ジョブトラ20s TOP  >   キャリアプランニングとは何か?その効果とメリット・デメリット

キャリアプランニングとは何か?その効果とメリット・デメリット

 2021年12月15日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

人生の目標を立てて、行動していくための「キャリアプランニング」という考え方が注目されています。今回は、そんなキャリアプランニングのメリットとデメリットの両方を確認していきます。

1.キャリアプランニングとは

「キャリアプランニング」とは、自分の仕事(キャリア)のライフプランを考案することです。就職活動における自己分析や業界研究の際によく耳にする言葉で、「将来の目標」とそれに向けた「計画」を考える一連の流れのことを指します。

もともとはアメリカで広まった考え方ですが、現在は日本でも注目されています。以前の日本は「年功序列」が一般的であり、「自分はどのようなキャリアを歩むか」ということを考える機会があまりありませんでした。しかし、バブルが崩壊してからは一概に「一企業キャリアで終身雇用が良い」とは言い切れなくなり、働き方が多様化しました。つまり、自らキャリアを選択する必要が出てきたのです。それに伴って現代ではキャリアプランニングの重要性が考えられるようになり、専門家が育成されたり教育機関が講義として採用したりしています。

「漠然と将来の事について考えていて、中々前に進む事ができない」と悩む方も多いかと思いますが、「キャリアプランニング」という分野では専門家による蓄積された知見に沿って、スムーズに計画を考えていくことができます。

具体的に何をするのか

具体的には、「ジャンルごとのゴール設定」「やりたいこと・やりたくないことリストの作成」「詳細な行動に落とし込む」などの作業を行います。まずは「仕事」や「人脈」などのジャンルそれぞれに大きな目標を設定し、続いて細かいアクションを考えます。これを繰り返す事により自分自身にキャリアプランを刷り込み、実現のために行動することができるようになります。

2.キャリアプランニングでできること

キャリアプランニングという言葉が注目されていることは分かりましたが、そもそもキャリアプランニングをすることでどんな効果が得られるのでしょうか。

目標を持って行動することができる

まず、もっとも分かりやすい効果が「目標を持って行動することができる」というものです。学校教育や職場で「目標を持つことが重要」ということは何度も教え込まれますが、しっかりとキャリアプランニングをする時は目標に向けた「具体的な行動」を言語化します。こうすることでアクションに意味づけをし、自分を理想のキャリアと近づけることができます。

ただし、決めた目標は絶対にクリアしなければならないわけではありません。途中で目標が変更してしまっても問題なく、目標に向けて行動を起こす事により実績が増えたり成長したりすることに意味があるのです。

自分の現在の実力を知ることができる

キャリアプランを実現するためには、「自分の能力を正しく把握する能力」、いわゆる「メタ認知能力」が非常に重要になっています。具体的には、「自分は何ができて、何ができないのか」「自分の強みは何で、限界はどこなのか」などを正しく理解するということです。

キャリアプランニングを行うとき、「自分の強みを知る」などのポジティブな自己分析をする必要があるのはもちろんですが、「自分が苦手な事」などのネガティブな自己分析も含んだ「人生の振り返り」もしなくてはなりません。こうすることにより目標と現在の自分とのギャップを把握し、その溝を埋めることができるのです。

3.キャリアプランを作るデメリット

思考が頑固になってしまう恐れ

キャリアプランをしっかり作れば作るほど、「そのプランから逸れてはいけない」と考えてしまう可能性が高まります。「キャリアプランニングで決めたことだから」という理由で身体を壊してしまったり、大きなチャンスを逃したりすることは決して良い事ではありませんよね。将来のキャリアを理想的なものにするために計画したのに、キャリアの可能性の幅を狭くしてしまっては元も子もありません。

「キャリアプランは変えてもいい」と考えよう

キャリアプランは、あくまでも自分を成長させるために考えるものです。もしも実行の途中で「変えた方がいいかもしれない」と思ったら、愚直にキャリアプランを守る必要はありません。将来的にプラスになる事に対しては、過去の決定に関わらずフレキシブルに対応することが重要です。

目標を立てる事も重要ですが、それ以上に「行動」していくことが大切です。間違っていると思ったらいつでも修正可能だと考え、場合によってはキャリアコンサルタントなどからアドバイスをもらいつつバランスを調整しましょう。

 

キャリアプランニングは、自分の仕事のライフプランを考案することだと述べました。理想的な働き方を実現するためには、まず長期的な目標(理想)を立てる必要があります。キャリアプランニングの考え方を活用し、ひとつひとつ実行していくことで将来と現在のギャップを埋めていきましょう。

4.社会の実状と現実を理解しよう

キャリアプランとは、ある意味では自分の中で指針を作る作業と言えます。
覚悟を決める、熱意を固める、計画を固める上で最も重要な要素で在る事は間違いが無いです。

しかし、自分の中で指針を作ったとしても結局は、社会が自分をどのように考えるのかを見ていく必要があります。
その為、社会と自分はどのような乖離があるのかを意識し、対策をしていく事が求められるものと言えます。

社会は常に変化している

キャリアプランニングに置いて最も重要な要素である、社会性について前段記載をしましたが、社会は常に変化をしています。
VUCAの時代と呼ばれる、世の中がどうなるのか読めない時代になりました。
「VUCAとは、Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguityの頭文字を取った造語で、社会やビジネスにとって、未来の予測が難しくなる状況のことを意味します。」

例えば、日本の人口は少子高齢化へ向かっているという現実。日本は30年間経済成長をしていないという現実。
枚挙に暇がないエビデンスが存在します。

このようなエビデンスから、社会の構造が変わり、産業が定義化され、そして、自分自身のキャリアに落ちていきます。
社会の在り方と自分の在り方をすり合わせる事で、より強固で強い在り方を目指す事が出来ます。

社会を捉える適切な目線

キャリアプランニングをしていく中で、重要な目線はマクロの視点とミクロの視点です。
マクロとは、社会の大きな動き。例えばパチンコ業界は〇〇兆円の産業規模。ブライダルは〇〇兆円など。
常に産業には大きさが存在し、収益が出来ていく為の流れが存在します。

この流れを具体的に意識する事によって、大きな流れとして業界を理解する事が出来ます。

一方ミクロの視点とは、そこの業界にはどのような人間が働いており、タイムスケジュールはどのような内容なのかなど。
数字では表されづらい細かく、小さく、身近な出来事として捉える視点です。

マクロとミクロの視点で社会と向き合う事で、より大きな動きと考えを見つける事ができます。
社会を突き進む上で、このような視点も軽視せず、取り組む事で、また新たな発見と気づき、そして強固なキャリアプランニングの基盤が出来ていく事となります。

ジョブトラ20sの思想と考え

私達は、入社3年後のミスマッチをなくす。という理念を掲げ、
1人1人の人生に沿って、本当の意味でミスマッチを無くす為の努力をしてきております。

転職業界は社会問題と隣り合わせとなっている。

特に昨今の転職活動は、ネットにおける活動が主流化した事により、正しい情報の取得が難しくなり、判断軸に振れ幅が生じている事が社会問題となっております。ジョブトラ20sのプロ意識は、1人1人の人生と向き合い、より良いキャリアの提案になります。

妥協をしないキャリア、人生の在り方、ミスマッチの無い世界を作る事。
人生を賭けて転職活動をされる皆様と、同じ熱量を持って取り組む事を、私達のプロ意識としております。

ジョブトラ20sでは、年間数千名のキャリア支援を行ってきており、1人1人の人生に向き合いキャリアの支援をしてきております。
転職支援、という一つの側面だけではなく、個々人の人生に合わせたキャリア支援をしてきております。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

今すぐキャリアを変えるような意思決定でなくても構いません。
これからの社会はより、厳しく、生き残る為できうる限りのことを御力添え致します。

良質な事実と情報、そして倫理と道徳を持った専門家の存在が必要だと思っております。
少しでも気になる事、話してみたい事がありましたら、お気軽にご登録下さいませ。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

最後までご覧頂き心より感謝申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)