キャリアアップマガジンTOP  >   「クラッシャー上司」の理解に苦しむ特徴 部下が本気でとるべき対処法は?

「クラッシャー上司」の理解に苦しむ特徴 部下が本気でとるべき対処法は?

 2018年10月4日  Posted by  編集部


あなたの会社に、やたらと厳しい先輩や上司はいませんか?その中でも、部下を罵倒し、失敗に対して激昂し、聞くに堪えないほど罵声を浴びせる「クラッシャー上司」といわれる人がいます。

社会人経験の少ない純粋な部下は、その異常性になかなか気づけないことも…そうすると、自分を責めるようになり、精神的に追い詰められて心を壊してしまうことも少なくありません。

しかし、それではあまりにも不条理!そこで、クラッシャー上司の特徴と対処法について解説していきたいと思います。

理解しようとしてはいけない!クラッシャー上司の特徴

仕事に厳しい人は珍しくありませんが、クラッシャー上司とはどんな人をいうのでしょうか。その代表的な特徴を紹介します。

クラッシャー上司とは部下を壊してしまう人のこと

クラッシャー上司とは、厳しい言動で部下を責めたて休職や退職に追い込みながら(=壊す:クラッシャー)、自分はちゃっかり手柄を立てて出世していく上司のことをいいます。

「今の時代にパワハラは許されない!すぐに裁かれるはず」と思っているとしたら要注意。なぜなら、クラッシャー上司は仕事がバリバリでき、仕事の評価は極めて高い人が多いので、会社としても「必要悪」として黙認していることが多いのです。

自分だけが正しいと思っている

部下にとって迷惑でしかないクラッシャー上司という存在。その特徴の一つは、自分が神のごとく正しいと思っていることです。部下の失敗を執拗に責めるのも、自分が正しいと信じて疑わないゆえです。そのため、たとえ誰かに指摘されようと指導の仕方は一切変えず、「こんなの子どもでもできるぞ」「バカなんじゃないの?」などの人格否定に等しいこともためらいなく言えてしまうのです。

部下の気持ちがわからない

クラッシャー上司に圧倒的に欠けているのは、「共感」の資質です。というのも、自分は厳しい仕事を高い能力でくぐり抜けてきた自負があるため、自分より仕事ができない部下の気持ちがさっぱり分からないのです。

ですから、「業績を上げるためにはこれくらいが普通」という基準で、部下の能力はおかまいなしの指示を次々と出します。そのうえ説教を始めると、部下の精神的ダメージが限界にきても気づきません。部下の心が折れようと関係なく、気が済むまで罵倒し続けます。

部下を自分の持ち物、駒だと考えている

クラッシャー上司は、部下を会社から支給された持ち物と思っています。したがって、部下のことを話すときは「”俺の”部下」のように所有格が付きますし、部下に対しては「お前らは家族と同じ」のような洗脳じみたことまで言う人もいます。なお、クラッシャー上司にとって”家族=遠慮しない”という意味であり、気に入らなければ言葉を選ぶことなく責め立てる対象になります。

承認欲求が強い

人を責めることができるのは、「自分の意見を何が何でも認めさせたい」という承認欲求から来ていると考えられます。つまり、部下の考えを否定し、印象を下げることで、自分を認めさせるのです。承認欲求は誰にでもありますが、相手を下げて自分を認めさせる方法は全く褒められたものではありません。

悪気はないが鈍感

また、人の痛みに鈍感なため、悪気なく部下を破壊してしまいます。たとえば、部下の成長を願って「この仕事もよろしく」と頼むわけですが、その要求が高すぎるために潰れてしまうのです。もちろん、上司としては熱心に指導しているつもりでも、苦しさや痛みに鈍感ゆえにマネジメント能力は皆無なのです。

陰湿ないじめをする

また、気に入らない部下をあえて飲み会へ誘わないなど、ガキ大将のように子供じみた嫌がらせをしたり、「俺の部下が使えなくてさ」と周りの社員に悪い評判を流します。もしかすると、これも悪気は無いかもしれませんね。とにかく、社内の雰囲気を害してしまう厄介な存在なのは間違いないでしょう。

クラッシャー上司のターゲットになりやすいのはどんな人?

そして残念ながら、クラッシャー上司に狙われやすいタイプというのはいくつか存在します。それが分かっても理不尽から逃れることは至難の業ですが、念のため知っておきましょう。

上司を脅かすほど優秀な人

クラッシャー上司は業務遂行能力が優秀な分、プライドが高い人がほとんどです。したがって、できない部下に容赦しないだけではなく、自分の立場を脅かすほど優秀な部下に対しては、激しい嫉妬によって蹴落とそうとします。

その場合は直接的ではなく、他の社員にだけ優しくしたり、判断に悩む抽象的な指示を出したり、大事な業務連絡をあえてしないなど、陰湿なやり方を取ることがあります。

自信がない人

他にも、自信がない人はターゲットになりやすいです。なぜなら、絶対に「やり返してこない」という確信があるからです。そして、自信がない人は、上司に報告をするときにいつもビクビクしており、クラッシャー上司のサディスティックな心を刺激してしまいます。

社内で孤立している人

もう一つ危険なのは、社内で孤立している人。それは、仲間外れにされている人とは限らず、単独行動を好むマイペースタイプの人も含まれます。クラッシャー上司が密かに恐れるのは周りからの助けや報復ですが、孤立している人はその心配が少ないからなのでしょう。

そのうえ、マイペースな部下に対して「組織でコミュニケーションが取れないなら辞めたらどう?」と説教が始まるから理不尽な話です。基本的にクラッシャー上司は、自分以外の人をあまり認めたくないのでしょう。

クラッシャー上司の”あるある”行動

クラッシャー上司の行動には、いくつかのパターンがあります。あなたの上司が一つでも当てはまるなら、クラッシャー上司の可能性があります。

恫喝・威嚇

最も多いのは、言葉による恫喝や威嚇です。「契約が取れるまで帰って来るな」など、部下が失敗する前から不必要な言葉でプレッシャーをかけます。その恐怖から結果的に失敗しやすくなるため、「なぜこんなこともできないの?」といった人権無視な言葉を大声で浴びせます。

しかしクラッシャー上司は頭が良く、追い詰め方は非常に論理的なので、よほど仕事のできる人でなければ言い返すことは難しいでしょう。

過大要求

部下の能力とは無関係に、過大な要求をすることは日常茶飯事。誰が見ても達成の難しい要求をして、できなければ延々と説教が始まります。

少しがんばれば達成できる仕事で「部下の能力を引き出そう」という発想はなく、最初から潰そうとしている節さえあるのがクラッシャー上司です。

教えるのがヘタ

クラッシャー上司は頭が切れて仕事もできますが、なぜか教えるのがヘタです。自分が理解していることを、能力で劣る人に向けて上手く説明ができません。

つまりプレーヤーとしては一流なのですが、一人の人間に対するマネジメント能力がぽっかり欠けているのです。ただし、それは能力的にできないのではなく、「丁寧に教えてやる必要などない」「ダメならそれまでだ」のように思考面の問題である可能性が高いです。

沸点が低い(こんなことで怒るの?というところで説教を始める)

クラッシャー上司はすぐに噴火します。分かりやすい失敗に対して怒るのはもちろん、どこが怒りの着火点になるのか分からない地雷のような特徴があります。

厳しい命令や指示に怯えていると「覇気がない」と言われたり、理詰めで言い返せないように追い込んでおきながら、「何とか言ったらどうなんだ」などと理不尽極まりなし。よって、周りの社員は自分に飛び火しないように、クラッシャー上司に対してとりわけ丁重な対応をする傾向があります。

では、不運にもそんな上司に当たったときにはどうするべきでしょうか。対処法を考えてみたいと思います。

真面目に耐えるのは禁止!クラッシャー上司への対処法

クラッシャー上司に正面から立ち向かうのは、並の精神力では無理です。相手の能力は高く、業務についての指摘は正論であることも多いからです。となれば、プライドはいったん捨てて、勝つよりも負けない方法を選びましょう。

上司の弱みを握る

対処法の一つは、弱みを握ることです。クラッシャー上司の厳しさは、仕事へのストイックな姿勢が度を越した姿ともいえます。つまり出世に貪欲ゆえの行動ですので、その妨げになることは避けようとするはずです。

たとえば、上司の不正した証拠などは懲戒解雇に追い込める強力な武器となります。がしかし、そのようなボロはあまり出さないかもしれません。

そこで、恫喝された内容を手書きのメモに残したり、携帯でこっそり録音することから始めるのがよいでしょう。弱みを握ったことで気持ちが楽になり、精神的負担が和らぐというメリットもあります。

期限を決めて耐える

一番NGなのは、「いつか報われる」と思って耐えること。よほど鈍感な人ではないかぎり、クラッシャー上司の恫喝を耐え続けることは難しいと心得ておきましょう。とはいえ、何も得ることなく退職に追い込まれるのは納得いきませんよね。

そんなときは「期限を決めて耐える」という方法が現実的です。人はゴールがあれば頑張れますので、「このスキルを身につけたらやめる」「1年経験を積んでやめる」と決めておき、それを達成したら即座に転職しましょう。

ただし、限界が来れば期限の前でも諦めるという条件つきであることは決して忘れないでください。

とにかく逃げる!

最後は、迷わず逃げる(転職する)という選択肢です。退職は勇気が必要ですし、初めての転職ならば不安でいっぱいになるでしょう。しかし鬱になってからでは、回復して社会復帰するまでに長い時間がかかってしまいます。

ですから、退職は最後の手段ではなく、いつでも切れるカードとして持っておきましょう。自分の身は自分で守るしかありませんからね。

最後に、退職するときの注意点が一つ。上司に退職を伝えても「それじゃどこに行っても同じだよ」と不安を煽られるだけですから、意思は上司の上の立場の人か人事責任者に伝えましょう。退職を伝えることで、クラッシャー上司が優しくなることは、100%あり得ません。

クラッシャー上司に付き合う必要はない

クラッシャー上司は、会社に1人はいるものです。パワハラに敏感な世の中になってきたとはいえ、まだまだ根絶されることはないでしょう。そんな人のために人生を消耗する必要はありませんので、ぜひ自分から行動を起こしてください。会社が何もしてくれなければ、迷わず新天地を求めて転職活動を始めましょう。

 


和田

和田

東京在住のフリーライター。公務員からライターに転身し、転職サービスサイト、女性向けメディアなどで記事を執筆。自己実現、女性の活躍、美容健康にも高い関心がある。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)