ジョブトラ20s TOP  >   【志望動機の例文付き】営業職から転職したい!辞めたい理由別、おすすめの職種

【志望動機の例文付き】営業職から転職したい!辞めたい理由別、おすすめの職種

 2018年2月9日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

「辛い職種」としてよく名前が上がる営業職。しかし、どんな理由で「辞めたい!」と考えてしまうのでしょうか。今回は営業が辛いと言われる理由と、営業職からの転職ノウハウについてご紹介します。

まずは「なぜ辞めたいと思ったか」を整理しよう

営業職からの転職を検討する際、「どんな理由で辞めたいと思ったか」を整理しておくと、転職先におけるミスマッチを防ぐことができます。まずは、営業職のどこが辛かったのかを自分自身に聞いてみましょう。

目標やノルマがきついから

営業の種類にもよりますが、BtoCの営業だと特に目標やノルマがきつい傾向があります。基本給が低く、歩合で稼がなければいけないパターンだと「ノルマを達成しないと生活が大変…」と感じてしまいますし、歩合はないもののノルマを達成することを強要されて業務がなかなか終わらないということもありますよね。

人付き合いが大変だから

また、営業職は他の職種よりも人付き合いが大変であるという特徴があります。得意先の顧客との会食、接待などは営業の役目ですから、気を遣わなければいけない食事や飲み会が頻繁にあり、それらにストレスを感じて「辞めたい」と考える方は少なくないでしょう。

残業や休日出勤が多いから

営業は成果主義である場合が多く、良い成績を達成するためには時間外労働をしなければいけない場合があります。そのため残業は日常茶飯事、さらには休日にも出勤するという方もいることでしょう。また日中に外回りをして夕方に帰社、そこから資料作成などを行うこともあるので、必然的に労働時間は長めになってしまいます。

断られるのがつらいから

短期営業や新規営業によくあるのが、「断られるのがつらい」というもの。個人に対する飛び込み営業の場合、多くは「断られることが普通」という世界です。お客さんによっては、一言も話を聞いてくれないという人もいることでしょう。顧客が法人の場合は相手も「企業としての対応」をするためそこまで酷い対応をされることは少ないようですが、提案を断られることにストレスを感じる人は少なくないはずです。

専門性が身につかないから

また、「働いていても専門性が身につかないので辞めたい」と考える人もいるでしょう。確かに営業職は未経験でもチャレンジできる可能性が高い職種ですし、営業スキルというものは資格があるような「分かりやすいスキル」ではありません。よって、専門性が身につかないように思えてしまうかもしれませんね。

営業を辞めたい理由別・転職にオススメの職種

もっと専門性を身につけたい→企画・マーケティングがオススメ

企画・マーケティング系は、顧客の要望や市場の動向を詳しく分析し、ダイナミックに企業を動かす職種です。活躍するには企画やマーケティングに関する専門知識が求められるため、営業職よりも「分かりやすい専門性」が身につきやすいと考えられます。

社内からの異動で配属されることが多いため狭き門だと言われる分野ですが、営業からの転職は不可能ではありません。さらに商品を売り込むことを業務の主軸に置いているという点では、営業としての経験を活かしやすい職種です。企画・マーケティング職との接点を探るためにも、転職活動で使えそうな自分のスキルをまとめておくと良いでしょう。

飛び込み、人付き合いが苦手→営業事務・経理がオススメ

飛び込みや人付き合いが苦手という理由で転職を考えている人には、社内の業務管理を行なうバックオフィス系への転職がオススメです。もちろん「新規顧客への飛び込み営業」はありませんし、営業と比較すれば人付き合いの絶対数も少なくなります。

また営業部門に関わる管理をする「営業事務」とお金に関わる管理をする「経理」は、お金に関する業務という性質上、営業で数字に追われた経験のある人間はかなり強みを持っていることになります。

ノルマがきついのは嫌だ→人事がオススメ

企業の採用・教育・評価に関わる業務を行う人事職は、営業と比べて成果主義である可能性がぐっと下がります。もちろん企業によっては採用数などのノルマがある場合もありますが、長期的な業務を行なう人事で完全成果主義を取り入れるハードルはまだまだ高いため、絶望的なノルマに追われるようなことはあまりないのではないかと思います。

専門性を求められる職種ではありますが、営業の経験がある人は発言に説得性を持たせることができるため、営業経験の有無は人事として活躍するための大きなファクターとなります。

他の仕事への転職は簡単?営業が異職種へ転職する際にアピールできるポイント

それでは実際に転職するという時、営業職で身につけたスキルはどのように役立つのでしょうか。

ヒアリング能力

営業職においては、「ヒアリング能力」が重要となります。クライアントが自分の課題を完全に理解していることはほとんどないため、営業がヒアリングを通して課題を発見することから営業活動は始まります。的確な提案をするためには的確なヒアリングが必要なのです。このスキルは、どんな職種においてもアピールすることができる非常に有効なスキルといえます。

プレゼンテーション能力

また、同様に「プレゼンテーション能力」もさまざまな職種で必要とされる能力です。営業はクロージング(契約締結)の際に、思考を凝らして交渉しなければなりません。その過程で身につくプレゼンの力は、他職種でも必ず役に立つものです。

データ収集・分析能力

営業は、商品を売り込むことが主な業務です。顧客のニーズを把握しなければならず、そのためには正確な情報収集力と分析能力が必要とされます。営業で働いていれば必然的に業界内の最新情報に敏感になり、またマーケティング的な感覚もつかめてくることでしょう。

営業から異職種へ応募する際の志望動機例

それでは、営業から異なった職種へ転職する際の「志望動機」はどのように表記したらよいのでしょうか。それぞれの例文をご紹介します。

営業→企画・マーケティング

前職では3年間、広告代理の営業として勤務しておりました。そこで、クライアントの情報を集め、課題を発見してソリューションをご提案をさせていただくという訓練*1 を積んでまいりました。企画・マーケティングという分野もデータを収集、分析することが重要であると理解しておりますので、これまでの営業経験が活かせるのではないかと考えています。

*1 ここでは、企画・マーケティング職で特に重視される「データ収集・分析能力」をアピールしています。説得性を持たせるには、ここに具体的な数値やデータ量の規模などを記載しておくと良いでしょう。

営業→営業事務・経理

前職の営業職では課題を抱えている企業に対して顧客動向を分析するなどのお手伝いをしておりました。現段階では未経験なので先輩に追いつくことから始めなければなりませんが、営業の経験をもとに経理の勉強を続けて知識を増やしていけば、営業部門とミスなく連携して効率的な業務*1 ができるのではないかと考えます。

*1 ここでは、営業職で培った全体的なコミュニケーション能力や営業職に関する知識があることをアピールしています。具体的に「営業職のどの部分に詳しいのか」等も伝えることができれば、信頼アップにつながります。

営業→人事

私はこれまで、メーカーの営業として2年間勤務してまいりました。主に顧客のニーズに対して製品・サービスを提案するという業務を行っていましたが、その中でも顧客自身が気づいていない課題を発見し、的確な提案をするために努力を重ねてきました 。人事という職種は人とのコミュニケーションが他の職種と比較してもとりわけ重要であると感じており、そのうえで営業職として培われたヒアリングの力が活かせる*1 のではないかと考えています。

*1 ここでは「ヒアリング能力」が人事的なコミュニケーションにも活かせることを伝えています。人事になれば社内コミュニケーションが多くなるため、これまで培った「外向きの営業力」をもって社内にどんな影響をもたらすことができるのかをアピールしてみましょう。

 

営業からの転職は、身につくスキルが目に見えづらいものであるが故に難しいと感じてしまうかもしれません。しかし営業として業務を続けていれば、自分でも意外なほどさまざまな能力を習得できているのです。転職を検討する際は、自分の強みを理解し、整理しておくと良いかもしれません。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)