キャリアアップマガジンTOP  >   会社にばれないように転職活動をするための6つのポイント

会社にばれないように転職活動をするための6つのポイント

 2018年2月3日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

転職活動をしているときに注意しなければならないのが、転職活動をしていることが会社にばれてしまうことです。仮に会社にばれてしまうと評価が下がったり、人間関係が悪化したりする危険性があります。また、退職を防ごうと説得されたり、妨害されたりして転職活動が失敗に終わることも考えられます。転職を成功させ、円満退社するためにも、転職活動は現在の会社に極秘で行わなければなりません。いつどこで転職活動がばれるかわからないので、日頃から細心の注意を払いましょう。

転職活動がばれてしまう原因


それでは転職活動がなぜ会社にばれてしまうのか、その理由を見てみましょう。

同僚や上司に相談

ついつい、同僚や上司に口を滑らせてしまうのが一番の原因です。休憩中や食事をしていると気が緩み、「会社を辞めようと思っています」「転職しようかな」と言ってしまいそうになることもあると思いますが、ホンネを漏らしてしまうのは厳禁です。仮に冗談っぽく言ったとしても、同僚や上司が心配して詮索した結果、ばれる可能性があります。

社内で応募先企業からの電話に対応

転職活動をしていると、応募先の企業から、面接の日程や合否通知のために携帯に電話がかかってくることがあります。電話の話し声は誰かに聞かれていると思いましょう。また、普段携帯で電話をすることがない人が、携帯で頻繁にどこかに電話するようになったという変化も、転職がばれる要因の1つです。

早退や有給休暇を取る頻度が増える

面接のために早退や有給休暇を取得する必要も出てくるかもしれませんが、あまりにも頻度が多いと勘ぐられる場合があります。特に今まで休まず、勤務時間はきっちり会社にいる、真面目な人ほどばれる可能性が高まります。

今の仕事の手を抜く

転職活動をしていると、「どうせ転職するのだから」という気持ちも出てきて、今の仕事に対して適当になる人が多いのではないでしょうか。自分ではしっかりやっているつもりでも、気を緩めていると仕事がそれに表れてきます。

また、勤務時間後や休日に面接に行ったり、履歴書や職務経歴書などの準備をしたりすることで疲れてしまい、仕事に身が入らないということもよくあることです。

ばれずに転職活動を進める方法


それでは次に会社にばれずに転職活動をするためのポイントを見てみましょう。

職場で口外しない

上司はもちろん、冗談や愚痴を言い合える仲が良い同僚にも転職活動をしていることは絶対に口外しないようにしましょう。ほんの些細なことでも、それが会社に伝わって転職活動の失敗につながってしまう可能性もあります。

休日に活動する

仕事をしている応募者向けに、休日も面接をしてくれる会社も多くなりました。スケジュール調整に柔軟に応じてくれる企業であれば休日に面接のアポを取って、有給休暇の取得や早退はやむを得ない場合のみにとどめましょう。

着替えは社外でする

私服や制服で勤務している職場で働いていて、勤務時間が終わった後に面接に行く場合はスーツに着替えなければなりません。しかし、普段必要性がないスーツを着ていると、転職活動をしているということがすぐにばれてしまいます。また、「副業をしているのではないか」というように、あらぬ疑いをかけられてしまう危険性もあるので、必ず着替えは社外でしましょう。

転職サイトを見るのは通勤の時間帯に

ついついスマホで休憩時間中に、仕事中にパソコンで転職サイトを見てしまうということもあるかと思いますが、転職サイトを見ているのを誰かに見られたら一発でばれます。気になる気持ちはわかりますが、勤務時間以外に転職サイトをチェックしましょう。

転職活動用のフリーメールアドレスを作る

会社のメールアドレスや仕事で使っているメールアドレスを、転職活動で使うのもご法度です。応募先に送るはずのメールを間違えて上司に送ってしまうというミスをすれば、目も当てられません。また、社員のメールを監視している会社もあると言われています。転職活動用にフリーメールでも良いので、アドレスを作りましょう。

営業活動の時間を有効活用する

営業で外回りをしている人であれば転職活動もしやすくなります。周囲の目がないので、携帯で電話したり、転職サイトを見たり、メールで連絡したりすることが可能です。中にはスーツを着て営業に行くふりをして、面接に行くというツワモノも。後で発覚した場合、処分など取り返しがつかない事態になる危険性もあるので、ほどほどにしておきましょう。

転職活動がばれた後はどうしたらいい?


それでは仮に、転職活動が会社にばれてしまったときには、どのように対応すればいいのでしょうか?対策方法を解説します。

正直に話して、上司の理解や支援を得る

ばれてしまったら嘘を言ったり、ごまかしたりするのではなく、「正直に言いますと、転職を考えています」と誠心誠意、正直に話しましょう。ごまかしたところで、相手の疑念はますます深まるばかりです。

「今の仕事も良いのですが、前々から●●関係の仕事をしたくて」というように、なぜ転職したいのか、どうなりたいのか前向きに話せば、上司の理解を得られる可能性もあります。

上司も人間。誠意や熱意が伝われば、妨害するのではなくて、スムーズに転職ができるよう応援してくれるかもしれません。

妨害が始まったら、面接当日は体調不良で休む

転職活動を望海する方法の一つとして、有給休暇の取得を認めないという会社もあります。そうした状況で、面接が平日にあってどうしても休みを取得しなければいけない場合は、事前に申請するのではなく、面接当日に電話で「今日は風邪で熱があるので休みます」というように、仮病を使って休みましょう。
病気であれば「仕方ない」と納得してくれる可能性もあり、出社を強要することもできません。

今の仕事をきちんとこなす

転職活動をしている、あるいは転職が決まった後でも、今の会社で仕事をして給料をもらっているのに違いはありません。仮に転職活動がばれてしまっても、退職するその日までは社員の一員として仕事をきっちりこなす姿勢を見せれば、理解も得やすくなります。

また、実際に退職日まで仕事に手を抜かず、引き継ぎもスムーズに行えば円満退社にもつながります。

転職先の会社も大事ですが、それと同じくらい雇ってくれた今の会社を大切にする気持ちも必要です。

ばれずに行動し、転職を成功させよう

スムーズに転職するためにも、絶対ばれずに行動し、転職が決まってから退職届を出して打ち明けましょう。また、会社にばれてしまったら、誠心誠意正直に打ち明けて、理解を得られる言動を振る舞うことが大切です。注意するポイントは多いですが、転職を成功させるためにも、日頃の行いには十分に注意しましょう。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めての転職”で不安な方へ。
第二新卒の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)