ジョブトラ20s TOP  >   物流ってどんな業界?業界の動向と仕事内容、志望動機の例文も紹介!

物流ってどんな業界?業界の動向と仕事内容、志望動機の例文も紹介!

 2021年12月8日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

輸出入を担う飛行機や船、工場からコンビニへ商品を届けるトラック。私達の生活は、想像以上に「物流」に支えられています。最近ではAmazonなどのネット通販も主流になり、より物流の需要が高まっています。

では、物流業界はどのような現状にあり、どんな仕事があるのでしょうか。また、物流業界へ転職する際の志望動機の例文もご紹介します。

物流業界とは?物流業界の現状と将来性

陸・海・空でヒトまたはモノを運ぶ

物流業界の仕事を一言で説明するなら、「陸海空のいずれかで、ヒトかモノを運ぶ仕事」となります。陸は「自動車」と「鉄道」、海は「船」、空は「飛行機」のことを指します。

日通総合研究所によれば、2018年度の輸送量は0.3%増しが見通されており、総輸送量は3年連続のプラスになるとのこと。消費関連、生産関連、雑貨の輸送量はプラスを維持しており、全体的には好調であることが伺えます。

3PLとは

物流業界を説明するときに頻出する、「3PL」というワードがあります。これはサードパーティーロジスティクスの略で、「企業の物流業務をすべて物流会社が担う」という意味です。

メーカーと物流会社が長期的な契約をすることになるため、物流会社からすれば「営業活動などの労力が減らせる」、メーカーからすれば「物流関係の設備に投資せずに済む」というメリットがあり、多くの物流会社が経営の基盤にしています。

国内物流市場は伸び悩んでいるがEC、3PL市場は拡大基調

日通総合研究所の調査は、物流業界が基本的には好調であることとともに、業績伸び率の鈍化も示しています。これにはEC(ネット通販)に始まる新規事業者の参入、取扱件数の増加による人材不足などが影響していると考えられます。

ただしその分ECと3PLの市場は拡大しており、三井住友銀行の調査によると2017年のEC市場は2010年の2倍以上、2016年の3PL市場は2010年の1.6倍以上となっていることが分かります。

参考:
日通総合研究所 2017・2018年度の経済と貨物輸送の見通し
三井住友銀行 物流業界の動向

物流業界の仕事

「物流」と聞くとトラックや船で物を運んでいるところを想像しがちですが、もちろんそれだけではなく、物流プランを提案したり管理したりする仕事もあります。

企画営業

物流業界にも他業種と同じように企画営業の仕事があります。

クライアントとなる企業の物流関係を調整するために最適なプランを提案したり、事業所や物流システムを組む部署とコミュニケーションを取ったりする仕事です。取り扱うものが物流であるという特徴があるだけで、他の業種における企画営業と大きな違いはありません。

システムエンジニア

現代では物流にもIT技術が多く活用されており、当然それを動かすシステムエンジニアの仕事も存在します。

梱包や出荷など、物流に関わるシステムをクライアントのニーズに合わせて構築する仕事です。企画営業がプランニングしたものを的確に受け取り、現場のことを考えながらシステムを組みます。

物流管理

 

商品を適切な品質、量、時期、場所、価格で届けるにはどうしたらいいかを考える仕事です。確実に商品を届けた上で自社に利益をもたらしつつ、さらに、コスト削減も目指すことが求められています。

物流業界の志望動機の例文

最後に、面接で物流業界の志望動機を話すときの例文をご紹介します。(物流業界未経験、類似職種からの転職を想定しています。)

企画営業

私は前職で自動車ディーラーのマーケティング・企画を担当しており、社内、社外ともに多くの人と関わりながら「最も良い方法は何か」を考え抜く力を身につけました。*1 御社は物流企業でありながら「ヒトの力」にフォーカスしたビジョンを掲げており、クライアントからの信頼される企業になっています。*2 私もそのチームに加わり、前職で培った企画力や提案力を活かし、最適な物流プランを提供していきたいと考えております。

*1 物流業界でも活用できそうな前職の経験を述べます。
*2 共感したビジョンなどを示し、「なぜウチの会社なのか」に答えるようにします。

システムエンジニア

私はかねてより人々の生活に深く関わる仕事がしたいと考えておりました。近年、ECの台頭によって物流の需要が拡大していることから、より適切な物流システムの構築は豊かな社会を作ることに貢献するものになります。*1 御社は業界の中でもいち早くEC対応に向けて動き始め、今では日本に不可欠な存在になっています。前職の広告代理業の社内エンジニアとしての知識を応用し、物流システムの開発を通して社会に貢献していきたいと考えています。*2

*1 物流と社会を結びつけ、なぜ物流業界に志望したのかを伝えます。
*2 会社だけでなく社会に貢献できることに働く意味を見出していることをアピールします。

 

物流業界は、日本社会を支える大きな役割を担っています。現代では最新技術も導入され、過去と比べてもかなり効率的になっており、各社でさらなる最適化が目指されています。人材不足ではあるものの人気業界のひとつなので、きちんと準備して選考に挑むべきでしょう。

まとめ

物流業界は、経済の血液と呼ばれ、絶対に不可欠な社会のインフラになります。
このように、社会では不可欠な仕事を「エッセンシャルワーカー」と呼ばれます。
1側面だけを見て、業界を定義するのではなく、俯瞰する事で見えてくる景色もあります。

ジョブトラ20sの思想と考え

私達は、入社3年後のミスマッチをなくす。という理念を掲げ、
1人1人の人生に沿って、本当の意味でミスマッチを無くす為の努力をしてきております。

転職業界は社会問題と隣り合わせとなっている。

特に昨今の転職活動は、ネットにおける活動が主流化した事により、正しい情報の取得が難しくなり、判断軸に振れ幅が生じている事が社会問題となっております。ジョブトラ20sのプロ意識は、1人1人の人生と向き合い、より良いキャリアの提案になります。

妥協をしないキャリア、人生の在り方、ミスマッチの無い世界を作る事。
人生を賭けて転職活動をされる皆様と、同じ熱量を持って取り組む事を、私達のプロ意識としております。

ジョブトラ20sでは、年間数千名のキャリア支援を行ってきており、1人1人の人生に向き合いキャリアの支援をしてきております。
転職支援、という一つの側面だけではなく、個々人の人生に合わせたキャリア支援をしてきております。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

今すぐキャリアを変えるような意思決定でなくても構いません。
これからの社会はより、厳しく、生き残る為できうる限りのことを御力添え致します。

良質な事実と情報、そして倫理と道徳を持った専門家の存在が必要だと思っております。
少しでも気になる事、話してみたい事がありましたら、お気軽にご登録下さいませ。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

最後までご覧頂き心より感謝申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)