キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒でも合同説明会には参加した方がいい?

第二新卒でも合同説明会には参加した方がいい?

 2018年1月12日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

合同説明会は就職活動を行う新卒者が参加するイベントのひとつです。しかし、大学を卒業して一度社会に出た第二新卒の応募者には適していません。限られた時間を無駄にしないように、より第二新卒者にマッチングするイベントをチェックしてみましょう。

第二新卒が合同説明会に参加するメリットとデメリット


合同説明会は、数社から多い時には数百の企業が参加して就職活動を行っている人に自分の会社を知ってもらうためのイベントです。企業ごとに設けられたブースで、興味のある学生が集まり担当者から話を聞きます。特に就職活動を始めた学生などに便利なイベントでさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットもあるので、再び就職活動を行う第二新卒の人は注意が必要です。

合同説明会に参加するメリット

就職活動をする場合、合同説明会に参加するメリットとしては、

「一日で多くの企業の基本的な情報を知ることができる」

「自分の知らなかった企業について知ることができる」

「Web では分からない生の情報を知ることができる」

など、企業の情報を効率的に収集できることが挙げられます。

また、その他では、以下のようなメリットがあります。

「SPI 対策やグループディスカッション対策など、各種セミナーが開かれていることもある」

「さまざまな業種の企業に触れることができるので、方向性を絞り込む役にたつ」

また、Webでは、以下のようなものコメントがありました。

「現場の人や、会社によっては代表取締役の人と話をすることができ、 具体的な仕事内容だけでなく職場の雰囲気を知ることもできました」(20代男性/技術職)
「知らない会社ですが話を聞いてみると業界のトップシェアの会社でした」( 30代女性/営業)
「Web での情報だけでは分からなかった、企業がどういった人を求めているか 応募する前に知ることができた」( 40代男性/技術職)
「どの企業に応募していいか分からなかったのですが、 話を聞くことで応募したい会社が見つかりました」 (20代女性/販売)

合同説明会に参加するデメリット

合同説明会のメリットである部分が、人によってはデメリットになることもあり得ます。例えば、

「多くの応募者が集まるため、企業側も応募者もお互いに細かくアプローチをしている時間がない」

「特定の企業に来場者が集中する可能性があり、かえって時間のロスになる可能性もある」

「さまざまな業種が参加するため、目的の企業が見つけづらい」

などが挙げられます。目的の企業が決まっており、その企業にアプローチをしたいと考えている人にはデメリットが多いと言えるでしょう。

 

第二新卒での転職活動に合同説明会が向いていない場合


以上のように、合同説明会は多くの企業と応募者が集まって行うため、応募者が人気のある企業に集中してしまい、必要な情報を得られない可能性があります。一方、第二新卒として就職活動を行う人の場合、一度社会に出て経験を積んでいるため、自分の進路についてある程度方向性を決めていることが多いものです。転職先の業種や業界、応募したい企業など、就職の方向性が明確になっている場合には多くの企業が集まる合同説明会への参加はかえって効率が悪くなります。

第二新卒が参加すべきイベントは「合同面接説明会」


これまで説明してきた合同説明会と良く似たイベントですが、第二新卒にピッタリなイベントがあります。それは「合同面接説明会」です。「営業経験者」「機械設計経験者」「エンジニア」「整備士資格所持者」など、業界や業種に特化した就職イベントが転職エージェントによって開催されています。

しかも、「面接」と銘打っているように、応募前に企業の担当者と直接会って話ができるという大きな特徴があります。書類選考で終わってしまいがちなのが就職・転職活動です。書類だけでは伝わらない自分の魅力を担当者にアピールする良い機会にもなります。大人数で参加する合同説明会と違い、少人数で開かれるため、企業の担当者とじっくりコミュニケーションをとることができるのもメリットのひとつです。

Web上で調べるだけでは分からないリアルな職場環境や待遇などを聞くことができ、その企業の担当者の人となりも知ることができます。東京だけでなく全国の主要都市で開催されているため、地方に住んでいても参加がしやすいでしょう。イベントの主な流れは、受付をした後、エントリーシートを記入し、企業からのプレゼンテーションの後に面談会が行われます。履歴書や職務経歴書を持参すると、エントリーシートを記入する時間を省くことができるため、面談の準備をその時間でするといいでしょう。

まとめ

社会人を一度経験した第二新卒者としての転職活動では、新卒の時に比べて自分の進むべき方向性が定まっている場合も多いものです。効率的に企業との面接を進めるためにも合同面接説明会はぜひ活用してほしいイベント。開催テーマが自分とマッチしたら、ぜひ参加してみてください。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)