ジョブトラ20s TOP  >   女性にとっての「楽な仕事」の特徴と職種ランキングトップ10

女性にとっての「楽な仕事」の特徴と職種ランキングトップ10

 2018年2月7日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

転職を考える際に、できれば今よりも「楽な仕事」に就きたいと考える人も多いでしょう。特に女性は家庭での役割が多くなりがちなので、託児所があったり残業が少ない職場は魅力的ですよね。では、そんな女性にとって楽な仕事や職場にはどんなものがあるのでしょうか?

女性にとっての楽な仕事の特徴とは?

実はこれが1番の問題?人間関係が煩わしくない職場

実は働く女性の多くが、職場の人間関係で悩んでいると言われています。女性特有の仲間意識や相手との関係づくりに起因する問題が多いのですが、一度関係性が崩れてしまうと、仕事の建前上でも関係性を修復することが困難になる場合が多いです。このへんを仕事とプライベートで割り切れない女性が多いようです。そのため、女性が転職や退職を考える理由で最も多いのが「人間関係」となっています。

女性の場合、人間関係の煩わしさのない仕事を選ぶと、かなりストレスから解放されるかもしれません。。工場でのライン作業など1人で黙々とこなす仕事や、逆に男性がある程度いるような仕事や部署に入ったほうが人間関係が良い場合もあります。

家庭との両立ができる!育児支援・時短勤務などの制度がある

厚生労働省がイクメンプロジェクトが立ち上げ、男性の育児休業取得率を現状の2.65%から2017年度には10%に、2020年度には13%に上げることなどを目標に掲げています。しかし、まだまだ女性のほうが子育ての負担が大きいのが現実です。

働くお母さんにとってありがたいのは、妊娠・出産を経ても働き続けられるサポートのある仕事です。産休や育休の取得はもちろん、休み明けに仕事復帰した際に子どもの預け先として託児所が完備されていたり、あるいは保育園のお迎えに間に合うように時短勤務ができることです。肉体的な負担もそうですが「子どもの世話の心配をしなくていい」というのは働くお母さんの精神的な負担も大幅に減らせます。

向き不向きはある?肉体労働や変化の大きい仕事

肉体労働や新しいことを覚えなければならない仕事は、人によってはかなり負担の大きい仕事と言えるでしょう。たとえば、運動やスポーツの苦手な人が運輸業や建設業などの現場での仕事を選べば、その負担は計り知れませんね。また、変化の大きい環境だと適応するのが大変……という人には、新しい知識を覚えたり、新規事業がどんどん立ち上がるような仕事は向いていません。

世の中には事務職や工場のライン作業のような単純作業を繰り返す仕事も、確かに存在しています。肉体的な負担の少ない仕事がいいという人は、自分に向いている仕事がないか探してみましょう。

女性にとって楽な仕事ランキング
その1 月残業時間20時間以内の仕事

女性にとってどんな仕事が楽なのか?をご紹介しました。では、実際にその「楽な仕事」の条件にあてはまりそうな仕事にはどんなものがあるのでしょうか?ランキング形式でご紹介していきます!まず1つ目は「月残業時間20時間以内」の職場が多い仕事のランキングです。(ランキングはリクナビNEXTの「残業時間20時間以内」の求人数より算出、全体の求人数に対する「残業時間20時間以内」の求人数を%で表示)

「月残業時間20時間以内」の職場が多い仕事のランキング

1位 医療サービス関連 (医療・福祉・介護):52%
2位 福祉・介護サービス・栄養 (医療・福祉・介護):50%
3位 一般事務・アシスタントなど (事務・管理):44%
4位 運用・保守・監視・テクニカルサポート (ITエンジニア):34%
4位 財務・会計・経理 (事務・管理):34%
5位 テレマーケティング・コールセンター (営業):33%
6位 化粧品・食品・香料関連 (素材・化学・食品・医薬品技術職):32%
7位 教育・保育・インストラクター・通訳・翻訳 (教育・保育・公務員・農林水産):30%
8位 総務・人事・法務・知財・広報・IR (事務・管理):27%
8位 物流・資材購買・貿易 (事務・管理):27%

「医療・福祉・介護」の職種が上位にランクインしました。医療系職種は就職先が病院などになることが多いため、交代制をしっかり取り職員のワークライフバランスを考えてくれている職場が多いのかもしれません。また、「事務・管理」の職種も3位、4位、8位と多くランクインしています。事務系職種は書類処理などは多いですが、自身でスケジューリングをしっかりすれば残業なく定時で帰れる職場もあるようです。

女性にとって楽な仕事ランキング
その2 育児支援制度や託児所がある仕事

2つ目は働くお母さんたちが特に気になる「育児支援制度や託児所がある」の職場が多い仕事のランキングです。これから結婚を控えていて転職を考えている方もぜひ参考になさってみてください。(ランキングはリクナビNEXTの「育児支援制度や託児所がある」の求人数より算出、全体の求人数に対する「育児支援制度や託児所があるの求人数を%で表示)

「育児支援制度や託児所がある」の職場が多い仕事のランキング

1位 テレマーケティング・コールセンター (営業):29%
2位 福祉・介護サービス・栄養 (医療・福祉・介護):27%
3位 金融系専門職 (専門職):24%
3位 医療サービス関連 (医療・福祉・介護):24%
4位 一般事務・アシスタントなど (事務・管理):20%
5位 教育・保育・インストラクター・通訳・翻訳 (教育・保育・公務員・農林水産):19%
6位 キャリアカウンセラー・人材コーディネーター (営業):18%
7位 小売・流通・外食・アミューズメント (サービス・販売・外食):16%
7位 旅行・ホテル・航空・ブライダル・葬祭 (サービス・販売・外食):16%
7位 総務・人事・法務・知財・広報・IR (事務・管理):16%
7位 交通(鉄道・バス)関連 (技能工・設備・交通・運輸):16%

1位に入った「テレマーケティング・コールセンター」は「月残業時間20時間以内」のランキングでも5位にランクインしています。託児所があるとは意外……! と思う人もいるかもしれませんが、女性の多い職場なので環境を整えているのでしょうね。また、「医療・福祉・介護」の職業はこのランキングでも2位と3位に入っています。医療系職種は人の命や健康に携わる大変な仕事ですが、そのぶん職員の働きやすさに気を配り、福利厚生をしっかり整えている法人が多いようです。

あなたにとっての「楽な仕事」とは?

いかがでしたか? 一口に「女性が楽な仕事」とは言っても、残業時間や福利厚生など、その人にとって働きやすい「楽な仕事」は違ってきそうですね。自分自身にはどんな条件があれば「楽な仕事」と言えるのか、じっくり考えてみてください。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)