キャリアアップマガジンTOP  >   履歴書と職務経歴書、志望動機は書き分けよう!それぞれの役割、作成ステップ解説【例文付き】

履歴書と職務経歴書、志望動機は書き分けよう!それぞれの役割、作成ステップ解説【例文付き】

 2018年9月19日  Posted by  編集部


転職の際、一般には「履歴書」と「職務経歴書」の2種類の書類の提出を求められます。それぞれ書く内容が決まっているわけですが、どちらも志望動機を書かなくてはいけないような場合があります。このとき、同じ志望動機を書いてもよいのでしょうか? それとも、別々の志望動機を考えて書かなければならないのでしょうか?

履歴書と職務経歴書、志望動機は両方書くべき?

履歴書と職務経歴書の役割の違い

履歴書と職務経歴書には、ともに「採用に向けた自分の情報」を記載することになります。

しかし、これらそれぞれには役割があります。履歴書は「分かりやすくてスピーディーに伝わる情報」、職務経歴書は「具体的で深い情報」を確認するためのものであり、同じような伝わり方をする情報を書いてしまっては2枚提出する意味がありません。

履歴書と職務経歴書、両方に志望動機を書く

とはいえ、多くの履歴書にある「志望動機」欄、職務経歴書にある「自己PR」欄はともに同じポイントをアピールしてしまいがちです。たとえば、営業職への転職で「数字を意識して働いてきた前職での経験が活かせると考えています」という文言は、志望動機と自己PRどちらでも使えてしまいます。

しかし、ここで「まったく同じ言葉」を書くことは避けたほうがよいでしょう。いちおう「志望動機」は「この企業に入社したい理由を説明する」欄、「自己PR」は「自分のスキルなどをアピールする」欄と役割が決まっているので、同じ文章を書いてしまうと使い回し感が出て選考に影響してしまう恐れがあります。

職務経歴書の志望動機の要約を履歴書の志望動機に書く

では具体的にどうすればよいかと言うと、詳細な志望動機などは職務経歴書に書くとして、履歴書はその要約を書く形にするのが無難です。職務経歴書では過去の経験にからめた自己PRや志望動機を「本文」のようなつもりで書き、履歴書の志望動機欄では「分かりやすく、伝わりやすい」を意識して要約してみましょう。

履歴書は顔写真を貼り付けることもあり、「文の簡潔さ」「(手書きの場合)文字の綺麗さ」などのビジュアル面が重視されることが多いため、あまりゴチャゴチャとさせないことがポイントです。

履歴書と職務経歴書の志望動機を同じにならないようにするための書き方

Step1:職務経歴書の志望動機をつくる

まずは、「本文」である職務経歴書の志望動機を作りましょう。

最初の段階では、「うまくまとめよう」とか「綺麗な文章にしよう」といったことを考える必要はありません。重要なのは、アピールしたいポイントを自分の経歴としっかり紐づけすることです。つまり、職務経歴書の「職務経歴表」のどこが自分のスキルの根拠となっているのかを示しながら、書き進めていくというわけですね。職務経歴書における志望動機は、ロジカルさが重要になるのです。

Step2:志望動機の中から、「応募先企業で生かせる経験・強み」と「やりたいこと」を抽出する

続いて、履歴書のための志望動機を作りましょう。そのために、まずは履歴書用の情報を抽出してみます。

職務経歴書用に書いた志望動機の中から「特に今回の応募先企業で活かせる経験」をまとめ、今度は「入社後にどんなことがやりたいか」と絡めながら記載していきます。この作業のコツは、自分と企業の「つながり」を意識することです。自分と応募先企業の共通点、どんな線で結ばれているか、関係性などに着目し、溝を埋めていくようなイメージでまとめていきましょう。

Step3:抽出した内容を簡潔にまとめる

履歴書の志望動機欄に書くべき情報がまとまったら、それを簡潔な文章に仕上げましょう。

職務経歴書ではロジカルな情報、つまりクールなアピールが必要であるのに対し、履歴書では熱意や人間性などをホットにアピールすることができます。この特性を最大限に活かすために、文章の複雑さを取り除きながらもパッと見て伝わりやすいものにしましょう。

履歴書と職務経歴書の志望動機の書き分け方見本

これまでのポイントを踏まえ、具体的に志望動機を書き分けていきましょう。

職務経歴書の志望動機例

(例)自動車ディーラー営業企画→不動産営業

私は現在、自動車ディーラーの営業企画として社内営業職の管理業務やイベントの打ち出しなどを担当しています。マーケティングの目線から営業戦略を立案し、経営陣と営業職をつなぐことで社内の全体的な生産性を向上させてきました。私が同僚とともに考案した新規顧客向けのプレオープンイベントでは、目標を20%上回る顧客数を獲得することができました。

目の前の顧客だけでなく大きな視点から営業という活動を行ってきた経験から、貴社の営業職として採用された際は業務に営業企画の考え方を取り入れ、私なりの効果的な営業活動を行ないたいと考えています。

履歴書の志望動機例

現職は自動車ディーラーの営業企画として勤務しております。マーケティング的な目線からイベントや営業業務を管理してきた経験を活かし、不動産の業界で営業活動を行いたいと思い志望いたしました。貴社に採用された際には、取り扱うものが今まで以上に大きな商品となるので、より効果的な戦略を意識していきたいと考えています。

 

「まずは職務経歴書に詳細の志望動機を書き、それを簡潔にしたものを履歴書に書く」という順番で作成すればよいことが分かりました。履歴書と職務経歴書はそれぞれ役割が異なりますので、まったく同じ文章を書くことは避け、なるべく熱意が伝わるようにしましょう。


市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)