ジョブトラ20s TOP  >   例文でわかる! 第二新卒の自己PR作成のポイント

例文でわかる! 第二新卒の自己PR作成のポイント

 2017年10月30日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

第二新卒として転職活動を行う場合、経験は浅いものの社会人経験を持つ人と捉えられるため、自己PRすべき内容は新卒での就職活動時と異なります。第二新卒が自己PRを作成する場合には、どのようなポイントに注意したらよいのでしょうか?正しい書き方を例文つきで解説します。

第二新卒に求められる人物像を把握しよう

第二新卒が自己PRを作成する際には、企業が第二新卒に対してどのような人材を求めているかを正しく把握しておくことが重要です。そして、いかに自分がそのポテンシャルを持っているかということをアピールできるかが、選考結果に直結します。企業が第二新卒を採用するメリットは、社会人としてある程度の知識やスキルを持ち、加えて、主に若さからくる将来性や熱意のある人材を集められることにあります。この点を把握して、自分がいかにその条件に当てはまっているかをアピールすることが、第二新卒で採用を勝ち取る決め手です。

・即戦力になる人材であること

第二新卒は一定期間社会人としての就業経験がありますので、新卒のように1から教育する必要がないことが採用側にとっての魅力です。そこで、社会人としての基本的なマナーや考え方がすでに身についていることを明らかにする必要があります。第二新卒は経験年数が浅いため、必ずしも大きな実績を求められているわけではなく、重視されているのは、仕事を覚えれば即戦力になるという基礎を有していることです。

・向上心や熱意のある人材であること

新卒で就職した企業から転職を考える人の中には、仕事に対する向上心や熱意を持った人材が多いという点で企業が注目しています。特に熱意のある人材は積極的に質問をしてくるなど育成がしやすく、将来的に大きな成長が期待できます。こうした向上心や熱意は、文章で伝えるだけでなく、面接での受け答えの姿勢でもアピールすることができます。

第二新卒が自己PRで注意すべきポイント


第二新卒は、すでに社会人生活を経験していることが新卒と違います。新卒採用では熱意や学生時代の経験から自己PRを行いますが、第二新卒ではそれらを仕事としてどう生かすことができ、会社に貢献をもたらすのかまで踏み込まなければなりません。そこで、自己PR作成時には、次のようなポイントを意識しましょう。

・ポイント1:学生時代の経験は仕事に対する信条に絞る

自己PRによく用いられるリーダー経験や実績ですが、第二新卒だとない場合も多いと思います。そこで、社会人としてどのような経験をしてきたかということが重要となります。

もしどうしても社会人としての経験が浅く、学生時代の経験をPRに使用する場合には、

「学生時代に○○という経験をし、○○という思いを持っていた」
「その思いを実現するために○○という行動を行ってきた」

というように、経験そのものではなくその経験がきっかけとなって生まれた考え方や行動が、仕事でも生きているという点を論理的に説明できるようにしておく必要があります。学生時代に触れることはNGではありませんが、学生当時の経験を単純にPRポイントに用いることができるのは、新卒に限るということを頭に入れておきましょう。

・ポイント2:仕事に対する熱意が、企業が求める人物像と一致することをアピールする

第二新卒の場合は、新卒にはない、仕事の経験を通じた高い意識や熱意があります。一歩踏み込み、その熱意を実現できる場が応募先企業であることを具体的に示し、企業が求めている人物像と合っていることをアピールしましょう。

こんなPRはNG!落とされる自己PRの典型例


自己PRというと、 単に長所や得意なことと熱意を伝えればいいと考えがちです。しかし第二新卒の場合には、それだけではPRに繋がりません。前職で何をがんばってきたのか、どういう思いで転職という考えに至ったのか、を納得してもらえるように伝えることが肝心です。
また企業目線で、あなたを採用することで、どのようなメリットがあるのかを中心にPRするようにしましょう。自己PRで落とされる典型的なPRは次のような内容です。

・NG例1:抽象的な自己PR

第二新卒となると、短いながらも、社会人として残した実績を具体的にPRに盛り込むことが必要です。抽象的な言葉は避け、できるだけ数値を入れるなど具体性を持たせましょう。具体的な業績が残せていない場合でも、書類作成やPC操作など、社会人の基礎能力として積み重ねてきたことは必ずあるはずです。消極的なPRになってしまわないように注意しましょう。

例文:私にはリーダーシップがあります。ただ単にチームをまとめるのではなく、メンバーの想いを汲みながらチームを回す力があります。ファミリーレストランのバイトでは時間帯バイトリーダーとして、多数のメンバーを指導・管理しました。時間帯の売上げアップのためにメンバーの士気を上げ、目標の売上げを達成することができました。

・NG例2:自己実現に終始したPR

仕事に対する熱意をアピールするのはよいことですが、その熱意が自己実現を目的としたものに終始していては、採用には繋がりにくいです。採用側がそれによりどのようなメリットが得られるのかという目線のないPRでは、自分本位に過ぎず、会社に貢献できる人物とは捉えられない可能性もあります。先に述べたように、自分の目指したい姿と、採用側が求めている人物像を一致させることが必要です。

例文:会社説明会に参加させていただき、貴社であれば私がいつまでも成長し続けていける環境があると感じました。私はこれまで自分を成長させようと、学生時代はサークルを立ち上げて中心メンバーとして運営に携わりました。現在そのサークルはメンバーが300人いるサークルに成長しました。サークルの立ち上げで培った企画力とコミュニケーション能力を、貴社でも伸ばし成長したいと考えています。

企業目線で考えた自己PRを作ろう

第二新卒として就活する際の自己PRは、社会人としての経験というフィルターを通した上で作成することが求められます。第二新卒ならではの仕事に対する熱意やポテンシャルをいかに採用側に伝えるかということを考えて、採用側の関心を惹く自己PRを作成しましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)