ジョブトラ20s TOP  >   営業職に転職する際の「志望動機」はどう書けばいい?アピールするべきポイントと例文

営業職に転職する際の「志望動機」はどう書けばいい?アピールするべきポイントと例文

 2018年2月7日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

志望動機は思っていることをそのまま話すのではなく、書き方・伝え方を考えなければなりません。今回は、「営業職」への転職活動時の志望動機のポイントと例文をご紹介します。

まずは営業の種類を理解する

営業職への志望動機を考える前に、まずは営業について理解することから始めましょう。営業にはさまざまな種類があり、特徴が大きく異なります。

法人 or 個人

営業は、対象の顧客別に分類することができます。まず「法人営業」は、企業に対して営業するもので、BtoB営業と呼ばれることもあります。相手が企業ですので、アポイントを取ることが難しくない場合が多いでしょう。対して「個人営業」は相手が個人(消費者)となる営業で、BtoC営業と呼ばれます。個人相手の営業は休日が勝負となるため、休日出勤をしなければならない場合が多い営業方法でもあります。

有形 or 無形

売り込むものが有形か無形か、という分類もあります。「有形商材」を扱う営業は「形があるもの・物理的に触れることができるもの」を扱うもので、メーカーや製薬、不動産などで多い営業です。対して「無形商材」は主に「サービス」を指し、人材・コンサル・金融などの業界における営業はこれを扱います。

短期 or 長期

営業は、その戦略によって分類することもできます。「短期」の営業は、新規見込み客の開拓から成約までを短期間で一気に行う営業で、成果が出るまでの期間が短いことに特徴があります。「長期」の営業は見込み客を育成することから始まり、時間をかけて徐々に成約まで繋ぐための営業となります。

ルート or 新規

「ルート営業」と「新規営業」という分類方法もあります。「ルート営業」はすでに取引を行っている顧客を対象に行う営業で、それぞれの顧客との信頼関係を深める目的があります。対して「新規営業」はいわゆる「飛び込み営業」が多く、こちら側を全く知らない顧客に対して受注を促す営業です。個人に対してネット回線の契約を売り込む光景をイメージすると分かりやすいかと思います。

営業職の志望動機でアピールすべきポイント

数字や結果を出す覚悟

営業職の成果として企業から求められるのは、紛れもなく「数字」そして「結果」です。数字は売り上げに直結するため、営業職は企業の存続に関わる重要な仕事なのです。そのため、人と競争して成果を上げたり商品を売り込んだりすることが好きであること、実績を上げる覚悟があることを伝えると効果的です。前職が販売職などであれば、商品を売り込む世界に身を置いていた経験があることをアピールしても良いかもしれません。

顧客の課題を聴く(見い出す)力

営業職では顧客のニーズを見出して相手に合った提案をするので、まず最初に情報収集力が試されることになります。そのため、顧客の課題に耳を傾ける力があることを伝えるのも効果的です。また、これはルート営業であっても新規営業であっても求められるスキルとなります。過去に誰かの課題をヒアリングして解決したような経験があれば、アピールするべきでしょう。

トラブル対応力

どんな職種にも共通するポイントですが、特に営業職において「トラブル対応力」は非常に重要な能力です。教わったこと、マニュアルに沿った業務ができることも大切ですが、想定外の問題が発生したときに正面から受け止めて解決に臨む姿勢は重要となります。

営業職の志望動機の例文を紹介!

同業界・同職種で転職する場合

貴社(御社)は営業企画に力を入れているということで、業界内でもその営業のスタイルが特徴的です。現在勤務している会社では顧客のニーズに添った提案をしてきましたので、これまでの私の経験も十分に発揮でき、さらに新しいスキルを身につけることができる場であると確信しております。

異業界・同職種で転職する場合

前職では自動車のディーラーとして、個人のお客様への営業をしてまいりました。お客様のニーズに答えた的確な提案ができ、感謝の言葉をもらった時の嬉しさは素晴らしいものでした。そこに貴社(御社)での法人営業の経験を加え、営業職としてスキルアップをしたいと考え志望いたしました。

同業界・異職種で転職する場合

前職もアパレル業界でしたが販売職として勤務しており、そこで「お客様が本当に欲しいものは何だろう?」と考えることが増えました。そのため、貴社(御社)で営業職として、社会にとって必要なものを提案することを仕事にしたいと考えたため志望いたしました。

未経験の場合

現在勤務しているホテルでは、お客様に対するホスピタリティを重視して業務に取り組んでまいりました。私自身もお客様からの感謝の言葉はやりがいに直結しており、さらに深い信頼関係を築きたいと考えるようになりました。貴社(御社)のお客様を第一に考える方針に、ホテルでの業務経験を活かして貢献したいと考えています。

 

営業は未経験でも貢献できる可能性が高い職種ですが、その特徴をおさえて志望動機をしっかり考えておくことで、より内定に近づくことができます。書類選考や面接を突破するために、効果的に志望動機を伝えられるようにしておきましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)