キャリアアップマガジンTOP  >   未経験からエンジニア・クリエイターで働くのは大丈夫?

未経験からエンジニア・クリエイターで働くのは大丈夫?

 2018年5月23日  Posted by  編集部

doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

リクルートエージェント
★20代でワンランク上の転職を実現させたい方向け
・大手/優良企業の独占案件多数
・新着企業の更新頻度が多く、チャンスが多い
新着企業情報がすぐに手に入る!

公式 

パソナキャリア
★大手転職希望・転職知識がある方向け
・サービス利用者は25万名超
・管理職求人も多数
・選考フォローが手厚く、年収UP&内定獲得率が高い
リピーターも増えてます。転職ならパソナキャリア

公式 

マイナビジョブ20's
★第二新卒・20代前半向け
・20代転職に特化。
・第二新卒&4年目は特にオススメ
20代の転職に強い マイナビジョブ20's

公式 

エンジニア・クリエイターに興味はあるけれど、専門知識が必要なことから、「未経験でエンジニア・クリエイターとして働くことはできるのか?」と不安に思う人は多いのではないでしょうか? そこで今回は、未経験でも活躍できる人の特徴やこれまでのスキルをどう活かせるかと、志望動機の例文を紹介していきます。エンジニアやクリエイターを目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

(1)未経験からエンジニア・クリエイターとして活躍できる人の特徴

ここでは、未経験でも活躍できる人の特徴をまとめてみました。意外とあてはまる人が多いのではないでしょうか。

技術を高めたいという好奇心を持ち続ける

エンジニアやクリエイターに限らないことですが、一つの知識や技術を覚えたからといってすべての仕事ができるようになるわけではありません。日々、新しい技術が生まれる世界ですので、常に自分の技術に満足することなく勉強を続け、技術を向上させていく必要があります。

ですので、「もっと上手くなりたい」という気持ちが強い人や、忍耐強い人でなければ務まりません。だから、好奇心を持ち続けることが必要になります。

細かい作業が得意

たとえばエンジニアは、コードと呼ばれる英数字を使ってプログラミングと呼ばれる作業をしていきます。これを1行でも省いてしまったり、1文字でも間違えると、システムを正常に動かすことはできません。

細かさでいえば、Webデザイナーも負けてはいません。Webサイトを見た人に一瞬で良い印象を与えることが、デザインの役割です。そのためには、「1ピクセル単位まで調整するぞ」という気持ちが必要です。(私のような、大雑把な人間には逆立ちしたってできそうもありません、、、)

相手の意図をくみ取れる。

プロとして働く以上、自分の好きなものを作れば良いという訳にはいきません。クライアントが何を求めているのか? どんな課題を抱えていて、どの程度の解決策を望んでいるのか? といった要望を的確に捉えることが必要になります。

しかし場合によっては、クライアント自身が、やりたいことや解決したい問題をわかっていないこともあります。そこで、相手の話から想像をしたり、意図をくみ取ることが必要になるというわけです。

(2)今の仕事の経験・スキルはエンジニア・クリエイターでどう活かせる?共通項を探してみよう!

エンジニアやクリエイターと言うと専門性が高いことから、これまでの経験が活かしにくいと思ってしまいがちです。でも実は、今の仕事の経験やスキルが活かせるんです。

ケース1.営業職の場合→お客様目線での意見&開発

営業職の役割は、お客様と直接話し、ニーズや課題に対して自社の製品やサービスの提案を行うことです。さらに、現場で得た知識をもとに、商品開発に役立てることもできます。

この能力は、エンジニアやクリエイターでも活かせます。直接、システムを使う人やWebサイトを見るユーザーと接することはないものの、エンジニアでは、自分が作ったシステムがどう使われるかを想像することで、クライアントにとって、より便利なシステムを作れます。クリエイターでは、ユーザーにとっての使いやすさ、読みやすさを追求することで、人気を集めるWebサイトを作ることができるかもしれません。

ケース2.Webディレクターの場合→企画力、好奇心

Webディレクターは、Webサイトなどコンテンツを企画することも仕事の一つです。

コンテンツの企画をするためには「これ、面白い!」と、見た人に思ってもらえる情報を集めることが必要となります。そのためには常にアンテナを張っておくこと、いってみれば好奇心が強い人といえるとでしょう。

また、せっかく集めた情報も、ただサイト上に垂れ流していては面白いコンテンツにはなりません。どんな風に、誰に伝えるかを考える企画力がある人です。

エンジニアやクリエイターも、最新の技術(AI、新たなアプリケーションなど)がどんどん生まれ、そこに追いついていかなければいけない仕事です。ということは、Webディレクターと同様に好奇心をもってアンテナを張る能力が求められます。

さらに、最新の技術をプログラムやデザインにどう反映させるかといった企画力も大切な仕事なので、Webディレクターの経験を活かすことができます。

 ケース3.一般事務職の場合→ミスのない作業

一般事務職とIT分野の仕事はなかなか結びつかないと思っていませんか?一般事務の仕事には、請求書や会計・データ入力などがあります。単純な作業だと思っていると大きな失敗につながりやすく、たとえば請求書の数字を打ち間違えたら売上は変わってしまいます。

だからこそ、一般事務の経験者は細かなミスを防ぐ力を身につけていることが多く、それはITの分野でも活かすことができます。具体的には、プログラミングの入力の際のタイプミスや、Webサイト上の誤字、脱字の修正などミスのない作業が求められるからです。

(3)職種別・エンジニア、クリエイター未経験者の志望動機の例文

ここからは志望動機を考えていきましょう。他の職種と同じく、自分が向いている理由やこれまでの経験を応募先の企業でどう活かせるかを明確に伝えることがポイントになってきます。

ホテル業界→エンジニア

私はホテルスタッフとして、「お客様に気持ちよく宿泊してもらうこと」を意識して、仕事に取り組んできました。時にはチェックインの様子からマッサージの手配を提案したり、会話の中から好みをヒアリングし、宿周辺の飲食店を提案することでお客様から感謝の言葉をいただくことができました。

ホテル業界で身につけたヒアリング能力や、意図をくみ取る能力を活かし、エンジニアとしてクライアントも意識していない課題やニーズを引き出したり、満足度の高いシステム開発を行っていきたいです。

ポイント:接客業とエンジニアは共通点なんてないと思ってしまいがちですが、どちらもお客様のニーズを満足させるためにヒアリングの力が必要という点は同じです。さらにヒアリング力を活かしてどんなシステムを作っていけるかをアピールすることで、異業種からでも転職成功を勝ち取りやすくなります。

 居酒屋スタッフ→WEBディレクター

私は居酒屋でホールスタッフとして働いていました。天気や曜日によってお客様の年齢や頼まれるメニューが変わること、仕入れを通して自分が良いと思ったお酒が売れていくことに喜びを感じました。

季節ごとのイベントの企画を担当し、産地にこだわった食材やイベントにちなんだワインを仕入れるなどメニュー開発はもちろん、周辺のお店と協力し告知にも力を入れたことで過去最高の売上を達成することができました。

分野は違いますが、こうした企画の経験をコンテンツ企画やサイト設計に活かしていきたいと考えています。

ポイント:企画力という、どちらの仕事にも共通している能力をアピールしましょう。たとえば、前職で経験したエピソードを軸に志望動機を作ると良いです。そして、企画力をコンテンツ開発やサイト設計など、業務のどの分野で具体的に力を発揮していきたいのかを明確に伝えましょう。

一般事務→プログラマー

前職では、一般事務としてバックオフィスの業務に携わってきました。細かな請求書のミスでも会社の信用にかかわる大切な仕事だと考え、定型業務であっても自ら作ったチェックリストで誤入力を防ぐなど、ミスのない仕事をしてきました。その結果、当たり前のことですが請求先の名称変更・住所変更への対応も含め、ミスをほぼゼロにしてきました。

こうした細かな作業が必要なことと、根気強く取り組む姿勢はプログラマーにも共通すると考えたため、挑戦させていただきました。

ポイント:エンジニア・クリエイターは忍耐強く単純な作業を続ける必要性があります。ミスをしないために普段どんなことに意識した結果、どれだけミスのない仕事を続けてきたかをアピールするのも良い手段です。

どの業界でも最初は未経験!自分に合った職を見つけよう!

エンジニアやクリエイターは専門性が高く、ハードルが高そうに見えますが、実は、今、あなたがやっている仕事と共通点が多く、未経験でもチャレンジしていける分野なのです。迷っているなら、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


doda

【期間限定】目的別 おすすめ転職サービスまとめ

特徴 公式サイト

マイナビエージェント
★給与・人間関係・働く環境を重要視したい方向け
・応募書類の準備から面接対策まで充実
・首都圏での優良企業案件が豊富
昇給有・残業無って本当?求人票には掲載されない情報が満載

公式 

AidemSmartAgent
★転職自体悩んでる…初心者向け
・スキマ時間で気軽にキャリア相談から可能
・転職知識をしっかり教えてくれる
第二新卒ならAidemSmartAgent

公式 

パーソルテクノロジースタッフ
★エンジニア向け
・高時給でハイレベルな求人多数
・無料登録で非公開求人の閲覧可能
エンジニア派遣の「パーソルテクノロジースタッフ」

公式 

hiro

日本と台湾、中国のクォーター。 ITベンチャーでデザイナー・エンジニアを経てライターに転身。 訪日観光客向け、スマホゲーム、恋愛など、さまざまなジャンルのメディアで執筆している。 座右の銘は「成功の反対は失敗ではなく、何もしない事」。 保有資格はマイクロソフトオフィススペシャリスト・パソコンスピード認定試験1級・色彩検定3級・HTML5。

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)