ジョブトラ20s TOP  >   転職で、前職の説明をする時に気を付けるべき事とは!?【1分間で読める転職の豆知識】

転職で、前職の説明をする時に気を付けるべき事とは!?【1分間で読める転職の豆知識】

 2021年8月14日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

面接では前職説明が最も大切な要素

転職活動は、前職の説明が不可欠です。
もう少し定量的に落とし込むと、
面接の平均時間は1.0時間程と言われています。

時間の使い方としては、
自己紹介→5分
自己紹介深堀→30分
逆質問→20分
その他→5分

と言う時間配分が多いです。
このような前提において、最も注視されるのが、
「転職理由」「退職理由」となります。

キーワードは、「前職」の説明です。
前職の説明によって、転職者の判断がされていきます。

前職は、褒めて損なし!

結論から言えば、前職はとにかく褒めるのがポイントです。

逆説ですが、前職をとにかく貶す人
前職は、評価してくれないんですよ
前職は、教育がないんですよ
前職は、人間関係が悪いんですよ

などなど、話せばキリがない人が多いと思います。

ですが、そのような環境を選んだ事は事実であり、
間接的でもそのような環境を作り出しているのは、

自分自身なので、様々葛藤を感じていても、
前職を褒め続ける姿勢が大切です。

改めて正した伝え方をすると
現職では、本当に先輩にお世話になりました。
現職には、大変感謝をしております
現職には、恩義を大変受けているので絶対恩返しをしたいです。

と、伝えた人間が、
だからこそ転職をしたいです!と言っている人間がいたとしたら、
前段の批判ばかりする人間よりも評価が高くなると思います。

現職で働く姿勢が、転職先で見せる姿勢だと言える

現職で抱く感情は、少なからず、自身の捉え方にも一定の解釈が存在する為、
結果として、再発する可能性が高いです。

偏位な表現をしてしまえば、
どんな環境でも不安や不満は避けられませんし、

ですが、
だからこそ真意はともあれ、

建前としては、
感謝の姿勢を持ち続けて伝えていく事が大切です。

何よりも、
感謝を伝え続ける人、
褒め続ける事が出来る人間こそ、
市場からは求められる傾向にあります。

現職の良い所を沢山見つけ、
どんどん面接では伝えていきましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)