キャリアアップマガジンTOP  >   キャリアプランニングとは何か?その効果とメリット・デメリット

キャリアプランニングとは何か?その効果とメリット・デメリット

 2018年1月18日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

人生の目標を立てて、行動していくための「キャリアプランニング」という考え方が注目されています。今回は、そんなキャリアプランニングのメリットとデメリットの両方を確認していきます。

1.キャリアプランニングとは

「キャリアプランニング」とは、自分の仕事(キャリア)のライフプランを考案することです。就職活動における自己分析や業界研究の際によく耳にする言葉で、「将来の目標」とそれに向けた「計画」を考える一連の流れのことを指します。

もともとはアメリカで広まった考え方ですが、現在は日本でも注目されています。以前の日本は「年功序列」が一般的であり、「自分はどのようなキャリアを歩むか」ということを考える機会があまりありませんでした。しかし、バブルが崩壊してからは一概に「一企業キャリアで終身雇用が良い」とは言い切れなくなり、働き方が多様化しました。つまり、自らキャリアを選択する必要が出てきたのです。それに伴って現代ではキャリアプランニングの重要性が考えられるようになり、専門家が育成されたり教育機関が講義として採用したりしています。

「漠然と将来の事について考えていて、中々前に進む事ができない」と悩む方も多いかと思いますが、「キャリアプランニング」という分野では専門家による蓄積された知見に沿って、スムーズに計画を考えていくことができます。

具体的に何をするのか

具体的には、「ジャンルごとのゴール設定」「やりたいこと・やりたくないことリストの作成」「詳細な行動に落とし込む」などの作業を行います。まずは「仕事」や「人脈」などのジャンルそれぞれに大きな目標を設定し、続いて細かいアクションを考えます。これを繰り返す事により自分自身にキャリアプランを刷り込み、実現のために行動することができるようになります。

2.キャリアプランニングでできること

キャリアプランニングという言葉が注目されていることは分かりましたが、そもそもキャリアプランニングをすることでどんな効果が得られるのでしょうか。

目標を持って行動することができる

まず、もっとも分かりやすい効果が「目標を持って行動することができる」というものです。学校教育や職場で「目標を持つことが重要」ということは何度も教え込まれますが、しっかりとキャリアプランニングをする時は目標に向けた「具体的な行動」を言語化します。こうすることでアクションに意味づけをし、自分を理想のキャリアと近づけることができます。

ただし、決めた目標は絶対にクリアしなければならないわけではありません。途中で目標が変更してしまっても問題なく、目標に向けて行動を起こす事により実績が増えたり成長したりすることに意味があるのです。

自分の現在の実力を知ることができる

キャリアプランを実現するためには、「自分の能力を正しく把握する能力」、いわゆる「メタ認知能力」が非常に重要になっています。具体的には、「自分は何ができて、何ができないのか」「自分の強みは何で、限界はどこなのか」などを正しく理解するということです。

キャリアプランニングを行うとき、「自分の強みを知る」などのポジティブな自己分析をする必要があるのはもちろんですが、「自分が苦手な事」などのネガティブな自己分析も含んだ「人生の振り返り」もしなくてはなりません。こうすることにより目標と現在の自分とのギャップを把握し、その溝を埋めることができるのです。

3.キャリアプランを作るデメリット

思考が頑固になってしまう恐れ

キャリアプランをしっかり作れば作るほど、「そのプランから逸れてはいけない」と考えてしまう可能性が高まります。「キャリアプランニングで決めたことだから」という理由で身体を壊してしまったり、大きなチャンスを逃したりすることは決して良い事ではありませんよね。将来のキャリアを理想的なものにするために計画したのに、キャリアの可能性の幅を狭くしてしまっては元も子もありません。

「キャリアプランは変えてもいい」と考えよう

キャリアプランは、あくまでも自分を成長させるために考えるものです。もしも実行の途中で「変えた方がいいかもしれない」と思ったら、愚直にキャリアプランを守る必要はありません。将来的にプラスになる事に対しては、過去の決定に関わらずフレキシブルに対応することが重要です。

目標を立てる事も重要ですが、それ以上に「行動」していくことが大切です。間違っていると思ったらいつでも修正可能だと考え、場合によってはキャリアコンサルタントなどからアドバイスをもらいつつバランスを調整しましょう。

 

キャリアプランニングは、自分の仕事のライフプランを考案することだと述べました。理想的な働き方を実現するためには、まず長期的な目標(理想)を立てる必要があります。キャリアプランニングの考え方を活用し、ひとつひとつ実行していくことで将来と現在のギャップを埋めていきましょう。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)