キャリアアップマガジンTOP  >   挨拶をしない、SNSに会社の愚痴……会社を困らせる「モンスター新人」はなぜ生まれる?

挨拶をしない、SNSに会社の愚痴……会社を困らせる「モンスター新人」はなぜ生まれる?

 2019年1月10日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

毎年、新入社員を迎え入れる4月。オフィスの喫煙所では、先輩社員によって「今年入ってきた新人、だいぶモンスターだよな」という会話 が繰り広げられることになります。モンスター新人は常識が通じず、会社を困らせる存在ですが、彼らが生まれたことにも理由があるのです。

モンスター新人とは?

近年表面化した「モンスター新人」

社会常識がなく、職場の同僚や上司を困らせる新人。どんな時代にも存在するものですが、近年では学校が頭を抱える「モンスターペアレント」の流れから「モンスター新人」とも呼ばれています。

モンスター新人はたびたび会社で問題行動を起こすため、まれに会社に損害を与えることになります。人事からすれば「選考失敗」になるわけですが、現代のシステムでは簡単にクビにすることはできないため困りものなのです。

モンスター新人の特徴

モンスター新人と呼ばれる人たちには、いくつかの特徴があります。それは、

  • 礼儀がない
  • 文句ばかり言う
  • 仕事ができない
  • 面倒くさがり

などです。どれも先輩や上司目線のものですが、やはりこれまで企業を支えてきた常識やルールが通用しない新人には手間がかかるようです。

こんなことまでしちゃう?モンスター新人のエピソード

SNSに会社の愚痴、悪口を書き込む

「あの新人、よく業務中にスマホをいじっているけど、何をしているんだろう?」と感じ、よくよく見てみたらSNSを開いていた。そこで新人のアカウントを探して読んでみたら、なんとそこには会社への愚痴、上司への悪口が書かれていた!というもの。

これはモンスター新人の代表的なエピソードで、そこそこ多くの会社が経験しているものです。現代の新人といえば平成生まれ、まさにデジタルネイティブの世代。中高生の頃からSNSに慣れ親しんでいるため、学生気分で書き込んでしまうのでしょうが、会社からすればたまったものではありません。

絶対に挨拶をしない新人

オフィスに着いたら「おはようございます」、帰る時には「お疲れ様でした」。基本的な挨拶を、まったくしない新人がいます。就職活動のときはすれ違う人全員に挨拶をしていたはずなのに、内定が決まり入社した途端に挨拶をしなくなった……

「入社が決まってから挨拶をしなくなる」というこのエピソード。緊張の就職活動が終わって気が緩み、上司や先輩に対するリスペクトの気持ちがないことがバレてしまっているパターンです。過去と比べて年功序列の意識は多少薄れてきていますし、なんなら「俺のほうが偉い」くらいに考えている新人も増えていることから起こるものでしょう。

仮病で旅行に行ってしまう(しかもSNSに書く)

たまに、仮病を使ってバカンスを楽しんでしまうタイプの人がいます。これは今も昔も変わらず一定確率で存在しますが、やはり現代にはSNSがあるため、旅行に行ったことを堂々と書き込んでしまうわけです。バレていないと思っているのか、それともバレてもいいと思っているのか。

仮病で旅行に行くこと自体もモンスター感がありますし、「バレてない」と思って書き込んでいる場合はインターネットリテラシーの欠如も考えられます。どちらにしても、社会人としては問題ありです。

本人のせいだけじゃない?モンスター新人が生まれてしまった背景

しかし、モンスター新人は必ずしも「自己責任」とは言い切れません。現代の社会の流れ、風潮などの環境から生まれている可能性も考えられます。

甘やかされて育ってきている

「モンスター」という言葉の元ネタである「モンスターペアレント」。これは過保護で理不尽な要求をする親のことを指しますが、過保護であることはすなわち子供を甘やかしていることになります。

親から甘やかされ、さらにモンスターペアレントを恐れた教育機関からも甘やかされて育った子供は、もちろん会社でも甘やかされることを期待します。これは本人の意思に関係なく、そう育てられたらそうなってしまうのです。

就職・転職の売り手市場(入社前に企業が甘い言葉で勧誘している)

ご存知の通り、日本は今、深刻な少子化状態にあります。第2次ベビーブームと呼ばれる1973年あたりと比較すると、2015年の出生数は半分以下になっています。

IT企業などは市場が拡大しているにも関わらず、少子化に伴って若い働き手は少なくなる一方。とにかく労働力を確保しようとして、近年は特に売り手市場が続いています。労働者が取り合いになるわけなので、企業はいろいろな手を使って採用をします。ときには、実情とかけ離れた甘い言葉で勧誘することも。これでは新人からしても「どこに行ってもラクに働けそうだな」と思い込むのは仕方がないことかもしれません。

教育・研修がしっかりできていない

多くの企業で慢性的に人手不足になっていて、そのモンスター新人を「社会人」へと教育するための人材も足りていません。人間は生まれながらにして、勝手に何でもできるようになる動物ではありません。

誰かに教育してもらって初めて立派な社会人になるのです。そう考えると、十分な教育や研修ができていない企業が新人のことを「モンスター新人だ」と揶揄するのは見当違いな気もします(とはいえ教育にコストをかけるのも大変ですが)。

 

モンスター新人は、いつの時代にも、どの会社にも現れます。迷惑だと感じるかもしれませんが、頭ごなしに本人の責任に還元するのではなく、なるべく想像力を持って接してあげてください。決して「甘やかすべき」とは言いませんので、そこのところ、よろしくお願いいたします。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)