キャリアアップマガジンTOP  >   自己評価は高すぎても低すぎてもトラブルの元に…適切な自己評価ができる心理の作り方

自己評価は高すぎても低すぎてもトラブルの元に…適切な自己評価ができる心理の作り方

 2018年11月12日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

自己評価が高すぎることでトラブルが発生しがち…そんな状態を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、過剰な自己評価をしてしまう人の特徴と課題をご紹介するとともに、正しい自己評価をするための方法を考えてみたいと思います。

自己評価が高い人の特徴と課題 –成長できない伸び悩みタイプ-

はじめに、自己評価が高すぎる人の特徴をご紹介します。

根拠のない自信があり、失敗が改善につながらない

自己評価が高すぎると「できる」という思い込みが激しく、実際にその仕事をやってみて失敗しても、それを「できていない」と認識できないため、同じことを繰り返しがちです。

激しく落ち込むこともありますが、すぐに立ち直ります。別のことで自信を回復しようと、新しい挑戦を始めるタイプも少なくありません。

目立ちたがりで派手なことをしたがるけれど、実力がついてこない

淡々と繰り返す仕事や、縁の下の力持ちのような役割を嫌います。リーダーのポジションを取ることが多く、仕事の立ち回りも大きくなりがちです。

一方、その役割に見合った実力が重ねられていないことも多く、結果として責任転嫁してしまうことも少なくありません。

人を見下しがちでプライドが高く、チームワークを乱しがち

自己評価が高いことは、他人への評価が低くなることにつながります。自分の方が優れているという認識が崩れるのを恐れるため、プライドが高く、そのプライドを守るための行動を取ることでチームワークを乱しがちです。

失敗の痛みを避けた結果、孤独な人に

こうした行動の結果、自己評価が高すぎる人は成長するのに必要な経験の積み重ねや人脈の広がりを得ることができず、年齢に見合ったキャリアアップができないことが多いでしょう。

自己評価が低い人の特徴と課題 -成功が得られず前進しないタイプ-

一方、自己評価が低いとどのような傾向があるのでしょうか。いくつかの特徴をご紹介します。

消極的なので、成功体験が得られない

自己評価が低い人は自分から新しいことや難しいことに挑戦しようとしません。そのため、もし何かをやり遂げたとしても誰かのフォローに徹していることが多く、自身の成功体験を増やせません。

自己評価を高めるための挑戦が少ないから、より自己評価が低くなっていくという悪循環に入ってしまうと、なかなか抜け出すのが難しいでしょう。

自己評価と同じ程度の評価に安心し、レベルアップを望まない

自己評価が低い人は、他人からの評価を信じられないという特徴もあります。自分が思っている以上の高評価に「そんなすごくないのに」と居心地の悪さを感じることさえあるのです。

それほど期待されない環境で、それほど大事ではない役割を任されることに安心してしまい、レベルアップを避けてしまうのです。

自分の行動や言動に筋が通らず、責任感がない

自己評価が低いと、自分の意思を信じられないため、他人の意見に賛同することが多くなります。それを積み重ねると筋が通らないことが多くなってきますが、自分が考えたことではないから、それほど責任を感じることも少ないでしょう。

全てを他人事にした結果、何も進まない

自己評価が低いとあらゆることが他人事になってしまい、自分が安心する環境から外で出ることができなくなります。その結果、キャリアアップができず、任される仕事も少なくなり、仕事そのものを失う可能性もあります。

適切な自己評価ができるようになる方法

自己評価は低すぎても高すぎても仕事で問題が生じます。では、自己評価を正しく保つためにはどうしたら良いのでしょうか。

正しい自己評価とは、他人が見ている自分への評価と自己評価が限りなく一致することを指します。その状態に近づくための方法をご紹介します。

自分を客観視するために、他人の意見を受け止める

自分を他人として見る目を持つことが、自己評価を改めるためには必要です。…と、言うのは簡単ですが、実際に自分を客観視するのは意外と難しいことです。

まずは、他人が自分にくれる評価を素直に受け止めてみましょう。自己評価が高い人は失敗を指摘するアドバイスに耳を傾け、自己評価が低い人は自分を褒めてくれる言葉を信じてみてください。

失敗することを恐れている自分と向き合う

自己評価が高すぎる人、低すぎる人双方に共通しているのは、失敗を恐れていることです。そしてほとんどの場合、失敗を避けるための防衛本能が自己評価を歪ませていることに気付けていないでしょう。

自分に任された仕事を失敗することを恐れていること、そして人間は誰でも挑戦すれば失敗する可能性があること。この矛盾に向き合い、失敗を乗り越えてください。

目標を持ち、達成のためにできることを見つける

防衛本能が自分を縛ってしまうと、自分が傷つかないことが目標になってしまい、本来の仕事の目標を見失いがちです。

まず、自分を守ることではなく、会社やチームのために自分ができることの目標を立て、その目標達成のための改善点を見つけ出しましょう。

自己評価が仕事のキャリアを邪魔しないために

自己評価が適正でないと、本来のあなたが持つ強みが生かしきれず、キャリアアップの邪魔になってしまいます。

あなたがどのようなスキルを持ち、どの程度のレベルであろうと、チームや会社のことを考えて選んだ行動はなんらかの評価につながります。失敗を恐れず、自己評価をコントロールできる自分になれるよう心がけてみましょう。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

宿木雪樹

広報/企画分野での企業経験を経て、フリーランスへ。ニーズに応じた企画/執筆を担当。2018年1月よりMAMORIOチーフエディター。一緒に仕事した方を"幸せにする”がモットー。”幸せになる考え方”をコンセプトにしたブログ「宿木屋」運営中。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)