ジョブトラ20s TOP  >   ヒゲの剃り残しもアウト?できる人の真のビジネスマナーとは?

ヒゲの剃り残しもアウト?できる人の真のビジネスマナーとは?

 2018年2月27日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

みなさんも「人の第一印象は2秒で決まる」「人は見た目が9割」という言葉を、耳にしたことがあるのではないでしょうか? 人は、最初に受けた印象によって無意識のうちに、相手との付き合い方や言葉をコントロールし距離の取り方を調整しようとするのです。

最初のイメージは、1年経っても、5年経ってもなかなか変わることはありません。そのため、ファーストインプレッションではTPOをわきまえた身だしなみを心がける必要があるのです。

人は見た目が9割って本当?

身だしなみで一番大切なのは清潔感

ビジネスだけに限らず、友達と会うとき、恋人と出かけるときなど、あらゆるシーンにおいて一番大切なのは清潔感ではないでしょうか。

寝癖がついて髪の毛がボサボサだったり、シャツやブラウスがシワシワ、ヨレヨレだったり、指先がガサガサに乾燥して粉が吹いていたり……。特に男性の場合は、ヒゲが伸びていたり剃り残しがあるだけで、不潔な印象を与えてしまいます。

身だしなみについて言い出したらキリがありませんが、自分が思っている以上に他人は、服装、メイク、ネイルまで細かく見ているものです。「だらしがなさそう」と思われないよう、常日頃から自分がどう見られているか、という意識を徹底させましょう。

社内でのビジネスマナー

デスクまわりは整理整頓し、きれいな状態を保つ

仕事ができない人はデスクを汚しがちです。本が山積み、資料や名刺が散乱している、いつ飲んだのか分からないペットボトルや紙コップがいつくもあるなど、あなたの職場にもそんん同僚や上司がいるのではないでしょうか?

デスクがきれいだと自然と身が引き締まり、仕事の効率もアップします。自分も含め、上司や同僚が気持ちよく働けるよう、デスクまわりは常に整理整頓しておきましょう。

雑務も嫌な顔せず引き受ける

本音は仕草や表情に出ると言われています。業務がカツカツで納期に間に合わない、というケースは別かもしれませんが、ほかの人が嫌がる雑務こそ率先して引き受けるといいでしょう。「この人とは気持ちよく仕事ができる」と思ってもらえるはずです。

ただし、何でも引き受けているといいように使われてしまう場合もあるので、業務の進行状況に応じて臨機応変に対応するといいかもしれません。

電話は3コール以内に取る

かかってきた電話には3コール以内で出るのが、電話応対におけるマナーです。多くの企業で「電話は3コール以内」と徹底している理由のひとつに、相手を待たせないというものが考えられます。

もしあなたが緊急の要件で誰かに電話をかけたとき、コール音が3回以上になると待たされていると感じませんか? さらに、5回以上になると今度は、相手が電話に出ないことにイライラしてしまうでしょう。

3コール以内に出られなかったことが原因で商談が破断になってしまったとしたら、会社の存続を揺るがす多大な損失に繋がることも起こりうるのです。

ビジネスマナーの落とし穴

社内でぷかぷかタバコを吸う

最近は多くの企業で分煙が徹底され、どんどん肩身が狭くなる喫煙者。タバコを吸わない非喫煙者にとっては、髪の毛や洋服についたニオイでも不快に感じてしまいます。

あるアンケートによれば、スメハラ被害ランキングの上位にランクインするほど、タバコによる口臭は深刻な問題となっているのです。そのため、タバコを吸ったあとは消臭スプレーをする、マウスウォッシュでうがいをするなど、口臭対策が必要です。

デスクでながら飲食をする

忙しさのあまり、きちんとランチ休憩をとらずにデスクで食事をとる人もいると思います。サンドイッチやおにぎり片手に企画書を作ったり、カップラーメンをすすりながら原稿を確認したり。ランチの時間を確保できない人にとっては食事を摂りながら仕事もできて「効率的でいい」と思うでしょう。

しかし、決してお行儀がいいものではありません。その行為自体はもちろんのこと、オフィス内に食べ物のニオイがこもって気分が悪くなってしまう人もいるはずです。

あくびをしたり頬杖をつく

仕事中に大きなあくびをしたり、ため息をつきながら頬杖をついたりしていませんか? 自分では意識していなくても、その姿を見たまわりの人は「こっちまで負のオーラが伝染する」「やる気をなくす」「士気を下げる」と感じてしまい、職場の雰囲気を悪くしてしまうのです。

気が滅入ったり行き詰まったときは、トイレに行ったり、休憩所で肩を回して軽くストレッチをしたりして、人から見えないところで息抜きをしましょう。

自分の身の振り方を考えよう

服装や持ち物といった身だしなみはもちろん、自分の行動や発言によって相手にどう思われるのかまでを考えることもビジネスマナーのスキルです。誰が見ても「あの人は仕事ができる」「気持ちがいい人」と思ってもらえるよう、身のこなしを常に意識しましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

watanabe

会社員を辞めてフリーランスとして記事を書いたり写真を撮ったりしています。美容、農業、インバウンド、取材記事などさまざまなジャンルの記事を書いています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)