ジョブトラ20s TOP  >   食品業界に転職する際の志望動機はどう書く?仕事内容、業界が抱える課題を整理しよう

食品業界に転職する際の志望動機はどう書く?仕事内容、業界が抱える課題を整理しよう

 2019年1月30日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

ふだん私達がスーパーやコンビニで購入する食品・食材は、例外なくどこかの食品メーカーによって作られ、届けられています。そんな食品メーカーが属する食品業界に転職する際は、まず仕事内容や抱えている課題を知り、熱意が伝わる志望動機を作成しましょう。

食品業界の現状と課題

国産にこだわりのある日本人の食をガッチリと支えている食品業界ですが、現在はさまざまな課題を抱えているようです。食品業界への転職を考えているのであれば、食品業界を取り巻く現状を把握しておきましょう。

人口減少による日本の市場縮小

日本の少子化によって労働力人口が減少しつつあることは食品業界以外にも大きなダメージとなっていますが、食品に関しては「食べる人の数」が売上に直結します。

日本の人口は2004年にピークを迎えてから減少するいっぽうで、特に若年層の人口減少が著しい状況です。それだけではなく日本人1人あたりの食品消費量も天井にぶつかっており、日本での市場拡大はあまり期待できないようです。

利益率が低く、環境変動リスクが高い

日本は食に対する意識が他国と比べて強いため、製造にかかるコストも膨大です。食中毒リスクは最小限にしなければならないし、製造の環境は厳しく管理されています。それはもちろん良いことですが、利益率は必然的に低くなります。大手企業になると利益率10%に届かないなど、他国と比較すると大きな差が見えてきます。

食品は生活に必要なものなので景気による変動リスクは少ないのですが、代わりに「環境」が大きく影響するというデメリットがあります。突然原料が高騰して製造のコストが高くなってしまうなど、業界としての収益が少々不安定です。

食品業界の主な職種

食品業界といえば工場で製造しているところを想像しがちですが、もちろんそれだけが仕事ではありません。食品業界も、他の業界と同じようにさまざまな職種から成り立っています。

リサーチ・企画(マーケティング職)

新製品の開発に向けた企画や売り出し方を考える職です。消費者がどんな商品を求めているかをリサーチし、それをどう売れば人気が出るのかを企画します。いわば、食品業界のブレーンとなる職種です。

商品開発

企画職が作り出した商品を、実際に形にしていくのが商品開発です。食品としての商品を研究し、工場で製造します。大手企業になると自社で研究所や工場を持っているところも多いですが、別の企業に委託しているところもあります。

原料調達

食品を作るための「原料」を手配する仕事があることも忘れてはなりません。主に商社を通して野菜や肉、その他の原料を調達します。買い付け先は世界中が対象となるため、国際的なスキルを持っていると活躍することができます。

営業

小売店や飲食店に自社の食品を取り扱ってもらうためには、営業の仕事が必要です。食品だけではなく、取引先に扱ってもらう可能性を高めるためにメニューなどの企画も同時に持参することがあります。また新卒の場合、リサーチ・企画職に希望を出していても「一度は営業を経験してくれ」ということで営業職に配属されることが多いようです。

食品業界の志望動機の例文

それでは、実際に食品業界に転職する際の志望動機を考えてみます。今回はマーケティング職と営業職について、経験がある場合と未経験の場合を想定して作成しました。

マーケティング(他業界で企画職経験がある場合)

私は前職で広告代理業の企画営業職として、クライアントとなる企業のPRを担当しておりました。そこでは「すでに出来上がっているもの」に対してPRの力を貸すという業務でしたが、ゼロベースで商品を作り上げる、そして自分たちで作ったものをどう販促するかを考えるという食品業界のマーケティングに強く惹かれ、志望いたしました*1。前職では直接お客様にご提案することも多く、現場からニーズを掴むことで貴社に貢献できるものと考えています*2。

*1 食品業界のマーケティングが前職とどう異なるかを伝えましょう。
*2 前職の経験がどのように役立つかをアピールしましょう。

営業(業種、職種ともに未経験の場合)

私は食品業界、営業職ともに未経験ですが、かねてより自分たちが口にしている食品がどのように作られて届けられているかに興味を持っています*1。貴社は企業として収益を上げることだけでなく、消費者が喜び、健康でいられることもビジョンとしています。私も仕事を通して社会へ貢献したいと考えているため、貴社の営業職として日本の食を繋いでいく業界に携わりたいと思い、志望いたしました*2。

*1 業界未経験の場合は、なぜ食品業界に興味を持ったのかを記載しましょう。
*2 自分の希望と会社のビジョンの共通点を伝えましょう。

 

日本の食品業界は、利益率や市場の面で課題を抱えているものの、日本の食を支える社会貢献度の高い業界です。「仕事を通して社会に貢献したい」など、叶えたいことと会社のビジョンがマッチするなら、転職を検討してみても良いでしょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)