ジョブトラ20s TOP  >   面接で「キャリアプラン」を聞かれた際の答え方とは?職種別解答例も紹介!

面接で「キャリアプラン」を聞かれた際の答え方とは?職種別解答例も紹介!

 2018年1月22日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

就職・転職活動の面接では、キャリアプランを聞かれることがあります。将来についての質問は、しっかりと準備しておかないと回答に困る質問でもあります。そこで今回は、企業がキャリアプランを聞きたい事情、さらに適切な回答のコツについてご紹介します。

1.企業はなぜキャリアプランを聞くのか

就職活動・転職活動の面接において、「ご自身のキャリアプランについてどうお考えですか?」「将来の目標を教えてください」などの質問を投げかけてくる企業は少なくありません。将来のことなので、いきなり聞かれると困ってしまう方もいるかと思いますが、企業側にも応募者のキャリアプランを聞きたい事情があるのです。

応募者の意欲をチェックしたい

企業や業界についてしっかりと調べていないと、明確なキャリアプランを語ることはできません。翻せば、応募した企業のどの部分に共感や魅力を感じ、自分のキャリアプランとどう関連しているのかを答えることができれば、入社に積極的であることをアピールするチャンスでもあるのです。

ミスマッチを防ぎたい

また企業側は、「企業が手伝うことのできるキャリアプランかどうか」というのも面接で確かめておきたいポイントです。語られたキャリアプランと企業が与えられるキャリアパスに関連性がないと、応募者が入社した後に「ここで働いていても実現できない」と感じモチベーションが低下してしまう恐れがあります。そのようなミスマッチを防ぐべく、企業は「将来のキャリア」についての考え方を知りたがっているのです。

2.キャリアプランの答え方のコツ

自分の目標と企業とを関連づける

キャリアプランニングを行った際に設定したゴールとそれに向けた計画の中で、その企業はどこに位置しているのでしょうか。それは人によって、「スキルを身につけるための場所」であったり「独立のための準備」であったりすると思います。自分の目標を達成するために、企業がどのような役割を持っているのかをもう一度確認しておきましょう。

目標を具体的に伝える

高い成果を上げるためには、しっかりとした目標を設定しなければなりません。逆に目標が曖昧だと、企業から「目標設定力のない人」と思われてしまう恐れがあります。したがって目標を聞かれた時は、最低でも「何歳までに、どこで、どうなっていたい」といったように5W1Hを基本とした情報を含め、具体的に伝えられるように準備しておきましょう。

目標達成のために現在している努力、会社に入ってからの努力を伝える

面接でキャリアプランを聞かれた際は、「目標を達成するためにしている努力」も同時に伝えましょう。すると、理想を掲げるだけでなく実際に行動できる人材であることをアピールすることができます。

また、それに続いて「入社後にどのような形で努力を続けるのか」も具体的に伝えられると、より信頼の置けるキャリアプランになるでしょう。

3.職種別キャリアプランの回答例

ここまで、キャリアプランの答え方のポイントを解説いたしました。続いて、「キャリアプランを教えてください」と聞かれた際の職種ごとの具体的な回答例をご紹介します。

営業職のキャリアプラン例

将来的には、御社で営業企画として営業組織をサポートしていきたいです。もともと営業としてお客様と直接コミュニケーションをとっていた経験があり、売り上げという強い数字意識のもと業務を行っていたので、市場を捉える際に役立つと考えるためです。そのためにまずは営業として成果を上げ、実力が身についてきた段階で営業企画にシフトしたいと考えています。

エンジニア系のキャリアプラン例

現在はアプリケーションエンジニアの資格を取得するために表現力や読解力のトレーニングを行っており、その資格が取得できたら管理業務を行うため10年以内にプロジェクトマネージャーの資格も取得したいと考えています。入社後10年間はとにかく知識を身につけなければならないと考えているため、まずはシステムエンジニアとして一人前になり、その後の業務に繋げていきたいです。

バックオフィス系のキャリアプラン例

御社に入社することになりましたら、人事の教育担当として御社のビジネスの成果に貢献したいと考えています。その理由は、オートメーション化が進む中で、人の教育に関してはAIによる代替が難しいと感じているからです。ただし人事としてどの担当に配属されても問題ないように、まずは人事として広く深い知識を身につけて、実行していく力を得ていこうと考えています。

 

面接でキャリアプランを語る上では、人事担当者や採用担当者に「それなら、うちの会社しかないね」と思わせることが重要です。そのためには企業が面接でどんな情報を求めているのかを汲み取り、有効なキャリアプランを伝えられるようにしておくと良いと思います。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)