ジョブトラ20s TOP  >   転職したらどうする?今さら聞けない源泉徴収票提出の基本

転職したらどうする?今さら聞けない源泉徴収票提出の基本

 2018年2月9日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

キャリアプランが変わることになり、初めて“源泉徴収票”について調べた方も多いでしょう。転職先に提出する必要がある源泉徴収票、どんなもので、なぜ提出の必要があるかご存知ですか?源泉徴収票に関わる基本の知識をご紹介します。

源泉徴収票とは?提出が必要になるのはいつ?

源泉徴収票とは

源泉徴収票とは、会社で行った年末調整の結果を社員に渡す票です。源泉徴収票があることで、会社員はその年の給与総額や源泉徴収税額を知ることができます。

私たちは何らかの収入を得ている場合、所得に対して国から所得税を課せられます。所得税は、1月1日から12月31日までの収入から経費や所得控除などを差し引き、税率をかけることで計算できます。

個人事業主はこれを各自で計算して提出しますが、会社員の場合は会社が全て一括して行います。源泉徴収票は、その結果を会社員に知らせるための控えと考えましょう。

源泉徴収票の提出

源泉徴収票は、年内に転職した場合転職先で提出する必要があります。また、フリーランスになった場合も、確定申告のために使います。

いずれも所得税額の計算のために必要な手続きとなっているので、時期に関わらず転職前に源泉徴収票をもらっておくことがポイントです。源泉徴収票の交付は法律で定められているため、いかなる場合でも退職後1ヶ月以内に受け取れるものです。

源泉徴収票は転職時期によって提出方法が変わる

具体的に源泉徴収票を利用する方法は、転職するタイミングによって異なります。ポイントとなる日は12月31日です。自身のキャリアプランと重ねて確認しましょう。

1.退職した年の12月31日までに転職した場合

勤めていた会社を辞めた年の12月31日までに別の会社に転職した場合は、年末調整の際に源泉徴収票を提出しましょう。1月1日から12月31日までの計算を行うため、新しい会社で前職の分の調整も行うためです。

年末調整の対象は、“年間給与総額が2,000万円以下であること”、“扶養控除申告書を提出していること”、“年末に会社に在籍が認められること”の全ての条件を満たした社員です。扶養控除申告書は年末調整前に配布されますので、確認と提出を忘れないでください。

2.退職した年に転職しない場合

転職活動が12月31日までに成功しなかった場合や、フリーランスの道を選んだ場合は、確定申告が必要です。確定申告とは、自身の手で納税の過不足を計算し、申告することを指します。2月中旬から3月中旬にかけて、各税務署へ申告します。源泉徴収票は、自身が確定申告する際にも会社員時代の給与所得などを証明する書類として必要になりますので、大切にとっておきましょう。

源泉徴収票がもらえない、紛失などのトラブル対処方法

ここまで、源泉徴収票の役割と提出の基本を確認しました。しかし、転職の多様化が進んでいるため、ここまでのパターンには入らないケースもあります。

退職後、源泉徴収票をもらえない場合

退職後の職場に連絡することを遠慮する人もいますが、源泉徴収票の提出は、法律で退職後1ヶ月後以内に定められています。したがって、遠慮なく源泉徴収票を依頼して構いません。

源泉徴収票の提出が多忙により遅れるケースもありますが、次の転職先や自身の確定申告に影響を及ぼすので、しっかり確認して受け取るよう心がけてください。どうしてももらえない場合は、税務署や労働基準監督署に相談しましょう。

源泉徴収票を紛失した場合

もしも源泉徴収票を紛失してしまった場合は、交付してもらった前職の職場に依頼して再交付を受けましょう。基本的に源泉徴収票は再交付できる書類です。退職した後だと優先順位を下げられてしまい、交付まで時間がかかるケースも多いようです。期間に余裕をもって依頼するのがポイントです。

転職後の会社に源泉徴収票を提出したくない場合

何らかの事情で源泉徴収票を提出したくない場合は、自分で確定申告をしましょう。ただし、新しい転職先では前年の収入による住民税が通知され、給与から天引きするため、前職での収入額を隠す効果は薄いことを念頭に置いてください。それも避けたい場合は、住民税の徴収方法を選択する欄がありますので、自身での納付を選択することができます。

退職金の源泉徴収票が交付された場合

退職の際に退職金が支給された場合は、別途、退職所得の源泉徴収票が交付されることを覚えておきましょう。この退職所得の受給に対して申告書を事前提出していれば、会社側で源泉徴収が行われていますので、自身での年末調整や確定申告は必要ありません。申告書を提出していない場合は、確定申告によって還付を受けられますので確認しましょう。

源泉徴収票の不明点を確認して、気持ちよい転職を

源泉徴収票は転職の際に必要な重要な書類です。退職の手続きや引き継ぎなどに追われると忘れてしまいがちですが、次の転職先やフリーランスとしての経理でトラブルを起こさないためにも、しっかり基本を確認しておきましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。また、キャリアに関する支援活動をしております。詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)