ジョブトラ20s TOP  >   第二新卒の面接対策!押さえておきたい質問・逆質問の内容とポイント

第二新卒の面接対策!押さえておきたい質問・逆質問の内容とポイント

 2017年10月30日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

第二新卒における面接の場合、新卒とは異なり、前職の退職理由や具体的な志望理由を明確に伝える必要があります。第二新卒の面接でよく聞かれる質問の内容や意図や、逆質問で聞くべきことなどを確認しておきましょう。

第二新卒の転職で気を付けたい2つのポイント


第二新卒は社会人経験があるため、社会人としてのマナーや仕事をする上での基礎的な能力があるかどうかが判断されます。たった数年というキャリアに過ぎませんが、新卒のように意欲や適性だけではなく、どのような能力があり、これまでの経験からどのような経験で会社に貢献してくれる人材であるのかが採用基準に加わります。したがって、次のような点に注意して転職活動をする必要があります。

・次の会社でどのような仕事をやりたいかはっきりさせておく

希望する会社の職務に関連した経験や実績があればベストですが、第二新卒で期待されているのは、将来性です。
将来性を感じてもらうには、
・入社したらどのような貢献ができるのか
・自分がやりたいこと
・これまでの経験を踏まえて、できること
・・・をはっきりと伝える必要があります。

第二新卒の場合は、企業側も未経験可で募集していることが多く、異業種・異職種への転職例も少なくありませんが、「いろんな仕事をやってみたい」など興味本位での転職はNGです。どのような目的で転職という考えに至ったのかを、しっかりと考え、伝えられるようにしておきましょう。

・社会人としてのビジネスマナーを身につけておく

企業としては新卒を一から育成するよりも時間をかけずに即戦力へと育てられることが、第二新卒を採用するメリットとなります。そのため、ビジネスパーソンとしての立ち振る舞いから基本的な業務スキルが身についていることが、採用における判断基準となります。とはいっても、転職することを踏まえて今の仕事をする必要はありません。真面目に業務に取り組んでいれば、自然と身につくものですので、まずは目の前の仕事を一生懸命がんばることが大切です。

第二新卒の面接で聞かれる質問とその意図


続いては、第二新卒の面接で必ず聞かれる3つの質問と、その意図について解説いたします。

・前職の退職理由

面接で退職理由を聞かれる理由は、採用後再び退職されることを警戒されているからです。そのため、待遇や労働環境、人間関係などを理由としたネガティブな要素を理由にするのはあまりよくありません。もちろん、前の職場の悪口などもNGです。

志望動機と絡め、「〇〇な仕事をしたいから」、「キャリアのステップアップを実現したい」といった、前向きな理由から転職を決意したことを伝えましょう。「前職の状況を自分なりに改善しようとしたが、難しかったためやむを得ず転職を選んだ」というニュアンスでまとめると印象がよくなります。

・志望理由

志望理由については、できるだけ具体性を持たせましょう。採用後に配属先が決まる新卒採用と違い、第二新卒ではある程度職種が限定されており、応募時と入社後の仕事が入社前と大きく外れることはありません。

そのため、「〇〇という仕事をしたいという思いがあり、それが実現できる御社を選んだ」という感じで、入社後の仕事をイメージしつつ、その会社でなければならない具体的な理由を述べるのがベストです。注意点としては、その会社で本当に実現できる環境であるのかどうかについて、事前に十分な企業研究を行っておくことが必要です。

・前職での経験、身につけたスキル

中途採用では、企業側は即戦力として活躍してもらうことを期待していますが、経験が1年〜3年しかない第二新卒ではそれほど大きな期待はしていません。もちろん、MVPを獲ったとか、プレゼンを成功させたなど実績がある場合はアピールできますが、人に話せるような大きな実績がなくても心配することはありません。

組織の一員として、日常業務が問題なく遂行できるレベルであることも立派なスキルのひとつです。PCスキルやコミュニケーションに対する取り組み方、業務上の課題の解決方法などから、自分の長所を絡めてアピールするといいでしょう。

面接における最後の関門!逆質問にはどう答えればいい?


面接官から一通りの質問が終わると、「何か質問はありますか?」と聞かれます。面接の最後に設けられる逆質問の機会ですが、どんなことを質問したらよいのでしょうか?第二新卒だからこそ聞いておきたい内容には、以下のようなものがあります。

・キャリアプランなど、入社後の意欲を感じさせる逆質問
・これまでの業務経験や所有資格が活かせるかといった社内の環境についての逆質問
・会社の今後の経営戦略についての逆質問

入社後をイメージした質問は、積極性や意欲を感じさせるものとなりますので、採用する企業側によい印象を与えます。

では逆にどのような逆質問がよくないのでしょうか?
「質問はありません」と終わらせてしまうのは、意欲がないと思われてしまうためおすすめできません。

また、転職にあたっては給与や福利厚生については気になることのひとつですが、これらに関する逆質問を行うのはあまりよい印象を与えません。仕事内容よりも条件面のみで会社を選んでいると捉えられる傾向があるからです。待遇に関しては事前に情報収集しておくか、転職エージェントを利用している場合には、エージェント経由で確認するようにしましょう。

第二新卒は、やりたいことに挑戦できる最後のチャンス!

第二新卒は、未経験の業界・職種に挑戦できる最後のチャンスともいわれています。即戦力レベルの知識や経験までは求められていないものの、社会人としてのマナーを身につけていることは必須ですし、若さゆえの熱意や仕事への意欲の高さが、評価を大きく左右します。
ぜひ今回ご紹介したポイントを意識して、面接対策をしてみてください。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

Rebe career 編集部

Rebe career編集部です。若手ビジネスパーソン向けに、スキルアップの方法論や今後のキャリア選択の参考になる良質なコンテンツを毎日配信しています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)