キャリアアップマガジンTOP  >   第二新卒の履歴書の書き方と参考になるテンプレートサイト一覧

第二新卒の履歴書の書き方と参考になるテンプレートサイト一覧

 2017年10月30日  Posted by  編集部

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&~4年目は特にオススメ
マイナビジョブ20's

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

キャリコネ
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・無料会員登録で”社員クチコミ”見放題
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載【キャリコネ】

公式 

履歴書は職務経歴書を読んでもらうための前段階に当たります。そのため、簡潔に自分の人材価値を明らかにしなければなりません。履歴書に記入すべき内容と、作成時に参考となるテンプレートサイトを紹介します。

第二新卒の履歴書の「職歴」では、アルバイト経験もアピールできる

第二新卒と新卒の履歴書の一番大きな違いは、「職歴」の情報を記入することです。これは企業名だけでなく、企業の規模、部署名、役職、仕事内容についても記入しておくのが一般的です。また、記入の際のポイントは「2〜3行程度で簡潔にまとめる」こと。これにより、採用担当者が職歴欄を見たときに一目でどのような経歴を持っているかがイメージしやすくなります。

また、履歴書には「過去に正社員として在籍した企業すべて」を記入しなければなりません。短期間の在籍であっても、漏れのないよう記入しましょう。もし何らかの理由で書きたくないという場合であっても、入社後の保険等の手続きで発覚することが多く、企業側の手続きに支障をきたしてしまいます。さらに経歴詐称と受け取られることもあるなどリスクが大きいため、正直に記入する必要があります。

派遣社員での勤務や長期のアルバイト経験も、職歴としてアピールすることが可能です。再就職に不利となる空白期間を生じさせないうえ、応募先と関連する業界であれば経験として有利に働く可能性もあります。ただし、記入の際には雇用形態を併記するのを忘れないようにしましょう。

第二新卒の場合、履歴書と同時に職務経歴書の提出も求められますが、万が一履歴書で問題がみられた場合、人事担当者が職務経歴書を読まない恐れがあります。履歴書を作成する場合には、細心の注意を払って間違いのないようにしましょう。

なお履歴書を手書きで提出する場合には、「書き方が丁寧であるか」も採用のチェックポイントです。さらに第二新卒の場合は少なくとも社会人経験があるわけですから、一般的なビジネスマナーやルールが守られているかも重視される傾向にあります。誤字脱字を無くすことはもちろん、西暦・和暦の混合や(株)などの略語を使用していないかなどにも注意が必要です。

第二新卒の履歴書記入時のポイント


第二新卒の転職活動が新卒よりも強い点は、「経歴・職歴があること」です。そのため、業務を意識した内容の履歴書に仕上げることが重要です。ここからは、履歴書において自分をアピールするために有効な4つのポイントをご紹介します。

ポイント1:自己PR欄は職務経歴書とのバランスを考えて書く

第二新卒の場合は、履歴書と同時に職務経歴書も提出します。基本的には職務経歴書に詳細を書き、特にアピールできる部分を簡潔に履歴書の自己PR欄に記入します。職務経歴書の内容を書きながら自分の経歴を再確認し、それぞれのバランスを考えながら自己PR欄を記入することがポイントとなります。

ポイント2:志望動機は「企業側の疑問に答える」ために書く

履歴書に志望動機欄がある場合は、より採用担当者や人事担当者に注目される書き方を意識しましょう。このとき、企業側は「なぜ転職し、なぜここを受けようと思ったのか」という疑問を抱えているわけですから、その疑問に答える形で記載することがポイントです。企業の疑問を無視した独りよがりな動機にならないよう注意しましょう。また面接では、ほぼ必ず志望動機を聞かれるため、履歴書に記載する志望動機は面接での発言と整合性を保つようにしておくことも重要です。

ポイント3:資格免許欄は簡潔に

資格や免許は、入社を希望する企業や業界で仕事をするにあたって役立つものを厳選するのがポイントです。ビジネス以外の分野でアピールしたい資格があるときは、特技の欄などを利用しましょう。また資格の取得を目指して勉強を始めている場合は、最後に追記しておくとよいでしょう。

ポイント4:待遇についての希望は基本的にNG

社会人経験の浅い第二新卒の場合には、待遇に関する要望を履歴書に記載することは採用担当者に好ましくない印象を与えてしまう恐れがあります。ですから、特に事情がある場合を除いては「企業の規定に従う」という旨を記入することがポイントとなります。例外として、複数職種や勤務地限定で募集されている場合には希望を記入しても問題ありません。

第二新卒向けの履歴書テンプレートが入手できるサイト


第二新卒向けの履歴書テンプレートは、転職支援サイトなどで入手てき、記入例や解説が記載されているものが数多くあります。履歴書はJIS規格(※)が定められていますが、提出時に指定されることはありません。記入欄の大きさなど、自分の使いやすいフォーマットを選びましょう。
※JIS規格・・・日本工業規格、製品仕様の工業規格で個人に仕様を義務付けるものではない

・マイナビジョブ20’s

第二新卒向け転職支援サイト「マイナビジョブ20’s」専用のものと、JIS規格のフォーマットの履歴書・職務経歴書をそれぞれWord形式およびPDF形式でダウンロードできます。専用フォーマットは、自己PRのスペースが広くとってあり、効率的なアピールが可能です。
https://mynavi-job20s.jp/userguide/resumedownload.html

・Re就活

第二新卒および既卒向けの求人サイト「Re就活」では、Word形式で履歴書・職務経歴書がダウンロードできます。サイト内には記入例も用意されています。
https://re-katsu.jp/career/contents/ten_guide/shorui.html

・DODA

転職者向けに履歴書の書き方とテンプレートを公開しています。テンプレートはPDF形式のほか、ファイル提出に対応したExcel形式のものもあります。
https://doda.jp/guide/rireki/

・Spring転職エージェント

履歴書作成時の注意点がわかりやすく簡潔にまとめられています。記入例付きのExcel形式のフォーマットがダウンロードできます。
http://www.springjapan.com/knowhow/resume_manual/resume/

・@NIFTY求人情報

第二新卒の一般的な記載例のほか、第二新卒で未経験業種へ応募する際の記入例や、転職回数が多い人の記入例など、12のパターンで記入済みフォーマットが公開されています。ファイルはExcel形式です。
https://job.nifty.com/support/howto/download.htm

履歴書では、情報を正しく、わかりやすく伝えることが大事

履歴書の書き方は、新卒であっても第二新卒であっても基本的な部分は変わりません。記載内容は正確に、空欄をつくらないようにします。また、第一印象を決めるものでもありますので、丁寧な字で読みやすく記入することが大切です。


【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リアライブ
★ベンチャー企業でキャリアアップしたい方向け
・非公開 優良ベンチャーを厳選紹介
・8月末までの登録で限定コンテンツ公開

公式 

ハタラクティブ
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならハタラクティブ

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)