ジョブトラ20s TOP  >   選ばれし者のみがなれる?市場ニーズの高い人材コンサルタントとは?

選ばれし者のみがなれる?市場ニーズの高い人材コンサルタントとは?

 2021年10月19日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

転職者の「働く」を支える人材コンサルタント

転職者をサポートする人材コンサルタント。企業と転職者の間に入り、即戦力を求める企業の希望に沿う人材を紹介し、転職者の希望条件や御眼鏡にかなう求人を紹介する立場にあります。近年、「働き方改革」「働き方の多様性」が叫ばれるなか、人事コンサルタントの市場ニーズは年々増加しているのです。

人材コンサルタントってどんな仕事?

冒頭でも触れましたが、人材コンサルタントは企業と転職者の滑潤油とも呼ぶべき存在。企業側が求める人物像と特性をしっかり把握しつつ、転職者が持っている資格や経験、スキルなどからその人に一番合った転職先を紹介するのが主な仕事となります。

そのため、実際に企業に出向いて人事担当者から直接話を聞く機会もしばしあります。「求めている人物像」「人柄」「ポジションに向く性格」「必要なスキル」「職場の雰囲気」「どんな人が働いているのか」など、相手の想いを上手に聞き出すインタビュースキルも必要です。

人材コンサルタントの役割とは?

人材コンサルタントの役割をひと言で言ってしまえば、クライアントの問題解決をすること。多くの企業では、「人は欲しい。けど自社の強みや魅力をどう訴求すればいいのかわからない」「勝ちパターンがわからない」と採用課題を抱えているケースが多いもの。

また、成長速度が速いベンチャーやスタートアップ企業では、急に増えた従業員に対する教育体制が追いついていないなど、人材育成カリキュラムの構築、人事評価制度の設置など多くの悩みがあるのも事実です。

そこで重要になるのが、人材コンサルタントの存在。企業と個人、転職者の間に入り、その企業が抱える問題解決策の提示と施作、効果を検証する役割をになっているのです。

人材コンサルタントになるためのルートと将来性は?

人材コンサルタントの採用ニーズは増えている?

人材コンサルタントの採用ニーズは年々高まっていると言って良いでしょう。その理由として、ライフワークバランスや副業を許可する企業が増え、働き方の多様性が広がっていることなどが背景にあると考えられます。

また、ITの進化とともに、WebデザイナーやWebマーケター、システムエンジニア、ライターといった職種の募集も増えており、転職の状況も変化しているのです。かつては、「給与」「福利厚生」「大手企業」などのハード面が転職の軸となっていました。

しかし、数年前から「やりがい」「職場の雰囲気」「人間関係」といったソフト面に重きを置く転職者が増えています。

気になる人材コンサルタントの将来性

上の内容の結果として、時代の流れを受け、人材コンサルタントの将来性は見込みがある言ってもいいのではないでしょうか。

転職者は求人情報には載っていない情報を得ることができます。また、より優秀な人材を獲得したいと考えている企業にとっては、転職先には直接聞きにくい、言いづらい転職者の希望条件などもきちんと把握している人材コンサルタントを頼るようになるのです。

人材コンサルタントはポテンシャル採用?

相手が言葉にできない想いを汲み取る能力

人材コンサルタントには、さまざまな業界や職種に対する高い倫理観や責任感が求められます。企業から要求されたことだけを淡々とこなすだけなら、新卒社員でもできるもの。

プロフェッショナルである人材コンサルタントは、会話のなかで相手が何気なく発した言葉から想いを汲み取り、相手の期待以上の「付加価値」を生み出す必要があります。

そのために、常に自分を客観視するクセをつけ、且つ心の底から相手を思いやる気持ち、何が何でもやり遂げようという想いが必要なのではないでしょうか。

ロジカルな思考力とコミュニケーション能力は必須

現状抱えている問題を吸い上げ、解決には何をすべきなのか、どんな施作を打つべきなのかをロジカンルに考えられるゼロベース思考、仮説思考が求められます。また、人材コンサルタントの仕事は、基本的に対ヒトです。

転職者はもちろん、クライアントとそこで働く社員と積極的にコミュんいケーションを取れる人柄も必要。社内の人間は、内輪の人には外交的であっても外部の人間に対しては警戒心を抱くものです。

「この人なら信頼できる」と思ってもらえる関係性を築くためには、一回一回のコミュニケーションの取り方や質がとても大切になってくるのです。ロジカルシンキングとコミュニケーション能力をなくして、人材コンサルタントとして生きてゆくのは難しいかもしれません。

人事採用の経験があればなれる可能性もある

ここまでの話だと「人材コンサルタントには相当高いスキルと人間力が求められる」「未経験ではなれそうにない」と感じるかもしれません。事実、人事コンサルタントは誰でも慣れるものではいので、未経験でなるにはハードルが高いと言えます。

しかし、前職での採用、営業、広報などの経験があるのであれば可能性は見込めるでしょう。もし人材コンサルタントへの転職を考えている場合は、経験値をアピールすることで採用に繋がるかもしれません。

経験を生かしながら人材コンサルタントを副業をするのもアリ

人材コンサルタントを正社員として雇い入れるケースは少ないため、副業やアシスタントとしてはじめてみてはどうでしょうか。きっと大きなやりがいを感じながら楽しく働けるはずです。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

watanabe

会社員を辞めてフリーランスとして記事を書いたり写真を撮ったりしています。美容、農業、インバウンド、取材記事などさまざまなジャンルの記事を書いています。

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)