ジョブトラ20s TOP  >   緊張を味方に付けよう!今すぐ使える面接テクニック

緊張を味方に付けよう!今すぐ使える面接テクニック

 2021年11月16日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

はじめに

「面接で緊張してしまい、
 自分の考えがうまく伝えられない」

「面接中に声が震えて焦ってしまう」

「ドアを開けた瞬間、頭が真っ白!」

皆さん、こんな経験はありませんか?

緊張のあまり、これまで頑張ってきたことや
アピールしたかったことも、
上手く話すことができずに終わってしまうのは
非常にもったいないことです。

では、面接の緊張
どう対処すべきなのか見ていきましょう。

緊張は「敵」ではない

そもそも緊張とはいったい何なのでしょう?

「人類は昔から、緊張状態を取り、
 戦うために必要なエネルギーを集中させた。
 緊張すると意識は分散し、
 考えなくてもいいようなことが頭に浮かぶ。

 こうなることで、
 あらゆる戦闘方法の対応策を瞬時に探り、
 選択することが可能になる。」

緊張するということは、人が生き残るために
戦闘態勢に入ったことを意味するのです。

つまり、適度の緊張は集中力を高めるのに
有効であることが分かります。

面接での適度な緊張は、
失言や失態を防ぐ効果があると言えます。

決して緊張は悪いことばかりではないのです。

緊張が不採用に繋がることはない

緊張は誰でもするものです。
自分だけではありません。

人事も同じ就職活動を経験した人間ですから、
緊張している学生をみても、
内心では共感してくれているはずです。

面接官に「緊張していますか?」
と聞かれたら、
「していません!」
と嘘をつくのではなく、
「御社が第一希望なので、この転職活動中で一番緊張しています。」
と潔く言ったほうが、好感を持たれます。

「面接では緊張するのが当たり前」だと、
良い意味で開き直りましょう。

面接官も緊張している

緊張するのは面接官も同じです。

採用したがすぐに辞めてしまったともなると、
その社員を採用した面接官にも責任が問われます。

求職者は「面接を成功させる」と意気込みますが、
面接官も「採用を成功させる」と意気込んでいます。

面接で緊張しているのは「自分だけ」ではなく、
「その場にいる全員」と思いましょう。

おわりに

いかがでしたか?緊張に対するイメージが
少しでも和らいだのではないでしょうか。

すべての緊張をなくそうと思わず、
適度に緊張を歓迎しましょう。

適度な緊張を味方につけ、
身も心も引き締める道具として活用することが大切!

ぜひ、今日ご紹介した面接術を利用して
転職活動を成功させてくださいね。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

media-realive

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)