キャリアアップマガジンTOP  >   「経験者優遇」に未経験者は応募できる?未経験でも狙える求人の見分け方

「経験者優遇」に未経験者は応募できる?未経験でも狙える求人の見分け方

 2021年6月17日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

よく求人に「経験者優遇」と書いてあることがありますが、これは未経験者でも採用されるものなのでしょうか? 実は、この経験者優遇という表現に3つのパターンが存在し、そこに企業の本音が隠されていることもあります。

また求人情報を詳しくチェックすることで、未経験者でも狙える求人を見分ける方法がわかってきます。

求人広告に書いてある「経験者優遇」、その3つのパターン

経験者優遇という表記の意味は「経験者を優遇しますよ」ということに他ならないのですが、その「優遇の仕方」は企業によってまちまちです。大きく分けて3つのパターンがあるため、それらを見分けることが必要になってきます。

本当に経験者しかいらないパターン

まず、「経験者優遇」と書いてあるものの実際には「経験者だけを採りたい」というパターンがあります。本音はそうであっても、「経験者のみ」や「未経験者不可」という表記はキツい印象を与えてしまうと考え、それを避けて優遇という言葉を使っているわけです。

このように未経験者を採用する意思がない場合は、教育や研修に関する表記がないことが特徴です。

経験者の給与を優遇するパターン

次に、「経験者は給与に色をつけるよ」というパターン。もし経験者であれば、経験年数やスキルに応じて基本給が上乗せされます。翻せば、未経験者も採用しないことはないが、経験者と比べて給与は低くなってしまうことを表します。

この場合は未経験者でも採用される可能性があるので、経験がなくてもチャレンジしてよい求人と言えます。

経験者も未経験者もほしいパターン

純粋に「未経験者でもOK、でも経験者だったら嬉しいな」というパターンもあります。もちろん経験者と未経験者がまったく同じ待遇になるわけではないものの、この「優遇」には間口を狭くする意図はないというものです。

もしも未経験の業種や職種に挑戦するなら、このパターンが最も採用確率が高くなると言えるでしょう。

「経験者優遇・未経験者歓迎」に隠された本音

経験者の応募が集まらない→未経験者もしょうがなく募集

企業によってはなかなか応募が集まらず、「できれば経験者がほしい」なんて贅沢なことが言えない会社も存在します。このまま人材が増えないと事業に支障が出る、という状況になると、仕方なく未経験者も募集しなくてはならなくなります。

この場合、企業が本当に求めているのは経験者なので、未経験者の待遇があまり良くないことが想定されます。

経験者と未経験者、それぞれ別の理由で採用したい

経験者は未経験者よりもすべての面で勝っている、と考えてしまいがちですが、実はその限りではありません。

たとえば経験者は即戦力にはなりやすいわけですが、過去の経験から考え方が凝り固まってしまっている可能性も考えられます。対して業界未経験者は企業にとって「新しい風」であり、複雑性をもたらします。

つまり、それぞれに求める資質や役割が違うこともあるわけです。

本当は経験者がほしいが、未経験者の可能性もゼロではない

このパターンでは、未経験者の採用はほとんどないと言ってもよいでしょう。難易度の高い資格が必要になる業務や大手企業の場合、「すでにある役割」にジャストフィットする人材だけを求めていることが多いです。こうなると未経験者が入る隙はありません。

ただし、もちろんゼロというわけではなく、何か別の形態で採用されたり、採用基準の変動などにより採用されたりする可能性も考えられます。

未経験でも狙える「経験者優遇」求人の見分け方

ここまでは「経験者優遇」の実情や本音を紹介してまいりました。では、その求人が未経験者でも狙えるかどうかは、どんな情報から見分ければよいのでしょうか。

未経験歓迎・可と明記してある

求人情報に「なぜ未経験でも大丈夫なのか」などの説明が明記されている求人は、未経験者でも採用されやすいものになっています。

たとえば「先輩がしっかりサポートする」、「これまでの経歴はいっさい問いません」、「社会人経験がない方も歓迎」等、単語ではなく文章で説明がされている場合は安心して応募することができるでしょう。

研修があったり、質問などができたりする職場環境

また、一定期間の研修制度が設けられていたり、メンター制度等のサポートが充実していることが確認できたりすれば、未経験でも狙うことができます。

未経験の場合、入社してからスキルや知識を身につけていくことになるわけですから、むしろ教育にコストをかけている企業でないと応募側も安心できませんよね。

未経験で入社して活躍している人の事例がある

社員インタビューなどで「最初は右も左も分かりませんでしたが…」などの発言が確認できれば、未経験者でも活躍できる企業であることがわかります。

マイナビやリクナビ等の求人ページのほかに、企業のウェブサイトなどでも社員の紹介が行われていることがありますので、詳しくチェックしてみましょう。

 

「経験者優遇」と書いてあっても、その内訳はひとくくりにすることができません。

もし未経験で応募を検討しているならば、かなり自信がある場合やこだわりが強い場合を除き、なるべく未経験者でも採用されやすい企業を選ぶことをおすすめします。


ジョブトラ20s
近岡 一磨

近岡一磨

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)