キャリアアップマガジンTOP  >   職業訓練の面接と入校式の服装は?やっぱりスーツのほうがいい?

職業訓練の面接と入校式の服装は?やっぱりスーツのほうがいい?

 2018年2月1日  Posted by  編集部


職業訓練を受講するためには、一般的に面接試験や学科試験を受けなければなりません。その面接の際、服装はどのようなものを身につけていけば良いのでしょうか?

今回は面接での服装に加え、入校式や訓練中の服装についてもご紹介します。

1.職業訓練の面接での服装は私服でもいいの?

就職に向けてスキルを身につけるために受講する「職業訓練」ですが、誰しもが受けられるわけではなく面接試験および学科試験が課せられます。その際、どのような服装で試験を受けるのが望ましいのでしょうか?

やはり、スーツが無難

職業訓練の受講はハローワークなどで申請できますが、その際に「面接の服装はカジュアルでも大丈夫」と伝えられることがあります。もちろんその通りで、本格的な冠婚葬祭の正装である必要はないでしょう。しかし「就職への意欲」を見るための面接ですので、できるだけ社会人を意識した服装、つまりスーツで受けた方が無難といえます。

むしろ、ハローワークから「職業訓練の面接はカジュアルでも大丈夫」と伝えられている人が多いため、スーツで面接に挑むことにより他の応募者よりも強い意気込みを持っているという印象を与えられることができるでしょう。逆に、スーツで面接を受けるデメリットは無いと言っても良いのではないでしょうか。

スーツ、靴、カバン選びの基準

服装を選ぶ際は、とにかく「真面目でさわやか」なイメージで選びましょう。今はさまざまな色のスーツが販売されていますが、通常のビジネスマンと同じ「黒・紺・グレー」を選ぶと良いかと思います。ジャケットを着用し、男性の場合はベルトや靴は濃いめの茶色にしても良いかもしれません。また、ワイシャツの下には色付きのTシャツなどを着用しないようにしましょう。

さらに、服装に合わせて髪型や装飾品も控えめにしておきましょう。髪型・装飾品が自由である場合もありますが、書類選考の合格後に問い合わせるほうが無難かと思います。男女ともに金髪や明るい茶髪は避け、明るい印象を与えるために顔が見えるようにカットもしくはセットをしておきましょう。また、強いパーマをかけている方は、戻しておいたほうが良い場合もあります。

参考記事:「若手のビジネスパーソンこそ、職業訓練で手に職をつけよう
参考記事:「職業訓練の面接、どんな自己PRが効果的?ポイントと例文を解説!

2.スーツがない場合はどうしたらいい?

とは言っても、場合によっては「どうしてもスーツが用意できない」という方もいるかと思います。その場合はどうしたら良いのでしょうか。

スーツ以外にOKな服装はこれ!

職業訓練は「これから就職する方を応援するための制度」ですので、スーツでなくても面接に挑むことができます。ただし「真面目でさわやか」という印象で勝負するため、スーツに近い服装、つまり「地味な色」「なるべくフォーマルな服装」にすると良いでしょう。

具体的には、男性であればグレーかベージュのチノパン、そしてテーラードジャケットがおすすめです。女性の場合は、色柄の少ないワンピースなどでも良いでしょう。靴も同様に、単色+茶・黒・グレーなどの地味な色使いにしておきましょう。

絶対にNGな服装は?

面接は「出勤」と同等であると考え、派手な服装・ラフな服装は避けましょう。具体的には、色の薄いジーンズや原色使いのスカート、タンクトップ、半ズボン、サンダルなどはNGです。また、大きなアクセサリーや金髪なども好ましくないかと思います。あくまでも就職の意欲を伝えるための面接なので、就職後も意識しているということをアピールする必要があるのです。

3.入校式、訓練中の服装

面接を終え、実際に職業訓練を始めるという際にも、服装を意識する必要があります。入校式や訓練中では、どのような服装が好ましいのでしょうか?

基本的には面接時よりラフな服装でOK

職業訓練においては、基本的に面接後はある程度ラフな服装でも問題ありません。つまり、かならずしもスーツで臨む必要はないということです。イメージとしては、男性の場合「落ち着いた色のチノパン+シャツ+ジャケット+カジュアルな革靴」、女性の場合「落ち着いた色のスカート+シャツ・ブラウス+ジャケット+パンプス等」と考えておくと良いでしょう。

とはいえ、職業訓練の職員はスーツを着用している

ただし、入校生はラフな服装であるとしても、職業訓練の職員は全員スーツもしくは正装で入校式や訓練に参加するわけです。そのことを考えて、柄の多いシャツや金髪など「あまりにもカジュアルすぎる服装」は避けた方が良いでしょう。あくまでも「これから就職を目指してスキルを身につけていく」という意気込みで入校するわけですから、TPOを意識した服装であるほうが好ましいでしょう。もちろん、面接と同様にスーツで参加しても全く問題ありません。

 

職業訓練の面接ではスーツが無難、そして入校式や訓練中はスーツでなくても、なるべくフォーマルな服装が良いでしょう。職業訓練は就職を目指す場です。決して競争率も低くありませんので、合格するためには就職への意欲が伝わるように服装や髪型などにも注意を払う必要があります。


Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)

;