ジョブトラ20s TOP  >   実例付き!職務経歴書に書くことがない!と困ったときの3つのコツ

実例付き!職務経歴書に書くことがない!と困ったときの3つのコツ

 2018年1月25日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

転職活動のときに提出する職務経歴書。特に実務経験や実績があまりない第二新卒での転職では、「書くことがない」と悩んでいる方も多いかと思います。そこで今回は、第二新卒の方でも、中身の濃い職務経歴書を書くためのコツを3つご紹介します。

職務経歴書の中身を濃くするコツ(1)身につけた知識やスキルをアピールする


採用担当者が知りたがっているのは、あなたが「何をできるか」ということです。そのため職務経歴書では、仕事を通じて得た知識やスキルをアピールしましょう。

たとえば「研修や営業への同行を経験しているので、一通りの営業マナーはあります」と書けば、マナーを1から教える必要がないと判断することができます。「事務仕事で文章作成ソフトや表計算ソフトを使いこなせるようになりました」とアピールすれば、パソコンが一通り使えることがわかります。

資格や免許があれば一番わかりやすいですが、仮になくても仕事の経験から得た知識、スキルを思う存分アピールしましょう。また、「大学時代には英語を専攻していましたので、英語は得意です」「趣味でWebサイトを作っているので、Web関係の仕事もできます」というように、学生時代や趣味で得た知識やスキルをアピールするのも良いでしょう。

職務経歴書の中身を濃くするコツ(2)仕事で気付いたことや工夫したことを書く


仕事を経験して、得た気付きや工夫したことを伝えるのも効果的です。たとえば、問題点に気付いて工夫した経験は、仕事を効率的に進めようとしていることをアピールできます。さらに将来的には、職場全体の業務効率を改善する立場となったり、利益を大きく上げられたりする人材に育つ可能性も暗に示すことができます。

別の例を挙げてみましょう。「文書を作成するときにミスが生じたので、同期とダブルチェックをして上司に提出するようにしました」という仕組みを作るのも立派な改善です。「表計算ソフトの関数を駆使して、事務処理時間を短縮しました」というアピールをすれば、自分自身で問題に気付き、業務を効率的にこなそうとする意欲が高い人材として評価されます。

「事務処理のフローを工夫することで、従来よりも20%作業時間を短縮できました」というように、具体的な数字や実績がアピールできると、なお良いでしょう。

「営業で顧客に訪問した際に挨拶の仕方を工夫したら話を聞いていただけるようになりました」「デザインに流行を取り入れてみたら採用されました」というように、個性を活かした工夫もポイントが高いです。

職務経歴書の中身を濃くするコツ(3)業務を通して成長したことをアピールする

個人の成長は、会社の利益につながります。そのため、どの分野でどれだけ成長したかをアピールするのも効果的です。

「電話応対を経験することでマナーを身につけ、クレーム処理ができるようになりました」「Webサイトの制作を経験し、サイトの作り方やデザインの方法を学ぶことができました」というように、身についたスキルをアピールするのがわかりやすいです。

また、人間的な成長もアピールする価値があります。「今までは仕事を一人でできるものだと思っていましたが、先輩や同期に助けられてチームワークの大切さを学びました」「仕事をして感謝されることにやりがいを感じるようになりました」「成績トップの営業担当者と一緒に仕事をして、常に努力することの重要性を学びました」というようなエピソードとともに伝えると、採用担当者の納得感も高いです。

転職ではスキルはもちろん、人柄や人間性も大きな評価基準となります。特に、実務経験が少なく、実績がない第二新卒では、ポテンシャルが重視される比率も高いです。採用担当にとって面接は一緒に働く仲間を見つける場所です。「この人と一緒に仕事したい」「この人ならうちの職場でもやっていける」と思ってもらえるように心がけましょう。

まとめ

一度でも会社に入って仕事を経験すれば、何かしらの気付きや成長はあるものです。どんな小さなスキルや知識でも立派な実績であり、職務経歴書に盛り込むことで採用につながる可能性はぐんと高まります。職務経歴書に書くことがないときは、自分のいい所や仕事での経験を見つめ直してみてください。アピールできるポイントがきっと見つかるはずです。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)