キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒が未経験歓迎で気をつけることは?転職成功の秘訣も紹介

第二新卒が未経験歓迎で気をつけることは?転職成功の秘訣も紹介

 2017年10月31日  Posted by  編集部


第二新卒が応募可能な求人を見ていると、意外に未経験歓迎の仕事も多いことに気づきます。新しい業界・職種にチャレンジしたい人は特に、未経験歓迎の求人が魅力に感じるはずです。しかし、注意も必要です。第二新卒から未経験の業界への転職と注意点をご紹介します。

第二新卒に人気!未経験歓迎の職種と業界


第二新卒は新卒枠で募集・採用されることも多く、募集段階で「未経験歓迎」「未経験可」としていることが少なくありません。そんな第二新卒に人気の職種が、営業職、技術職、そして事務職です。この人気に合わせているわけではないと思いますが、未経験歓迎の職種も、営業職、情報系の技術職、そして事務職で多い傾向にあります。

それぞれの職種について、人気がある理由を見ていきましょう。

営業職

第二新卒で転職する人の転職理由に多いのが、今の仕事にやりがいを感じないというものです。営業職は業績が上がれば上がるほど、給与もアップする傾向にあるので、自分の実力を試せるほか、やりがいも十分にあり、アグレッシブな人が選ぶ傾向にある職種です。

また営業であれば、難関と言われる一部上場企業や大企業でも広く採用していることが多いというのも、理由のひとつになっているようです。

技術職

技術職とひとことで言っても、いろいろな職種がありますが、未経験歓迎という観点で見ると、特にIT関連に多い傾向にあります。日進月歩で技術が進化する中で常に人手が不足しているため、未経験者を育成してでもエンジニアが必要というのが求人が多い理由です。

人気の理由としては、手に職をつけられるというもの。さらにベンチャー企業であれば、チャレンジできる、成長できる環境ががあるということで、輪をかけて人気があるようです。

事務職

新卒では基礎的な業務だけを繰り返し行うことが多く、単調な作業になりがちで、なかなかキャリアアップを目指すこともできません。そこで、専門性をたかめるために貿易事務や経理事務などの事務職を希望する人も多くいます。

また、新卒入社で事務に配属されることは少ないため、どうしても事務をしたいという人は、職種を限定して募集することの多い第二新卒で再チャレンジすることも多いようです。

第二新卒から未経験の業界・職種に転職するときの注意点


新しいことにチャレンジしてみたい、将来のために役に立つキャリアを形成していきたい・・・といった動機で転職活動を始める人も多いと思います。しかし、未経験の業界・職種への転職は失敗も多く、注意が必要です。以下は、よくある失敗の原因です。

本当にやりたい仕事を考えずに転職活動を始めてしまう

「もっとやりがいのある仕事をしたい!」と意気込んで転職活動をはじめたものの、本当にやりたい仕事を見定めていない場合です。未経験歓迎の求人に手当たり次第応募してしまっている人がこれに当たります。

自分のやりたいことや、実現したいことなど目標がないと、せっかく内定が出ても、本当にこの会社に入りたいのか自分でもわからなくなってしまったり、下手をすると入社後に「こんな仕事をしたいんじゃなかった」という残念な結果に繋がってしまいます。

イメージだけで選んでしまう

もう1つは、勢いだけで業界や職種のことをあまり調べずに転職してしまうパターンです。「ITって、かっこよさそう」「お客さんと話す営業はやりがいがありそう」というイメージだけで選んでしまうのは失敗のもとです。業界や職種のことをきちんと調べていくと、かっこよく見えるITも実は地道な作業の積み重ねだったり、営業のノルマがきつかったりと、イメージとは違うということは多々ありませう。

転職では勢いも大切ですが、下調べもしっかりせずに転職してしまうと、こんなはずではなかったと後悔する羽目になりかねません。

未経験でも転職に成功する人の共通点は?


給与アップ、キャリアアップ、やりがいアップ、労働時間改善など人によって何を「成功」とするかは違いますが、転職して満足感を得ている人と得ていない人の違いはどこにあるのでしょうか。成功する人の共通点2つをご紹介します。

将来のビジョンがある

残念ながら、ただ待遇の良い会社に入りたい、給与を上げたいなど条件面の改善だけを目指す転職は、失敗に繋がる可能性が高いです。たとえ求めていることをクリアしていても、他のことで不満が溜まってしまうことが多いためです。

一方で、待遇や給与よりも将来のビジョンをしっかりと持ち、そのビジョンを叶えるために転職する人は成功しやすい傾向にあります。大きな目標があるので、条件面などに多少不満があっても、将来のビジョンのための試練だと乗りこえられるためです。

採用する企業としても、給与ばかり気にする人よりは、やる気と将来のビジョンを明確に持った人の方が好ましく感じることは言うまでもないでしょう。

転職サービスを使いこなしている

第二新卒の場合、みんなと同じ動きをしていればよかった新卒の時とは違い、すべて自分でスケジュール立て、転職活動を行っていかなくてはなりません。転職サイトを使うのか、それとも転職エージェントに登録してサポートをしてもらうのか・・・自分に合ったサービスをしっかり活用できている人も転職を成功させやすいです。

未経験の転職を成功させるポイントは、やりたいことや転職の目的を明確にしておくこと

第二新卒の場合、未経験歓迎の求人が多いので、未経験だからといってチャレンジを思いとどまる必要はありません。そだからといって、「転職すれば何かが変わる」という漠然とした気持ちだけで転職するのも考えものです。

なぜ転職したいと思ったのか?今の会社ではできないことなのか?転職をすることで何を実現したいのか?・・・これらの質問に答えられなければ、自分のやりたいことや転職の目的が明確になっていないということ。まずはこの点をクリアにしてから、転職活動を始めましょう。


Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)