キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒の転職は「職務経歴書」が必要 書き方のポイントと今すぐ使えるテンプレートサイト一覧

第二新卒の転職は「職務経歴書」が必要 書き方のポイントと今すぐ使えるテンプレートサイト一覧

 2017年10月30日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

第二新卒の転職は、新卒就活では必要なかった「職務経歴書」の提出を求められる場合があります。本記事では、職務経歴書を空くときに気をつけるべきポイントや注意点のほか、今すぐ使える職務経歴書のサンプルやテンプレートを入手できるサイトをご紹介します。

職務経歴書は第二新卒の転職でも必要


新卒での就職活動中に履歴書の書き方を学んだり、実際に専門の講座を受けたりしたことがある人もいるでしょう。しかし転職では、履歴書のほかに「職務経歴書」が求められます。

履歴書が応募者の情報全般を幅広く端的に記載するのに対して、職務経歴書は仕事上の経験や能力をアピールするための文書で、仕事内容に特化して記載します。

職務経歴書は、即戦力として活躍が期待される中途採用で非常に重視されています。これまでの職務経歴をみれば、自社に必要なスキルを身につけている人材を推測することができるからです。第二新卒は業務経験があまりないとはいえ、一刻もはやく戦力になってほしいというのが企業の本音。マッチングの精度を上げるために、職務経歴書の提出を求められます。

第二新卒が職務経歴書を書くためのポイント


職務経歴書だから、単純にこれまでの経験を時系列に書けばいいのではと思っているなら大間違いです。採用担当者や人事担当者が目を通すものだからこそ、分かりやすさを重視した書き方をするべきです。

ポイント1:採用担当者が読みやすいように書く

職務経歴書を作成する場合は、これまでの経験をひたすら記載するのではなく、経歴の要約、職務経歴、資格とスキル、自己PRのパートに分けて記載するようにしましょう。項目を作ることにより、書いているうちに話があちことに飛んでしまうことがなくなりますし、格段に読みやすくなります。

また、応募数の多い会社は、重要な箇所だけを拾い読みしたり、最初の要約で続きを読むかどうかを判断することもあります。そのため、一番最初に記載する「経歴の要約」では、3行程度でアピールしたいポイントをわかりやすく伝えることが重要です。

ポイント2:面接に生かせるように書く

職務経歴書は採用選考の際の書類選考で使用されることはもちろんですが、面接まで進んだ際には当然面接官の質問ネタとしても活用されます。

例えば、違う業界への転職活動をする人であれば、「うちの業界は未経験のようですが、なぜ志望されたのですか?」と質問されるかもしれませんし、同じ業界内での転職活動であればより詳しい業務内容やプロジェクト、それに関する成果についての質問をされるかもしれません。

職務経歴を単なる仕事の履歴にとどめることなく、今までの経歴の中からその企業や業種・職種を志望することになった話に繋げることができれば、志望動機や転職理由に一貫性が生まれ相手に納得感を持たせることができます。面接での質問をあらかじめ想定しながら、作成をすると面接の選考へ進んだ時により良い話ができるでしょう。

これはNG!な第二新卒の職務経歴書


せっかく職務経歴書を作っても、内容によっては読まれないでNGになってしまうことがあります。職務経歴書で注意したい3つのポイントを見ていきましょう。

・枚数が多過ぎる

読まれないでNGになってしまうパターンとして多いのが、職務経歴書の枚数が多過ぎるというもの。実際に5枚、10枚も送り付けられたら、職務経歴書に目を通す方は疲れてしまいます。それどころか「上手くものごとをまとめられないのでは?」とマイナスの評価をつけられてしまうこともあります。

アピールしたいという気持ちから枚数が多くなってしまうのもわかりますが、仕事ではしっかり要点をまとめる技術も重要です。多くても3枚、できれば2枚以内に収めるようにしましょう。

・事実だけで実績が分からない

職務経歴書の中には、淡々と事実だけを記載しているものもあります。どのような業務をしたのかは履歴書でもある程度、予測ができるので、職務経歴書では実績に重点を置いて伝えるようにしましょう。

第二新卒の場合は、大きな成果がなくても大丈夫です。数%でも売上を増やすことに貢献できたとか、業務で工夫してみたら効率が上がったなど、行動した結果を伝えることが大事です。

・手書きの職務経歴書

履歴書は手書きが一般的ですが、職務経歴書の場合は異なります。職務経歴書ではパソコンのスキルを見るために、エクセルやスプレッドシートなどで提出を求められることが多いです。また、職務経歴書は決まったフォーマットがなく手書きだと読みにくくなってしまうという理由からも、パソコンで作るのがベストです。

職務経歴書のサンプルやテンプレートを入手できるサイト一覧


職務経歴書のポイントは分かったものの、実際にどのように作成していいのか迷う人も少なくありません。はじめての職務経歴書を作成するのであれば、まずはテンプレートを使ってみるのがおすすめです。

・WORKPORT (履歴書・職務経歴書サンプル)

履歴書の他、職種ごとに26種類のテンプレートが用意されています。とにかく見やすいテンプレートが特徴。PDFの他、Excel、Word、ODTなど、自分の使いやすいフォーマットをダウンロードすることができます。

https://www.workport.co.jp/template/dl.html

・リクナビNEXT (使える!職務経歴書作成フォーマット)

さまざまな職種別の書き方見本が見つけられるサイト。とにかく紹介されている職種が多いのが特徴です。チェック項目もあるので、作成後の見直しにも便利。

https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/903/

・エン転職(職務経歴書サンプル集)

こちらも職種ごとの書き方が見られるサイトです。ポイントや注意点がわかりやすく説明されています。

https://employment.en-japan.com/resume/ex/

・ルーシッド職務経歴書

勤務先ごとに職務経歴を記載するタイプの職務経歴書です。8種類の書式の中から、好きなデザインを選ぶことができます。

https://lucid.jp/

・りれきしょ君

WordやExcelがパソコンに入っていなかったり、普段あまり利用したことがないので不安な人におすすめ。直接Web上のフォーマットに入力するだけで、職務経歴書が完成します。

https://ri-reki.com/shokumu/

職務経歴書を用意しておいて損はない!

応募する会社にもよりますが、第二新卒の場合は自己PRのためにも職務経歴書の書き方は押さえておきたいものです。まずはテンプレートやサンプルを参考にして職務経歴書を作ってみて、少しずつアレンジしていきましょう。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)