キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒はポテンシャル採用に強い?企業が見るポイントを理解しよう

第二新卒はポテンシャル採用に強い?企業が見るポイントを理解しよう

 2018年1月16日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

ポテンシャル採用は、第二新卒にも企業側にもメリットがある採用方法です。特にポテンシャル採用が多い業界もあり、経験が十分でない第二新卒にとって転職先の検討材料にもなるかもしれません。ここでは、ポテンシャル採用の実際のところについてご紹介しましょう。

ポテンシャル採用とは?


ポテンシャル採用とは、個人が持つ潜在能力に注目した採用方法です。入社後に大きく成長する可能性を持つ人材を採用するもので、スキルの程度はあまり関係がありません。ちなみに、ポテンシャル採用の反対はキャリア採用で、実績による即戦力を重視する採用方法です。

第二新卒とポテンシャル採用の関係

第二新卒は社会人としての経験が浅いものの、バイタリティに富み、ビジネスマナーが身についている可能性があります。また、第二新卒期に転職を考える人は、ある程度自分のやりたいことや将来像が具体的にイメージできていることが多いでしょう。

企業がポテンシャル採用を行う目的は、新卒同様のバイタリティと将来性を持った人材の発掘や組織の若返りなどです。ポテンシャル採用は、第二新卒が持つ長所と企業の目的とがマッチしているため、さまざまな企業に取り入れられています。

ポテンシャル採用に応募するメリット

第二新卒者にとってのメリットは、経験の程度を問われないことと、新卒で就職に失敗した場合の選択肢になることです。ポテンシャル採用では、経験やスキルが十分でなくてもやる気と成長性によって判断されるため、第二新卒者にとっても挑戦しやすいでしょう。また、新卒で就職した企業で働いてみた結果、あまりマッチングしなかった場合や他にやりたい仕事ができた場合に、早めに転職を検討する機会にもなるため、第二新卒者は選択肢を広げることができます。

ポテンシャル採用で企業が見る4つのポイント


ポテンシャル採用時に重要視されることは、学生時代の経験だけでなく、就業を通じて得た経験が幅広く活用できるかどうかです。熱意に加え、社会人としての基礎があるかどうかがポイントとなります。それぞれ、順を追って見ていきましょう。

熱意、やる気

ポテンシャル採用を行う企業は、新卒と同じくらいの熱意ややる気を持った人を求めています。スキルが足りない分、成長性の有無が判断基準です。目標を高く持ちチャレンジ精神に富んでいる人だと、育てやすく伸びしろがあると見なされます。

応募業界・職種への理解度

応募業界・職種への理解度が深ければ入社後のミスマッチを防ぐことができ、応募者がどのような働き方をするかがイメージできるためです。また、応募者側にも、熱意を伝えるためのポイントとなるメリットがあります。同業同職の場合は、前職でどのような仕事をしたのかというスキルの面からアピールできます。

ただし、企業研究は忘れずに行いましょう。異業界の場合は業界研究・企業研究をしっかりと行い、応募業界・職種への理解度を深めることが大切です。業界研究・企業研究をある程度したら、Webや書籍からだけでは分からない情報を得るために、転職エージェントの利用やその業界に勤めている知人に話を聞いてみるのもいいでしょう。希望の企業が提供しているサービスやアプリなどを実際に利用し、利用した感想を自分なりに考えておくと、面接の際に話せるため、プラスに働くかもしれません。

組織への適応力

第二新卒は他企業での経験が浅いため、採用した後に新卒と同様に研修が設けられる場合がほとんどです。このとき、前職でのやり方や企業カラーに関係なく、新しい職場でのやり方に適応できるかが問題となってきます。柔軟性や素直さの有無など、新しい組織への適応能力が見られます。

コミュニケーション力

面接時の受け答えでコミュニケーション力があるかどうかを判断しています。聞かれたことにしっかりと答えられるか、的外れな回答をしていないかが重要です。もし、面接に不安がある場合は、聞かれる質問はおおよそ決まっているので、事前に準備をしておくといいでしょう。また、前職の退職理由が人間関係によるものなのかを気にする企業もあり、面接で応募者の人柄を見ていることもあります。

どのような業界・職種でポテンシャル採用が多い?


業界・職種問わずにポテンシャル採用は多く見られます。全体的に、若手といわれる20代の人材不足に陥っており、新卒採用だけでは確保できなかった人材を得るためにポテンシャル採用を行う企業が増えてきているからです。中でも特に多い業界や職種を見ていきましょう。

業界

商社、運輸・交通・物流、流通・小売り・フード、Webなどが挙げられます。例えば、商社は「他業種で得た経験を活かしてほしい」「取引先と信頼関係を築けられれば経験は問わない」などコミュニケーション能力を重視する傾向があります。運輸・交通・物流は、専門性が高いからこそ教育体制がしっかりしている企業が多く、成長する力を見込んでポテンシャル採用を行っている業界です。流通・小売り・フードではホスピタリティが重視され、経験では見えてこない人間性に注目する傾向があります。

職種

販売、技能工、ブライダル・ホテルなどが挙げられます。例えば、販売では上記の流通・小売り・フードと同じくサービス精神を重要視し、自社の社風に馴染むかどうかも見ています。技能工も運輸・交通・物流と同じく、育成制度が整っているためポテンシャル採用を積極的に行う職種です。ブライダル・ホテルは、成長産業のひとつでもあるため、増員をしていることが多く、若手の伸びしろを重要視する傾向があります。

他にも、若年層のバイタリティを求めているベンチャー企業や、新卒採用で人材を確保しきれなかった中小企業などもポテンシャル採用に関して前向きです。

まとめ

新卒社会といわれる日本で、最初の就職先を短期間で退職しながらも、第二新卒として転職先に熱意が認められて入社し、会社にとって欠かせないキーパーソンになった人材は数多くいます。ニーズが高まるポテンシャル採用について理解し、ぜひ挑戦してみましょう。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)