ジョブトラ20s TOP  >   スカウトメールって何?第二新卒の転職での上手な活用方法

スカウトメールって何?第二新卒の転職での上手な活用方法

 2018年1月8日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

転職サイトでは求人広告を閲覧して応募することができますが、「スカウトメール」という機能があることを知っていますか?ただし、スカウトされたからと言って、必ずしも採用されるとは限りません。スカウトメールの正しい知識や第二新卒の活用方法を紹介します。

第二新卒なら知っておきたい転職サイトのスカウトメールとは?

スカウトメールは、登録されているスキルや職務経験をもとに、求人を掲載している企業や転職エージェントから、応募を促す(・勧誘する)メールが届くサービスです。スカウトメールは大きく分けると2種類あります。ひとつは自動送信メールで条件に合致している人に対して、自動で送られているメールです。もうひとつは、個々の経歴やスキルを確認したうえで、「ぜひ面接で話してみたい」、「諸条件が合えばぜひ採用したい」など、希望や経験、資格などから条件を絞り込んだり、個別の経歴を見て送っているメールになります。

転職サイトのスカウトメールは、送信元から2種類に分けることもできます。ひとつは企業の採用担当者で、自社の募集条件に合った登録者に応募を促すメッセージを送っているものです。「面接確約」「入社祝い金支給」といった特典を設けることで、応募に誘導するケースもあります。

もう1種類は、転職エージェントからのスカウトメールです。転職エージェントからのスカウトメールには、興味がある場合は面談を行うといった内容が書かれています。強みのある業界など、転職エージェントのアピールポイントも記載されていることもあります。転職エージェントと面談を行うと、希望条件やスキルをもとに求人を行っている企業が紹介され、応募を決めた場合には、転職エージェントを通じて企業による選考がスタートする流れです。

スカウトメールを利用するメリットと注意点

スカウトメールに登録することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?求職者にはいいことばかりのように思えますが、実は、注意点もあります。

スカウトメールを利用する2つのメリット

何もアクションを起こさなくても登録さえしておけば、企業からスカウトメールが届きます。そのため、自分で応募先企業を探す手間が省けます。たかが検索、と思うかもしれませんが、条件を指定したとしても、数十〜数百もある求人から一つひとつ、応募資格や仕事内容、待遇などをチェックするにはたいへんな時間がかかってしまいます。スカウトメールがくるということは、ある程度、条件に合致しているということですので、希望とマッチする可能性が高い業界や職種である可能性も高いでしょう。

また、自分では応募を検討しないような異業種からスカウトメールが届くこともあり、キャリアの可能性が広がります。たとえば販売の経験しかなくても、「コミュニケーションが活かせる営業」というスカウトメールが届けば、挑戦してみたくなるかもしれないですよね。そのほか、第二新卒で職務経験が浅く、応募を躊躇していた企業から、スカウトメールが舞い込んで、チャンスにつながるケースもあります。

スカウトメールを利用するときの注意点

「スカウトメールが届く=採用」ではなく、スカウトメールを受け取っていても、書類選考の段階で落とされることも十分に起こり得ます。スカウトメールは、企業が求める条件と求職者が登録した条件に合致した人に対して企業側が送るものではありますが、すべての条件に100%一致した人というのはおそらく、ほとんどいません。そのため、スカウトメールで書類選考合格や面接確約をするのではなく、あくまでも「当社が求める人材の条件のいくつかを満たしていますよ」というお知らせメールだと思っておくのがいいでしょう。

自分に合った企業と出会えるスカウトの登録方法

スカウトメールを受けるためには、転職サイトでの登録が必要です。スカウトを送信する際には「条件を指定する」または「一人ずつ経歴を確認するか」のいずれかになります。ここでは、条件を登録する際のコツと、経歴の記載方法について見ておきたいと思います。

1.スカウトメールの条件を登録する際のコツ

一般的なスカウトメールは、企業が求める条件を指定して、条件の全部または一部に当てはまる対象者に送っています。指定する条件としては、学歴(高卒、大卒など)、資格、経験職種、希望の仕事/業界がメインで、エンジニアやデザイナーなど技術系の職種では、Photoshop、CAD、Javaなど、専門スキルを持っているかどうかも、条件として重視されます。

2.経歴の記載方法

最初に会員登録をする際に、経歴やレジュメを登録したと思いますが、基本的にはこの内容を見て、スカウトを送るかどうかを企業が判断します。一人ひとりの経歴を確認しているということは、当然、企業側で厳選した人物を選んでいるわけで、上記で紹介した条件だけを指定するスカウトよりは、合格度が高くなります。

となると、企業の意図に沿って経歴などを書き換えたくなるかもしれませんが、その必要はありません。いずれにせよスカウトメールというのは、あくまでも「応募を促すため」のものなので、きちんとした職務経歴書や自己PR、志望動機は、実際に応募する段で提出すれば問題ありません。

まとめ

スカウトに登録することで、思わぬ企業からスカウトメールが届く可能性もあります。スカウトメールによって、転職先の選択肢が増える可能性がありますので、職務経験が少なくても希望の業界や職種を登録しておくなど、積極的に活用しましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)