を望む自分自身が生み出しています。つまり、仕事をしたくないと感じているときは、何らかの変化が必要な状態なのです。その警告を素直に受け止め、どうするのが自分にとって正しいのかを検討し、行動することが大切なのです。

うつ病など大きな病気につながるきっかけ

仕事をしたくない気持ちを放置してしまったり、自分の甘えだと律してしまったりすると、より深刻な精神状態に陥っていく可能性があります。

「仕事をしたくない」、「仕事がつらい」というストレスを感じる状態が2週間以上続くときは、うつ病のサインであると言われています。うつ病になると仕事だけでなくあらゆる行動への意欲がなくなり、あなたの生活そのものが損なわれてしまいます。また、完治という形での回復は難しく、発症後の人生を立て直すことにも大変な労力がかかります。

仕事をしたくない気持ちに向き合い、早期の対処を心がけることが、あなたの健康な人生の礎となります。

仕事をしたくないまま無理をしないことが大切

仕事をしたくない気持ちはあなただけが感じているもので、他の人が何と言おうと対処できるのは自分だけです。どの程度仕事をしたくないのかによって適切な対処をし、無理をしないようにしましょう。

さまざまな対処方法をご紹介しましたが、一番大切なのは休むことです。長期休暇が難しいならば、タスクが終わったあとの10分でも構いませんので、まず休むことを意識してみてください。


宿木雪樹

広報/企画分野での企業経験を経て、フリーランスへ。ニーズに応じた企画/執筆を担当。2018年1月よりMAMORIOチーフエディター。一緒に仕事した方を"幸せにする”がモットー。”幸せになる考え方”をコンセプトにしたブログ「宿木屋」運営中。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)

;