ジョブトラ20s TOP  >   感想の伝え方【面接対策ノウハウ】

感想の伝え方【面接対策ノウハウ】

 2021年11月23日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

「感想」を伝える事の有用性について

面接は、転職活動/就職活動において、最も大切な選考プロセスと言えます。
候補者にとっては、関門ともいえるモノであり、面接とどのように向き合うのかこそ、大切な要素と言えます。

面接は不完全という前提を抑える

面接を行っていると、面接をされる面接官は、熟練者のように感じる事が多いと思います。
企業により、人にもよる為、絶対的な内容ではないですが、大多数は、我流で面接をされている方が多いです。

これは、組織構造を睨んでいくとみてくる内容ですが、
一般的に人事や管理部門は、社員数の5%程の比率で配置されます。

事務/総務/経理/人事などのバックオフィスは、100人の中で5人程になります。
見方を揃えると、組織としてノウハウが定着しづらいと言えます。

また、バックオフィスは、本業ではない仕事となる為、社内投資される事も少ないです。
その為、バックオフィス全般にも言えますが、我流になる事が多いです。

感想を伝える事で、企業の採用力が上がる

企業にとって、自身の面接は相手の能力と価値観を見極める手段として講じています。
ですが、逆説として企業への惹きつけ、事業への惹きつけなどの魅力付けのコンテンツとなります。

早い話、面接を通じて志望度を上げて行きたいとの思惑もございます。
だからこそ、企業は常に面接を改善し、寄り一層企業の採用力が向上するような在り方を目指しています。

このような前提に立った時、面接を受ける候補者の感想はとても重要なデータとノウハウになります。
相手がどのような感覚を持ったのか、この言葉でどのように刺さったのか。
つぶさに自身の評価と率直な意見を記録し、相手に伝える事で、信頼性を獲得する事が出来ます。

感想を伝える事で、距離感が縮まる

大前提として、就活は企業と候補者の双方が選び合う場であり、上下の関係は存在しません。
しかし、雇用主と就業者と言う位置関係が存在する為、一定以上は企業に分が存在しています。
このようなバランスを持って向き合う事が大切だと言えます。
上記を前提としつつも相手目線に、お互いに成長をしようとする目線はとても大切です。

「感想」という考えを持ち、位置関係を理解しながらも本音を交わす事の大切さ

自身は評価をされる側としての理解を示しつつも、
「私はこのように考えました。」「このような感想を抱きました。」
と意思表明する事で、ミスマッチの軽減に繋がります。高いリスペクトの意識を持ちつつも、企業にとって必要な情報を提供する姿勢は、一定以上の忠誠心にも繋がる行動であり、主体性を感じる言葉となりえます。

<3>「感想」と「評価」を混ぜてはいけない

「感想」とは、あくまで自身の感じた所感を言葉にする行為です。
その為、先方としても事象としては受け取りやすい言葉であり、求められる事となります。

線引きが曖昧な前提で記載となりますが、この文脈において「評価」は全く異なるベクトルです。
評価とは、自身が相手より上に立ち、自身の考えを相手に述べ、相手を変えさせる行為と言えます。

見方を変えると、位置関係が大きくズレてしまう為、非常に危険な行為だと言えます。
その為、言葉は走りすぎず、あくまで、相手の採用力が少しでも良くなるように、と利他の精神で言葉を紡ぐことが大切だと言えます。

「感想」を伝える有用性のまとめ

感想を伝える事は相手が求めているものでもありつつ、位置関係を間違えてしまうと心象に関わるリスク論を含めています。
このようなメリットの側面とデメリットの側面、双方を理解しながら言葉を紡ぎ出していく事が大切だと言えます。

感想とは、すなわち相手に改善してほしい事、ではありますが、見方を変えると、
相手以上に相手目線に立った、利他の言葉だと定義する事も出来ます。

高い倫理とモラル、そして自身の気持ちを伝えたい姿勢は選考でも大切な要素となります。
全力を尽くして、面接に臨んでみてください。

ジョブトラ20sの「思想」と「考え」

私達は、入社3年後のミスマッチをなくす。という理念を掲げ、
1人1人の人生に沿って、本当の意味でミスマッチを無くす為の努力をしてきております。

転職業界は社会問題と隣り合わせとなっている。

特に昨今の転職活動は、ネットにおける活動が主流化した事により、正しい情報の取得が難しくなり、判断軸に振れ幅が生じている事が社会問題となっております。ジョブトラ20sのプロ意識は、1人1人の人生と向き合い、より良いキャリアの提案になります。

妥協をしないキャリア、人生の在り方、ミスマッチの無い世界を作る事。
人生を賭けて転職活動をされる皆様と、同じ熱量を持って取り組む事を、私達のプロ意識としております。

ジョブトラ20sでは、年間数千名のキャリア支援を行ってきており、1人1人の人生に向き合いキャリアの支援をしてきております。
転職支援、という一つの側面だけではなく、個々人の人生に合わせたキャリア支援をしてきております。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

今すぐキャリアを変えるような意思決定でなくても構いません。
これからの社会はより、厳しく、生き残る為できうる限りのことを御力添え致します。

良質な事実と情報、そして倫理と道徳を持った専門家の存在が必要だと思っております。
少しでも気になる事、話してみたい事がありましたら、お気軽にご登録下さいませ。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

最後までご覧頂き心より感謝申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)