ジョブトラ20s TOP  >   転職活動で弱みを聞く理由って何? 上手な答え方をレクチャー! 

転職活動で弱みを聞く理由って何? 上手な答え方をレクチャー! 

 2021年12月19日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

転職活動でよく聞かれる質問の1つである「あなたの弱みは? 」という質問。あなたは上手に答えられますか? 実は意外と多くの方が知らない弱みを聞く理由と、うまい答え方のコツをご紹介します。ぜひ役立てて面接突破してください。

面接担当者が短所・弱みを質問する意図は?

短所や弱みの質問をなぜ聞くのか、その意図を4つご紹介していきます。

応募者の弱みが仕事にどんな影響を与えるか

応募者が抱えている弱みが自社の仕事に大小どちらの影響を与えるのかで、採用するかどうかが決まると言ってもいいほどです。企業としても取らなくてよいリスクをあえて取ることはしないので、お互いにとって幸せな就職を実現するための大切な線引きとなっているのです。

自分自身を客観視できるか

弱みを把握できているということは、自分自身を客観視できているということです。弱みを克服するのに一番ネックとなるのは、弱みを把握していないことです。自分自身で認識できていれば改善が可能ですが、認識させるのには非常に時間がかかります。できるだけ早く戦力化したい企業にとって、求職者がその素養を持っているかは重要なポイントだと言えます。

短所・弱みを克服しようとしているか

短所や弱みをどのように改善しようとしているのかを聞くことで、効率的な改善方法を自分で考えられる人材かそうでないかがわかります。また、克服する意欲を持っているかで、今後の成長度合いを推し量ることができます。

ネガティブなことを上手に人に伝えられるかどうか

弱みをどのように改善しようとしているか質問をすることで、仕事でミスをしたときの対応を見られています。ミスしたときでも、冷静に現状を共有し、改善方法の検討、確認ができればすぐに鎮火することもできます。弱みの改善にも同じことが言えます。

短所・弱みを伝えるときのポイント

短所・弱みを伝えるときのポイントとして2つがあります。

長所・強みと短所・弱みを表裏一体で考えておく

基本的に長所と短所は表裏一体です。例えば一生懸命に努力するという長所は周りが見えなくなるという短所も秘めています。弱みを答えるとともに、聞かれていない長所についてもアピールすることができます。

弱み単体で答えてしまうと、どうしてもそこだけ突っ込まれてうまく返せなくなることも考えられます。失敗しにくい方法を知り、弱みを伝える練習をしておきましょう。

乗り越えるためにどんな努力をしているのかを合わせて伝える

例えば、「周りが見えなくなってしまう」という弱みであれば、「話しかけられたら答えられるようにしている」などと具体的な対策を伝えましょう。「話しかけやすい雰囲気を作るために、日頃からチーム内のメンバー全員にローテーションで休憩時間に話しかけるようにしている」「どれだけ忙しくても笑顔をキープし、話しかけられたら手を止めて対応するなど、次からも話しかけられやすい状態を心がけています」などと伝えれば、弱みの改善にも取り組んでいるのだと好印象を与えられます。

短所・弱みを伝えるときに気をつけるポイント

短所・弱みを伝えるときに気をつけるポイントについても4つご紹介します。

嘘はつかない

後々ボロが出る可能性もありますので、嘘はやめましょう。嘘をつくこと自体が短所であり、採用担当の目の前で信用を失う行為をしているため、改善されないと判断されてしまいます。

短所・弱みがないという回答はNG

こちらは先ほどお伝えした自分自身を客観視できていないと判断されるためです。短所・弱みがないという方は傲慢で自分の意志を曲げないため、上司にとっては使いづらいと感じる部下となります。そんな方を採用したいと思う企業はありませんので、注意しましょう。

自己PR・長所と矛盾しないように

自己PRや長所でも同じようなことを聞いた、あるいは表裏一体と言いながら先ほどのPRとズレがあるなどの場合は、一気に信用が失われます。矛盾していると捉えられる可能性のある表現は避け、納得してもらえそうな短所・弱みを選ぶようにしましょう。いくつか用意しておくと、企業の方向性に合わせてアピール内容を変えられるのでより説得力を増したアピールができます。

容姿や生活スタイルなど仕事に直接関係のないことは伝えない

こちらも客観視と近しいですが、仕事との線引きができない方と認識されてしまう可能性がありますので、関係ない話をするのはやめましょう。仕事に絞って伝えるのが無難です。

短所・弱みからアピールにうまく転換しよう!

「弱み=マイナス」と捉えがちですが、プラスに転換することができれば、長所よりも見直される可能性が高いです。弱みの選び方や伝え方などを参考にして、あなたの魅力を最大限アピールして合格を勝ち取ってください!

ジョブトラ20sの思想と考え

私達は、入社3年後のミスマッチをなくす。という理念を掲げ、
1人1人の人生に沿って、本当の意味でミスマッチを無くす為の努力をしてきております。

転職業界は社会問題と隣り合わせとなっている。

特に昨今の転職活動は、ネットにおける活動が主流化した事により、正しい情報の取得が難しくなり、判断軸に振れ幅が生じている事が社会問題となっております。ジョブトラ20sのプロ意識は、1人1人の人生と向き合い、より良いキャリアの提案になります。

妥協をしないキャリア、人生の在り方、ミスマッチの無い世界を作る事。
人生を賭けて転職活動をされる皆様と、同じ熱量を持って取り組む事を、私達のプロ意識としております。

ジョブトラ20sでは、年間数千名のキャリア支援を行ってきており、1人1人の人生に向き合いキャリアの支援をしてきております。
転職支援、という一つの側面だけではなく、個々人の人生に合わせたキャリア支援をしてきております。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

今すぐキャリアを変えるような意思決定でなくても構いません。
これからの社会はより、厳しく、生き残る為できうる限りのことを御力添え致します。

良質な事実と情報、そして倫理と道徳を持った専門家の存在が必要だと思っております。
少しでも気になる事、話してみたい事がありましたら、お気軽にご登録下さいませ。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

最後までご覧頂き心より感謝申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)