ジョブトラ20s TOP  >   きっかけ2割、実現したいこと8割!魅力的な転職理由の書き方を紹介

きっかけ2割、実現したいこと8割!魅力的な転職理由の書き方を紹介

 2018年2月14日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

求職者との面接で、面接官が一番チェックしているポイントは、ずばり転職理由。中途採用においては、成長意欲や人柄だけではなく、採用ポジションを補えるだけの実績や能力、スキルがあるかどうかを判断しています。

そのため、転職理由を書く際は「この人は会社の売り上げに貢献してくれる」と思ってもらえるだけの説得力が必要となるのです。

面接官に好印象を与える転職理由のまとめ方

きっかけ2割、実現したいこと8割

面接官に一番好感を持たれやすい転職理由の書き方は、「きっかけ2割」「実現したこと8割」のバランス。転職を考えるきっかけと転職理由のゴールは一致していなければなりません。そのためには、一貫したストーリー性の構築力が非常に重要となるのです。

STEP1:転職のきっかけを考える

「所属している部署の上司と馬が合わない」「業務量と給与が割に合わない」「ワンマンな社長についていけない」など、転職を考えるきっかけは人それぞれ。

どうしても不満ばかりが並んでしまいますが、その裏には「最低でも月に◯万円は稼ぎたい」「結果を出せる自由な環境で働きたい」などの願望があるからです。それをひとつずつ紙に書くことで、頭の中を整理することができます。

・給与が低い→月収◯万円以上、年収◯百万円以上は稼ぎたい(月◯万円貯金したい)
・自分の頑張りが評価されない→年齢に関係なくチャレンジできる環境に身を置きたい
・上司との性格の不一致→サポートし合いながら楽しく働きたい

STEP2:前向きな言葉に言い換える

上で整理した内容を、前向きな転職理由に置き換えましょう。

・残業が多い→仕事の生産性を上げて成果を出したい
・毎日同じことの繰り返しでやりがいを感じない→キャリアアップできる環境に身を置いて経験値を積みたい
・給料が低すぎる→正当に評価してもらえる環境でスキルアップしたい

STEP3:応募先企業で実現したいことを考える

退職理由と転職先の企業で実現できることを、うまく紐付ける必要があります。「革新的なビジネスを展開している御社の◯◯部署で、自分の能力を最大限に発揮しながらスキルアップをはかりたい」「クライアントとじっくり向き合う御社で成果を出し、会社の売り上げに貢献したい」という具合に、自分を採用した暁には会社にこれだけの利益をもたらしますよ、とアピールするのです。

もちろんそのためには、主張できるだけの実績や経験が必要不可欠ではありますが……。中途採用は新卒採用とは違い、職歴やスキルなどがシビアにジャッジされます。

転職理由を書くときに注意するポイント

具体的なエピソードを盛り込む

いくら前向きな志望動機があったとしても、理想を語っているだけでは面接官の心には響きません。採用競争を勝ち抜くためには、それを語れるだけの具体的なエピソードを盛り込む必要があります。

「前職では営業を担当しておりました。顧客の問題解決につながる提案ができるよう、顧客の意向をくみ取ることをモットーにしておりました。しかし、自社で扱っていない領域を外注することも多々あり予算の関係上、上司に提案した企画が反映されにくい環境でした。

そこで、もっと幅広い知識を身につけ、顧客と信頼関係を築きながらより満足してもらえるサービスを提供したいと考え、事業分野が幅広い御社への転職を希望しました」

かっこいいことを言おうとしない

人は誰しも「認められない」「できる人だと思われたい」という承認欲求があるものです。しかし、能力が追いついていないのに自分を良く見せようとしても、面接官からは簡単に見破られてしまいます。

「結果を出せていないのに途中で放り出すなんて、ストレス耐性が低い人だ」「根性が足りない。そんな人に重要な仕事は任せられない」とマイナスな印象を与えかねません。

200文字前後にまとめる

転職理由は200文字以内でまとめるのが理想です。長すぎると読む気が失せてしまい、内容を理解してもらえない可能性があります。一番シンプルなのが、「結論」→「理由」→「(最初とは言い回しを変えた)結論」の順番で簡潔にまとめる書き方です。

「◯◯でした」と結論を伝えてから「なぜなら」と理由を続けた方が読みやすく、すんなり頭に入ってくるもの。ダラダラ長いと何を伝えたいのかわかりづらく、言い訳がましくなってしまうので200文字以内でサクッとまとめましょう。

説得力のある転職理由の書き方のコツ

ほかの応募者から一歩、抜きん出るためには、退職理由から志望動機に至るまでのストーリー性が非常に大切になります。それは決して難しいものではなく、物事を順序立てて考えればいいのです。

「退職理由(不満に感じていること)」→「転職理由(理想の働き方を実現したい)」→「今の環境ではできない」→「転職を決意」→「これまでの経験やスキル、強みをアピール」→「貴社で役に立てる材料を集める(能力・経験値)」→「貴社に貢献できる(志望動機)」

話に一貫性を持たせよう

転職に関わらず、企画を通すとき、恋人や友達と喧嘩をして話し合いをするときなど、一貫性があるだけで説得力が増すもの。感情ではな常に物事をロジカルに考える意識を徹底しましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

watanabe

会社員を辞めてフリーランスとして記事を書いたり写真を撮ったりしています。美容、農業、インバウンド、取材記事などさまざまなジャンルの記事を書いています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)