キャリアアップマガジンTOP  >   転職エージェントのうまい使い方は?担当者の変更は可能?

転職エージェントのうまい使い方は?担当者の変更は可能?

 2018年2月14日  Posted by  編集部

ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

ジョブトラ20s
★非公開の優良ベンチャー情報を厳選紹介
・第二新卒&未経験業界への転職もOK
・20代で市場価値が高まるキャリアを提案
・選考フォローが手厚く、内定獲得率・年収UP率ともに高い
大注目の優良ベンチャー情報を得るなら、ジョブトラ20s

公式 

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

転職を手取り足取りサポートしてくれる転職エージェント。コミュニケーションを密にとる期間をとることが、相互理解を深めて転職を成功させる一番の近道です。

転職エージェントの利用の流れ

転職エージェントに登録してからまずは、エージェントとの面談があり、求人を紹介してもらえるまでにはしばらく時間がかかります。

具体的な期間は人によってさまざまですが、コミュニケーションを重ねることによって相互理解が深まるのです。結果として、自分に一番合った転職先を紹介してもらいやすくなります。

登録・面談前

転職エージェントに登録すると、エージェントから「一度面談のお時間をとりましょう」といったようなメールもしくは電話があるはずです。それまでに、履歴書や職務経歴書は前もって準備しておくといいでしょう。

面談よりも前に求職者の情報がエージェントの手元にあった方が、より突っ込んだ話ができるので転職活動もスムーズに進みます。

面談

一番大切なことは「自分が何のために転職エージェントを利用したのか」という理由をきちんと整理しておくことです。料理教室を例に挙げてみましょう。

「料理が上手になりたい」という願望の裏には「彼氏を喜ばせたい」「モテたい」「趣味を作りたい」など具体的な目的があるはずです。転職エージェントを利用するときも同じで、目的と目標をきちんとまとめておくことが大切なのではないでしょうか。

選考

一般的な面接フローは下記の通りです。

書類選考→面接日程調整(面接練習など)→面接(2〜4回)

最終面接を終えて結果がわかるまでは、早くて1週間、長くて2週間ほど。そのため、面接に進む前はいつから入社可能なのかをはっきりさせておく必要があります。

内定

上の流れの結果として、よくないパターンを紹介します。転職エージェントを複数利用していたとしましょう。

転職活動中に、自分の理想に近い、あるいは、良い条件の転職先があった場合。A社で内定が決まったからやっぱりB社の内定は辞退しよう、なんてことになれば、エージェントの信用を損なってしまうことになり、これ以降、エージェントからのサポートは期待できなくなってしまいます。

ダメなエージェントがやりがちな行動パターン

それではここからは、頼りないエージェントにありがちな行動パターンを取り上げます。今後転職エージェントを利用する際の参考にしてみてください。

いつも遅刻してくる

14時から面談の約束をしていたはずなのに、オフィスに行ったら平気で5分待たされたり、待ち合わせ場所に当たり前のように遅刻してくるパターンです。

時は金なりということわざがあるように、時間はお金と同様に貴重なもの。ましてや人を待たせて相手の時間を粗末にするとは言語道断です。

しかし、待ち合わせ場所に向かう途中に腹痛に見舞われてしまったり、クライアントとの電話が長引いてしまったりという可能性もあるので、批判的になりすぎず反面教師にしましょう。

希望やスキルにマッチしない求人ばかりを勧めてくる

一番最初の面談で話した希望条件とは、まったく違った求人ばかりを勧めてくるパターンです。『最寄駅からオフィスまで徒歩5分以内で残業がない職種』と希望したのに、『残業が多めで駅から徒歩10分の職種』を紹介するというイメージ。

あまり決めつけるのはよくありませんが、このパターンは相手に対して不誠実なエージェントだと言えるでしょう。転職はその人の今後の人生を左右する重要なものなのです。

電話やメールをしてくる時間を考えていない

気配りができるエージェントは、20時をすぎたら電話はしない、求人案内のメールは18時までに送るなど、相手の状況を最大限に配慮します。

しかし、あまり良くないエージェントに当たってしまった場合、朝早くに平気で電話をしてきたり、夜中0時過ぎに当たり前のようにメールを送ったりする傾向に。

これでは、ストレスが溜まって転職活動そのものが進まなくなってしまうかもしれません。こうならないよう、複数の転職エージェントをかけもちするなどして逃げ場を作っておくことをオススメします。

転職エージェントを使うときのQ&A

担当者は変えられる?

相性が合わない担当者はいつでも変更することができます。エージェント経験5年目の人よりも、15年目の人の方が経験値が高く、業界の専門知識に関しても差があるのは当然のことです。

「どこか話が噛み合わない」「こちらの意図を汲み取ってくれない」と感じた場合は、すぐに転職エージェントに連絡を入れ、担当者を変更してもらいましょう。

案件が希望に合わなかったら?

希望に合わない求人を紹介された場合は、はっきりと断りましょう。「給与が低くて合わない」「仕事内容に興味が持てない」「勤務地が遠い」など、素直に理由を話して断ることが大切です。

相手に気を遣って本当のことを言わないでいると、また似たような案件や希望に合わない求人を紹介されるという負のループに陥ってしまいます。

相手に寄りかからない当事者意識を持とう

この世に完璧な人間などいません。「話をわかってくれない」と感じたとしても、エージェントを責めるのではなく、「自力で転職してやる」くらいの強い気構えも必要なのではないでしょうか。


ジョブうトラ20s

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

watanabe

会社員を辞めてフリーランスとして記事を書いたり写真を撮ったりしています。美容、農業、インバウンド、取材記事などさまざまなジャンルの記事を書いています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)