キャリアアップマガジンTOP  >   タイミングや準備が大切!第二新卒を広く募集している業界は?

タイミングや準備が大切!第二新卒を広く募集している業界は?

 2017年10月31日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

doda
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

第二新卒の採用を積極的に行う企業も増えてきましたが、実は募集している業界には特徴があることが分かります。特に未経験の業界を考えているのなら、第二新卒の採用の現状についてきちんと知っておくべきです。第二新卒者を広く募集している業界と、転職にベストな時期についてご紹介します。

第二新卒をよく募集している業界は?


少し前のデータになりますが、2005年、独立行政法人労働政策研究・研修機構「第二新卒者の採用実態調査」によると、第二新卒の募集は、事務系、営業・販売系、技術系、医療・福祉等の専門系で多いことが分かります。

第二新卒の募集が多い業界に共通して言えるのは、常に人手が欲しい状況であることと、未経験歓迎・未経験可の求人が多いということです。

事務系や営業・販売系の職種では、仕事に必要な資格もほとんどなく、未経験でも挑戦しやすいことは想像しやすいと思います。またIT技術職(いわゆるエンジニア)や福祉関連の専門職は一見すると敷居が高そうですが、現在、深刻な人手不足に悩まされているため、採用のハードルとぐっと下げています。未経験者を採用して、入社後に資格を取得させたり、研修でスキルを身につけさせるわけです。

こうした状況は、転職を考えている人にとっては、新しい分野を開拓できる、未経験であってもチャンスがあるという意味で、大きなメリットになるのではないでしょうか。

採用時期は?タイミングのよい入社時期


転職したい業界を決めたら、次に確認しておきたいのが、採用の時期です。思い立ったが吉日とばかりに、勢いだけで転職活動を始めてしまうのはNGです。希望している会社が募集・採用を行う時期に合わせて、転職活動をスタートする時期、退職する時期を決めていき、次の就職先が決まってから会社を辞めることができるというのが、ベストな流れです。

では、企業の採用時期を知るにはどうしたらいいのでしょうか?個々の企業の採用についてはホームページや転職サイトをこまめに確認するしかないのですが、第二新卒全体で見ると、春と秋に求人が増える傾向にあります。

まず、新卒と同じように、4月入社に向けた1~3月にかけての募集が多くなります。新卒の入社希望者が殺到する時期であり、節目となる時期だからです。当然4月に入社するということは、ほとんど新卒と同じような扱いになるということ。新卒の社員と同じように研修を受けて仕事をはじめるケースが多いです。未経験の業界で不安があるという場合は、4月入社を狙って転職活動をはじめるとよいでしょう。

もう1つ、第二新卒の募集が多いのが10月入社に向けた7~9月にかけてです。社内での異動も多く、退職者も増える時期であることから募集に踏み切る企業が多いです。

第二新卒が転職で準備しておきたいこと


初めての転職活動では、準備を怠らないことが大切です。そもそも、新卒の場合と第二新卒の場合とでは、企業側が求めることが異なります。企業はどういった人材を求めているのかという点を踏まえつつ、万全の準備で転職活動に臨みましょう。準備しておくべきことを5つご紹介します。

1.転職で何を実現したいのかを明確にする

第二新卒で採用を行っている企業は、しっかりとした意思や目標のある人材を採用する傾向があります。そのため、自分は何ができるのか、何をやりたい(実現したい)のか、その企業でどんなことに貢献したいと思っているのかを、明確に伝えられるようにしておく必要があります。

2.前職の経験で活かせることを言えるようにする

第二新卒の採用では、ビジネススキルなど前職での経験が重視される傾向にあります。具体的にどのようなことを行って、どういったことが自分のためになったのか、どうやって次の仕事にどのように活かせるのか説明できるようにしておきましょう。

3.企業や業界の研究を行う

新卒、第二新卒問わずですが、入社したいと思う企業や業界のことを知ることは大切なことです。事業や仕事について分析するだけでなく、競合他社と比較したり、自分なりの意見をまとめておきましょう。面接であえて披露する必要はありませんが、不意に聞かれた時に答えられるようにしておくことで、熱意のある人物だというプラスの評価に繋がります。

4.職務経歴書の用意をしておく

新卒と違い第二新卒では社会人経験があるため、職務経歴書が必要な場合もあります。履歴書だけでなく職務経歴書も、いつでも提出できるように作成しておきましょう。

5.転職期間中の「もしも」を考える

転職活動が上手くいかず、予想より長引いてしまう場合もあります。十分な準備をしておくことはもちろんですが、もしものときのために、失業手当など公的な制度の利用も事前に検討しておきましょう。

まとめ

第二新卒での募集が増えているとはいえ、業界によって需要は異なります。転職をする前に、どのような業界での募集が多く、採用される確率が高いのか。また、スムーズに退職や入社をするには、どのタイミングでどのような準備をしたらよいのかを、しっかり考えてから転職を実行するようにしたいものです。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)