キャリアアップマガジンTOP  >   OB訪問はスーツかそれとも私服?【男女別】私服選びのポイントも解説

OB訪問はスーツかそれとも私服?【男女別】私服選びのポイントも解説

 2018年2月1日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

OB訪問の際の服装は、第一印象を決める重要な要素です。しかし、スーツで行くべきなのか私服で行くべきなのか分からない方も少なくないはず。今回は、OB訪問の服装選びのポイントを状況別・男女別に解説していきます。

OB訪問時の服装はスーツ?それとも私服?

新卒における就活だけでなく、転職活動においても役立つ情報を得ることができるOB訪問。「就職活動の一環とは言っても面接ではないので、服装に悩んでしまう」という方も多いのではないでしょうか。OB訪問はスーツと私服、どちらで行くべきなのでしょうか。

指定がないときはスーツで

「スーツか私服か」の二択でしたら、「私服で来てください」という指定がない限りはOB訪問は基本的にスーツで行くようにしましょう。これは、たとえ企業が休日の場合であっても同様です。スーツはビジネスシーンの服装で、相手への敬意を示すものでもあります。自分の仕事もあり忙しい中、就活生のためにわざわざ時間を割いてくれるわけですから、服装から礼儀正しくしておくべきでしょう。またOB訪問では直接的な先輩だけではなく、先輩の上司にあたる人間とも顔を合わせる場合もありますから、スーツが無難といえるでしょう。

場所と相手で使い分ける

例外として、OB訪問の前に関係を築いている知り合いを訪問する場合や、企業の外で会う場合は私服でも問題がないことが多いです。サークルやアルバイト先の先輩など仲の良い関係であれば、ある程度服装については許容範囲が広いと考えられます。ただし、「知り合いの紹介で面識のない会社へ訪問する」という場合はスーツで訪問するのがマストです。

また、訪問する企業の社風にも要注意。たとえばITベンチャーのような若い企業で私服が通常の場合、あまりかっちりしたリクルートスーツですと逆に浮いてしまいます。スーツでもグレーに茶靴などのライトな感じを入れたり、オフィスカジュアルで行くなど臨機応変に対応しましょう。

スーツの場合のポイント

基本はいつも着ているスーツでOK

では「どのようなスーツで行くべきなのか」ですが、基本は普段使っているリクルートスーツなどで良いでしょう。イメージとしては、黒色の無地ジャケット+パンツに白色のシャツなどです。ネクタイは落ち着いた色であればどのような色でもよく、原色使いの派手な赤やゴールドなど特殊な色使いでなければ問題ありません。

オフィスカジュアルの例

厳密にはスーツではありませんが、ドレスコードのひとつとして「オフィスカジュアル」というくくりがあります。これは男性の場合「チノパンにテーラードジャケット、無地の白いシャツ」などのいわゆる「きれいめ」な服装を差します。イメージとして、アナウンサーの服装を想像すると良いでしょう。また靴はスニーカーやサンダルではなく、革靴を選びましょう。

クールビズの例

暑い時期にクールビズでのOB訪問が可能な場合は、シャツの下に着るインナーの色に注意しましょう。ジャケットを羽織らない・ネクタイを締めないわけですから、インナーの色が強く透けてしまうと目立ってしまいます。透けづらいインナーの色は灰色・ベージュと言われているので、事前に鏡で確認をしておきましょう。また、室内に冷房が効いている場合も想定し、シャツは長袖を着ていくことをおすすめします。

私服の場合のポイント

ここまで、OB訪問をスーツで行う際のポイントを説明しました。では、「私服で来てください」という指示があった場合はどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。

男性編

きれいめな服装を心がけましょう。ジャケットはテーラードジャケット、パンツはベージュ・灰色・黒などのチノパンが良いかと思います。いわゆるカーゴパンツやサルエルパンツ、ダメージの入ったジーンズなどはラフすぎるため、避けた方が良いでしょう。またシャツは襟付きの無地、靴はスニーカーなどではなく革靴にしておくと良く、「おしゃれネクタイ」等のアクセサリーは身につけないほうが無難です。

業種にもよりますが、男性の場合は染髪の印象があまり良くない場合が多いため、なるべく黒髪にしておきましょう。基本的に髪型は減点方式ですので、ワックス等の使用も最小限に抑えておいた方が良いかと思います。

女性編

女性の場合は、ワンピース+ジャケットといった服装が無難だと言われていますが、ワンピースでなくパンツでも問題ありません。シャツやブラウス、靴も同様に落ち着いた色・柄なしをチョイスしましょう。また髪型については、金髪などの派手な色は避け、顔が見えるようにまとめておきましょう。ロングヘアーの場合、後ろを1つに結んでおくと爽やかな印象になります。

私服とはいえ、オフィスを意識した服装を

男女共通事項として、OB訪問ではなるべくオフィスを意識した服装を身につけることを心がけましょう。いわゆる「オフィスカジュアル」ほどフォーマルでなくでも、「きれいめ」というテーマで選べば失敗することはありません。また、「私服でもいいですよ」と伝えられた場合にスーツで訪問しても問題ありませんから、迷った場合はスーツを着用しても良いでしょう。

 

OB訪問の服装は基本的にスーツが無難であること、また私服で赴く際はオフィスカジュアルを意識した服装にしておくべきということを述べました。ビジネスにふさわしい服装を心がけ、失敗のない服装選びでOB訪問を効果的なものにしましょう。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)