ジョブトラ20s TOP  >   海外ではノックが4回ってホント!?日本と海外のビジネスマナーを比較

海外ではノックが4回ってホント!?日本と海外のビジネスマナーを比較

 2021年1月3日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

面接のときには会場の部屋に入る前に「コン・コン・コン」と3回ノックするのがマナーですが、実は国際的に見ればマナー違反であるということはご存じですか? 海外ではいったいどのようにノックすればいいのでしょうか。今回は日本と海外の、ノックに関するビジネスマナーについて比較してみましょう。

ノックのビジネスマナー。日本はどうなっている?


まずはノックに関する日本のビジネスマナーを見てみましょう。こちらは面接でも使えますので参考にしてください。

先述のように、日本ではノックをする際に3回ドアを叩くのがビジネスマナーです。面接だけではなく、基本的にはどのような場所であっても、入室する場面では3回でOKです。

ノックをした後に、中から「どうぞ」「お入りください」と言われた、あるいは中から開けてもらったら、一礼して「失礼致します」と大きな声であいさつをしてから入室します。

また、たとえドアが開いているからといって、そのまま入室しては失礼にあたります。ドアが開いている場合でも、必ずドアを3回ノックして入りましょう。中にいる人にとっては、「入りますよ」という合図になります。

国際標準マナー(プロトコールマナー)では、ノックは4回


一方、海外では「コンコンコンコン」と4回ドアを叩くのがマナーとされています。これは「プロトコールマナー」という、国際標準マナーで定められています。

ちなみにプロトコールマナーによると、2回はトイレ(中に人がいるかどうかを確認する)、3回は家族や恋人、友人など親しい間柄のみという使い分けがなされていますので、仮に海外の会社に行って日本と同じように3回ノックをすると「なれなれしい人だ」と思われてしまう可能性があります。

しかし、なぜ日本と海外ではこのようにマナーの違いが生じたのでしょうか? その理由は日本の建築様式にあると言われています。

日本家屋ではドアではなくふすまが中心でしたので、入室前にノックをするという習慣は最近身についたものなのです。ゆえに、ノックに関してはプロトコールマナーがあまり浸透せず、3回という独自のマナーが浸透したと言われています。

また、ノックの習慣がない日本人にとっては、あまりドアを叩かれると「うるさい」と感じてしまうため、3回が適度だとされています。

日本と国際標準によるノックの違いとは?日本でもプロトコールマナーに従うべき?


4回のノックに馴染みがない私たちににとっては、「4回もノックするとしつこくはないか?」「違和感がある」と思われるかもしれません。

日本の3回のノックでは「コン・コン・コン」という一定のリズムでドアを叩きます。一方、海外では「コンコン・コンコン」というように、2回早いリズムで叩いて、もう一度2回早いリズムで叩くというように、2回に分けて計4回ノックします。

海外ドラマや映画でもノックのシーンが見られるかと思いますので、注意して見てみると良いかと思います。

日本のノックは国際的に見れば少し違うことがおわかりいただけましたが、それでは日本企業の面接でも4回ノックするべきなのでしょうか?

それは否です。いくら国際標準だからといっても、ここは日本です。やはり「郷に入れば郷に従え」。日本で3回ノックをするというマナーが浸透している以上、面接のときは3回ノックをして、入室が許されたら一礼して「失礼いたします」とあいさつをして入室するのがベターです。

一方で、海外に行ったときにはもちろん、日本国内でも外資系企業などで外国人が面接を行う場合や、外国人をおもてなしする場合には4回ノックをするのがベターです。「国際基準のマナーだから」「ここは日本だから」とこだわるのではなく、相手に応じてふさわしい立ち振る舞いをすることが、本当のビジネスマナーであると言えます。

もう一度ノックのマナーをおさらいすると、日本では「コン・コン・コン」と3回、国際標準では「コンコン・コンコン」と2回に分けて計4回というのを頭の中に入れておいてください。

日本と海外のビジネスマナーを使い分けられるようにしよう

ノックのビジネスマナーひとつとっても、日本と海外ではこれほど違うというのは面白いですよね。また、日本で3回ノックをすることが普及した背景にも、日本の文化や考え方が色濃く関係しているのだなと感じさせられます。ノックに関すること以外にも、日本と海外ではビジネスマナーの違いが数多くあり、日本で常識が海外では非常識とされるケースも少なくありません。

今後ますます外国人と接する機会も多くなることが考えられますので、日本のビジネスマナーと海外のビジネスマナーを知り、使い分けられるようにしておくと良いと思います。

ジョブトラ20sの思想と考え

私達は、入社3年後のミスマッチをなくす。という理念を掲げ、
1人1人の人生に沿って、本当の意味でミスマッチを無くす為の努力をしてきております。

転職業界は社会問題と隣り合わせとなっている。

特に昨今の転職活動は、ネットにおける活動が主流化した事により、正しい情報の取得が難しくなり、判断軸に振れ幅が生じている事が社会問題となっております。ジョブトラ20sのプロ意識は、1人1人の人生と向き合い、より良いキャリアの提案になります。

妥協をしないキャリア、人生の在り方、ミスマッチの無い世界を作る事。
人生を賭けて転職活動をされる皆様と、同じ熱量を持って取り組む事を、私達のプロ意識としております。

ジョブトラ20sでは、年間数千名のキャリア支援を行ってきており、1人1人の人生に向き合いキャリアの支援をしてきております。
転職支援、という一つの側面だけではなく、個々人の人生に合わせたキャリア支援をしてきております。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

今すぐキャリアを変えるような意思決定でなくても構いません。
これからの社会はより、厳しく、生き残る為できうる限りのことを御力添え致します。

良質な事実と情報、そして倫理と道徳を持った専門家の存在が必要だと思っております。
少しでも気になる事、話してみたい事がありましたら、お気軽にご登録下さいませ。

https://job-tryout20.com/
※ジョブトラ20s転職支援サイトとなります。
 上記URLよりご登録を頂けますと幸いです。

最後までご覧頂き心より感謝申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

ジョブトラ20s編集部

ジョブトラ20s編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)