キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒の転職先はブラック企業しかない?見極めるためのポイント

第二新卒の転職先はブラック企業しかない?見極めるためのポイント

 2018年1月12日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

第二新卒の転職は難しいと言われることがありますが、第二新卒の転職先はブラック企業しかないのでしょうか?実際は、ホワイト企業に転職を果たしている人もいますが、社会人経験が乏しいため、ブラック企業かどうか見抜けないケースもあります。

そこで今回は、第二新卒がブラック企業に転職してしまいやすい理由をもとに、ブラック企業を見極めるためのポイントについて解説していきます。

第二新卒の転職はブラック企業しかないのは本当?


「第二新卒の転職はブラック企業しかない」という都市伝説がありますが、本当なのでしょうか。

結論から申し上げると、決してそんなことはありません。しかし、そんな都市伝説が生まれるのには理由があります。

まずそもそも「第二新卒」という定義があいまいであるからか、「第二新卒を募集!」といった専用の求人は絶対数が少ない状況にあります。企業の採用ページに「新卒採用」「中途採用」は用意されているものの、第二新卒に向けたページはほぼ存在しません。

そして第二新卒は制度的に中途になるわけですが、一般的な中途採用は同業種・同職種での経験を持った「即戦力」が求められています。社会人としての経験がそこまであるわけではない第二新卒は、中途採用という戦場ではスキル面で不利となってしまいます。かといって一度は就業経験がある以上、通常の新卒採用に応募することも難しい。

このような状況を知っていくと、多くの第二新卒は「転職先が見つからないかもしれない!」と焦ってしまいます。その結果、「どんな方でも歓迎しますよ」と手招きしているブラック企業にハマってしまう確率が高くなるのです。

つまり、第二新卒向けの求人がブラック企業しかないというのは正しくなく、「焦った第二新卒の転職先が結果的にブラック企業になってしまうことが多い」だけなのです。ですから、決して焦ることなく冷静に転職先を選ぶことができれば、ブラック企業を回避することも十分可能です。

ここからは、「求人」そして「面接」の情報からブラック企業を見極める方法を解説していきます。これを参考にして、うまくブラック企業を回避していきましょう。

求人情報でのブラック企業の見極め方

ブラック企業は、求人情報の段階である程度見極めがつきます。求人情報を見る際には、企業のホームページや求人サイトから具体的なデータをチェックするようにしましょう。また以下の3点はブラック求人の特徴ですので、特に注意して確認しましょう。

ブラック求人①常に求人を出している

ブラック企業は短期間での離職者が多く人材が定着しにくいため、常に求人を出さなくてはいけなくなります。ただし、成長段階にあるスタートアップ企業でも、事業拡大に向けて人材を募集し続けていることもあります。

これらを見分けるためには、「拡大している事業」の具体的な説明が記載されているかどうかを確認します。ブラック企業の場合、単なる人員確保を「事業拡大」と謳っている可能性がありますから、「どんな事業をやるためにどんな人材が必要なのか」をきちんと記載している企業を選ぶと良いでしょう。

ブラック求人②応募のハードルが低すぎる

  • 年齢不問
  • 学歴不問
  • 業務経験不問

といったように、応募資格のハードルが低すぎる企業にも注意が必要です。売り手市場で未経験者歓迎の企業が増えている状況ではありますが、若さや情熱を求めているだけでは応募資格がほぼないようなもの。その企業が欲しいのは「優秀な人材」なのか、それとも「単なる人手」なのかをきちんと判断する必要があります。

未経験者歓迎の求人については、以下の記事でも詳しく解説しています。

参考記事:ブラック企業もホワイト企業も出している「未経験者歓迎」求人。そこに含まれる3つの意図とは

ブラック求人③基本給が低い

「初年度から年収600万円も可能!」と表現したり、「年収300万〜700万円」といったように年収の幅が広い求人情報を見たことはありませんか?このような企業は、基本給と総支給額の差が大きいことが想定されます。総支給額に占めるインセンティブや歩合の割合が高いと、掲載されている収入を得るには相当な営業成績を上げる必要があり、ブラック企業でそれを実現するのは現実的ではありません。

面接でのブラック企業の見極め方


面接まで転職活動が進んだ段階でも、ブラック企業を見極めるポイントはあります。求人情報で見分けることができなくても、面接で気づくことができれば回避は可能です。

ブラック面接①面接官や社員の表情・態度が悪い

面接に訪れた際に、面接官やすれ違う社員が疲れた顔をしていたり、挨拶や会釈をしなかったりする場合は警戒が必要です。また面接をしている時の面接官は「仕事中」のはずですから、横柄で高圧的な態度をとっていたり、反対に無気力な姿勢で面接に臨んでいたりする場合もブラック企業の可能性が高くなります。

ブラック面接②具体的な業務内容の説明が少ない

また面接で雑談ばかりして、事業内容や業務の説明が不明瞭な場合は、募集している仕事と実際に担当する業務が異なることが考えられます。心配になったら、待遇など採用条件に関して質問してみましょう。そこで面接官が曖昧な態度をとるような場合は、ほぼ間違いなく募集要項と実情が異なると言ってよいでしょう。採用条件が明確になっていないまま入社するのは、明らかにリスクになります。

ブラック面接③内定までのフローが短すぎる

自社にマッチした人材を見極めるには、面接に相応の時間をかけることが必要であり、社内調整なども要するため一般的には長期間になります。ですから、

  • 面接の時間が短すぎる
  • 面接の回数が少なすぎる
  • 返事を急かして早期の入社を求めてくる

このような企業は人材が定着せず、「とにかくすぐに入社してもらいたい」という気持ちが先行していることが伺えるため、怪しいと考えた方が良いです。

疑問に感じた点は何でも面接官に質問し、すべて明確にしてから入社するようにしましょう。

まとめ

第二新卒でも労働環境が整えられたホワイト企業への転職を果たす人もいます。ブラック企業に転職して、短期間での離職を繰り返してしまうと、転職活動が不利になってしまいますので、ブラック企業しかないと思わず避けるようにしましょう。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)