キャリアアップマガジンTOP  >   【みんなの転職理由ランキング】やりがい?人間関係?給与?

【みんなの転職理由ランキング】やりがい?人間関係?給与?

 2018年2月14日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

会社を辞めようと決めたとき、できるだけことを荒立てずに円満に退社をしたいと考えるものです。「職場の環境になじめない」「最初に聞かされていた仕事内容と違った」など、不満が募れば募るほどモチベーションは下がる一方。世の中の人びとは、一体何がきっかけで転職を考えるのでしょうか。

転職理由ランキングベスト5

1位:ほかにやりたい仕事がある

転職サイトDODAが約3万人の求職者を対象におこなったアンケートによると、転職を考える一番の理由は「ほかにやりたい仕事がある」というもの。

今はエンジニア、Web編集者、Webデザイナーなど、未経験でも挑戦できる求人がたくさんあり、個人のキャリアの選択肢が広がったことが要因だと考えられます。

2位:会社の将来性が不安

次いで多かったのが、会社の将来性に不安があるというものです。安定志向を求めて大手企業に就職したとしても、世界情勢のあおりを受けて業績不振で会社の経営が傾けば、いつリストラされるか給与をカットされものかわかりません。

「もしかしたら倒産してしまうのではないか」「ほかの企業に就職した方が安泰なのではないか」という不安が付きまとい、生活のため、家族を養わなければならないというプレッシャーから転職を考えます。

3位:給与に不満がある

隣の芝生は青く見えるということわざの通り、同じ職種でも会社の規模や経営状態が違えば給与は天と地ほどに違うこともあります。

給与が低いと貯金もできず、趣味も楽しめず、「あと◯万円給与が高ければな」と考えてしまうということでしょう。

4位:残業が多い/休日が少ない

最近は、転職を考えるときに、「ライフワークバランス」を重要視する人が増えています。残業時間が多くて休日が少ないなど、職場と家の往復で仕事ばかりの毎日では、うんざりしてしまいますからね。

5位:専門知識・技術を習得したい

仕事をしている中で「もっと仕事を任されるようになりたい」「新しいモノ・サービスを生み出したい」と感じることがあると思います。そして同時に、今の環境にいては知識や技術が習得できず、やりたいことを実現できないということにも、思い至るのではないでしょうか。

成長意欲というほど大げさなものではなく、好きな仕事であれば、どんどん興味が湧いてくるもの。専門知識・技術を習得したいと考えるのは当然のことだと言えます。

ベスト5以外の転職理由のランキング

社風が合わない・職場環境になじめない

転職理由の上位に必ず食い込むのが「社風が合わない」「職場の環境になじめない」というパターン。ですが、社風というのは実際に働いてみなければわからないものです。

1人で淡々と仕事を進めたい人にとっては、何でも全員でフォローしあうという社風は合わないでしょう。反対に、協調性やコミュニケーションを大切にしたい人にとって、1人で黙々と進める仕事は肌に合わず、働きづらさを感じてしまうのかもしれません。

教育体制が整っていない

余分な人員のいない中小企業や、ベンチャーなど成長スピードが早い企業は、大企業に比べて教育体制が整っていない傾向にあります。

こうした環境の場合、社会人経験が豊富な人であれば臨機応変に対応できることでも、経験が浅い人ではうまく対処できないこともあります。「AさんとBさんで言っていることが違う」という現象が頻繁におき、当人も現場も混乱してしまうことがあります。

業務内容が思ったものと違った

「営業職と聞いていざ入社してみたら、配属されたのは事務職だった」「コールセンターと聞いていたのに、実際は販売促進部だった」など、業務内容の相違が転職理由になることもあります。

スキルや経験を考慮しての配置とは言えども、面接で聞いていた話と実際の業務が大幅に違っているとやる気は下がってしまうものです。

そうは言っても入社後すぐにまた転職となると履歴書に傷がついてしまいます。しばらく辛抱し、経験値を積もうというマインドチェンジも必要なのかもしれません。

仕事を正当に評価してもらえない

大多数の企業では、数ヶ月に一度の評価によって賞与を決定しています。つまり、普段の仕事ぶりによって今後の給与が左右されるということです。

「どれだけ頑張って結果を出しても、仕事を評価してもらえない」「評価基準が正当ではない」という環境で働き続けていても、うまくモチベーションコントロールができなくなってしまいます。

転職理由は仕事内容・会社・待遇の3つ

仕事内容

「自分の経験やスキルを活かせるかどうか」「自分がやりたいと考える理想の仕事に近いかどうか」など、仕事内容は一番大切なポイントになります。

社風

私が以前働いていた会社は「仲の良さ」を売りにしていたため、月に一度必ず飲み会がおこなわれていました。

しかし、面倒な人付き合いが苦手な私にとっては強制的な飲み会は苦痛でしかなく、企業理念をしっかり理解してから入社すべきだったと後悔した経験があります。

待遇

早く転職先を決めたいからと、給与を妥協する人もなかにはいるでしょう。しかし、一人暮らしをしている場合は、家賃、光熱費、食費といった固定費が必ずかかります。

これまでの生活水準をきちんと確保できるだけの給与は決めておき、年間の休暇日数、育児休暇を取りやすい環境なのかどうかも下調べしておきましょう。

優先順位をどれにするかで企業選びは変わる

転職理由は人によってさまざまですが、仕事内容、社風、待遇などこの3つのなかで絶対に妥協できないものは必ず決めておきましょう。そうすることで、転職先を絞りやすくなり入社後のミスマッチも防げるはずです。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

watanabe

会社員を辞めてフリーランスとして記事を書いたり写真を撮ったりしています。美容、農業、インバウンド、取材記事などさまざまなジャンルの記事を書いています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)