ジョブトラ20s TOP  >   第二新卒の転職活動で学生時代の経験をアピールするのはアリ?ナシ? 仕事上でアピールする経験がないときの伝え方

第二新卒の転職活動で学生時代の経験をアピールするのはアリ?ナシ? 仕事上でアピールする経験がないときの伝え方

 2018年1月5日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

第二新卒の転職活動では、仕事上ではまだ実績がなく、職務経歴書や面接で何をアピールするべきか、悩む人も多いことでしょう。では、新卒時の就職活動のように学生時代の経験をアピールしてもいいのでしょうか?他にアピールポイントがないときに、どのように伝えるべきか解説していきます。

学生時代の経験をアピールしてもいい?

第二新卒の転職活動では、職務経歴書や面接でアピールするような仕事上の実績がないと感じる人が少なくありません。しかし、仕事でアピールすることがないからと、学生時代のことをアピールするのは、極力避けるべきです。実績と呼べるようなものがなくても、どのように仕事に取り組んできたのかがアピール材料になります。

たとえば、自分で創意工夫したことはアピールできます。たとえば「毎日仕事で学んだことや、成果を上げている先輩に質問した内容をドキュメントにまとめ、できることから実践するようにしていました」、「客先へ提案に行く前には、上司や先輩社員に頼んでロールプレイングを行い、適切な受け答えができるように努めていました」といった内容です。

また、第二新卒は新卒や既卒と異なり、社会人経験がありますので、基本的なビジネスマナーが身についていることも伝えておきましょう。「前職での新入社員研修を通じて、社会人としての基本的なマナーを身につけ、実践で役立てることができました」、「1日〇本の電話対応を行っていたため、ビジネスに必要な最低限のコミュニケーションスキルは身についています」といった形でアピールすることができます。

学生時代の経験は「人となり」を伝えるための材料に

学生時代の経験を自己アピール材料にすると、学生気分が抜けていないと見られてしまいがちです。しかし、経験やスキルをアピールするのではなく、自分の「人となり」を伝えるための材料としては、十分に活かすことができます。

たとえば、財閥系の大手企業で働いていた人がベンチャー企業に応募したとします。フットワークが軽く、臨機応変に柔軟な対応ができる人材を企業が求めていた場合、ミスマッチだと思われてしまいがちです。そこで、「向いてないのでは?」と採用担当者に問われたときに、バックパッカーで海外を旅行したときのエピソードを話せば、フットワークの軽さや予想外の事態が起きたときに臨機応変に田王できることをアピールできます。むしろ、新卒で入った会社が合わなかったことを理解してもらいやすくなります。

学生時代の経験は、職歴では証明できない事実をアピールするための補完材料です。どんなエピソードでも役立つわけではありませんので、むやみに学生時代の話をし過ぎてしまわないように注意が必要です。

学生時代の経験別!アピール方法

採用担当者は応募者のプライベートな話に興味があるわけではなく、自社の業務にマッチする人材か、判断材料を求めています。学生時代のエピソードを伝える場合には、プライベートに偏った話題は避けるようにし、具体性がある内容を簡潔にわかりやすく話すことが大切です。

では、どのような学生時代の経験であれば、第二新卒の転職活動で人となりを伝える材料になり得るのか、例を挙げてみましょう。

サークル、学祭のリーダーなど

サークルで代表者となって運営をしていたり、学祭の企画・運営メンバーだったという経験は、リーダーとしての資質があることをアピールできます。

体育会系の部活動

精神面や体力面でのタフさを伝えることができます。ただし、中学・高校と違ってサークルのような集まりだと受け取られてしまうことが多いので、大会に出た、月に1回はフルマラソンをしていたなど、実績を一緒に伝えるようにしましょう。

ゼミでの研究

目標へ向かって、粘り強く仕事を続けられることをアピールできます。困難にぶつかっても諦めなかったことや、長い年月をかけて成果を出したエピソードを伝えるといいでしょう。

接客業でのアルバイト

お客さまにどのような接し方をしたのか、職場でのコミュニケーションについてどのようなことに注意したのかを伝えることで、「今いるメンバーと上手くやっていけそうだ」と思ってもらいやすくなります。

まとめ

学生時代の経験だけをアピールするのは避けた方がいいですが、人となりをアピールする補完材料にはなります。自分の長所をアピールするポイントが職務上の経験では伝えきれない場合は、学生時代のエピソードで補ってもいいでしょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)