ジョブトラ20s TOP  >   何をしても楽しくない気持ちを解決するために、原因を思考と行動から考えてみる

何をしても楽しくない気持ちを解決するために、原因を思考と行動から考えてみる

 2018年9月26日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

「何をしていても楽しくないなあ……」。そんな風に思ってしまう瞬間があるのは、なぜなのでしょうか? できれば、楽しい気分で過ごす時間が多い方がいいですよね。今回は「何をしていても楽しくない」と感じてしまう原因を、思考と行動の両面から考えて解決の糸口を見つけていきたいと思います。

何をしても楽しくない原因:思考編(1)

目標を持っていない

どんなかたちであれ目標がある時、人はそれに向かって行動したり考えたりとやることがあります。その中で自分が成長することもできますし、新しい出会いもあります。

目標を持っていないということは、良くも悪くも現状維持の状態が続くことです。自分自身が「現状を維持したい」「何も変わらないほうがいい」と思うのなら、それでも良いかもしれません。しかし、自分の人生を豊かにするために目標を設定し、達成を目指すことであなたの日常が充実することは間違いありません。

期待しすぎてしまう

「こんな楽しいことが起こるはず」「誰かがこのくらい楽しくしてくれるはず」など、自分以外の誰かや何かに期待しすぎてはいませんか? 何かや誰かがどうにかしてくれると考えていると、そうならなかったり、思っていたよりも大したことがなかったりした際に、「期待ハズレだったな」とがっかりしてしまうこともあります。

他人の価値観やルールに従って行動しようとする

「自分にはやりたいことがあるけど、世間はどう思うだろうか」「ひょっとして、周りから逸脱した行動かもしれない」。そんな風に思って、自分がやりたかったことや言いたかったことを引っ込めてしまったことはありませんか?

自分の考えではなく、他人のルールや価値観に合わせてばかりいると、いつの間にか「自分がやりたいこと」よりも「他人がどう思うか」を優先して行動してしまいます。こうなると、いつまでも自分の考えや想いを具現化できません。こんな状態で、楽しい気持ちになれるはずがありませんね。

何をしても楽しくない原因:思考編(2)

悩みや不安がある

日々生きていれば大なり小なり、みんな何かしらの悩みを抱えています。大学受験に合格できるだろうか? 新しいプロジェクトは成功するだろうか? 自分の病気は治るだろうか? など、悩みはさまざまです。

悩みや不安は解決しても、また出てきてしまうものです。解決するための方法や、付き合い方を学んで、楽しくない気分を払拭できるようになる必要がありそうです。

ネガティブ思考になってしまう

起きた事柄に対して、常にネガティブに捉えてしまってはいませんか? 「どうせ自分にはできないから」「成功するはずない」と、行動を起こす前や何か事が起こる前に、悪いことばかり考えてしまっては楽しい気分になれるはずありません。

つい我慢をしてしまう

不安や不満があっても、人に相談したり希望を伝えずに、つい自分の中で飲み込んで我慢してしまうのも、楽しい気持ちを減らしてしまう原因です。

我慢は、自分の意にそぐわないことをも、なんとか受け入れているという非常にストレスの多い行為です。人付き合いのために、我慢が必要な場面ももちろんあると思います。しかし我慢をする事が当たり前になってしまっていると、自分のやりたいことや希望を実現できません。これが続いてしまうと、楽しい気持ちになることが少なくなってしまいます。

何をしても楽しくない原因:行動編(1)

やりたくない仕事をしている

あなたがしている仕事はやりたい仕事でしょうか? 誰しもがやりたいことを仕事にできるわけではありません。しかしだからといって、「どちらかと言えばやりたくないこと」を仕事にしていると、楽しい気分になれることはありません。

やりたくない仕事をどのように楽しむか、楽しめないのなら、どうやったら状況が変わるのかを考える必要がありそうです。

心身ともに疲れ切っている

仕事や家事、子育てなど、社会人は「やりたいこと」よりも「やるべきこと」が多くなってしまうものです。体力的にきつくなるのはもちろんですが、心の疲労も蓄積していってしまいます。

心と体の疲れ、両方を貯め込まないように気をつけないと、知らず知らずのうちに悲鳴を上げてしまうかもしれません。

目標が見つからない

心の状態と一緒で、行動面でも目標がないというのは悪影響を及ぼします。目標がないと、どこに向かっていけばいいのかわからず、どのように自分が行動していけばいいのかわからなくなってしまうのです。

目標があるとプレッシャーもありますが、行動ができない状態のままでは何も起こらないですし、楽しむこともできません。

何をしても楽しくない原因:行動編(2)

毎日同じことを繰り返している

日常生活を淡々と繰り返しているのは、悪いことではありません。しかし、何かに挑戦したりチャレンジするなどの“変化”がないと、毎日同じことの繰り返しになってしまいます。

「なんだか最近同じことの繰り返しだな」と思っている人は、ひょっとすると変化を欲しがっているのかもしれません。

燃え尽き症候群

大きな目標や仕事を成し遂げたあと、しばらく何をする気も起きずにぼーっとしてしまうという状況が起こります。ですので「なんだか最近やる気が出ないな」と思うことがあっても、そんなに心配しなくて大丈夫です。燃え尽き症候群に陥っている可能性があるからです。

燃え尽き症候群は一時的に、何かに取り組む意欲や楽しさを感じにくくなっているだけで、ほとんどの場合、一定期間が過ぎれば元のように活動に取り組めるようになります。

反省や後悔ばかりしている

過去にしてしまった失敗を悔やんだり反省したり、ふとした瞬間に思い出して「また失敗するかも……」と思ってしまうことはありませんか?

反省や後悔するのはいいですが、いつまでもそれに囚われていると、成功や挑戦するチャンスを逃してしまいます。区切りを決めて次のことを考えるようにしないと、いつまで経っても楽しい気持ちにはなれません。

原因を知ることで対処法も見えてくる!

「何をしていても楽しくない」と感じてしまう原因を、思考と行動の両面から考えてみました。原因がはっきりすれば、それに対する対処法も考えることができます。自分が今、どうして「楽しくない」と感じているのか考えてみましょう!


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)