キャリアアップマガジンTOP  >   製薬会社はなぜ年収が高い?企業ごと・職種ごとの平均年収もチェック!

製薬会社はなぜ年収が高い?企業ごと・職種ごとの平均年収もチェック!

 2018年3月7日  Posted by  編集部


一般的に、年収が高いイメージがある製薬会社。今回は、製薬会社の企業ごと・職種ごとの平均年収を確認し、なぜ製薬会社は年収が高いのかを考察していきます。

内資系製薬会社の平均年収ランキング

2016年度、製薬会社各社が公表した有価証券報告書をもとに作成された年収ランキングは、以下のようになっています。

  1. ソレイジア・ファーマ:1397万円
  2. シンバイオ製薬:1181万円
  3. そーせいグループ:1151万円
  4. 第一三共:1133万円
  5. 大塚ホールディングス:1078万円
  6. アステラス製薬:1073万円
  7. エーザイ:1038万円
  8. 武田薬品工業:1015万円
  9. 中外製薬:954万円
  10. キョーリン製薬ホールディングス:945万円

1000万円を超えたのは上位8社。中でも国内最大手の武田薬品工業は、前年比で55万円アップしています。

バイオベンチャーのソレイジア・ファーマが1位

1位となったソレイジアは、2017年に東証マザーズに上場したベンチャー企業です。悪性腫瘍に関する医薬品・医療機器の開発、販売事業を展開し、世界各国から新薬候補を導入している企業です。

2位は拠点を持たない企業、シンバイオ製薬

創薬・製薬ベンチャーでは一般的に大学などの研究機関を拠点として薬の研究を行いますが、シンバイオ製薬は研究・製造の拠点を持たないベンチャー企業です。日本で販売されていない医薬品を海外から導入し、ベンチャーらしく臨床試験もアウトソーシングしています。

3位のそーせいグループは、バイオベンチャーのソフトバンク

元ジェネンテック社長が創業した創薬バイオベンチャー「そーせいグループ」が、年収ランキング3位となりました。設立は1990年で、買収事業にも積極的なそーせいは「バイオベンチャーのソフトバンク」とも呼ばれています。

職種ごとの平均年収

続いて、製薬会社内の職種ごとの平均年収も確認してみましょう。ここでは、20代と30代の年収を表記しています。

営業(MR)

  • 20代:439万円
  • 30代:591万円

まず、営業(MR)の年収は以上のようになりました。製薬会社の営業は医薬情報担当者とも呼ばれ、新薬の効果や副作用などの情報を集めて提供する特殊な職業です。よって、他業種の営業と比較すると年収が高くなっているようです。

研究・開発

  • 20代:450万円
  • 30代:601万円

製薬会社における研究職と開発職は全く異なる業務内容ですが、ここでは技術系としてひとまとめにしました。アカデミックな分野に近く、理系のみが就職できる研究や開発は、やはり高収入の傾向があります。

企画・管理

  • 20代:446万円
  • 30代:688万円

最後に、企画・管理部門も見てみましょう。20代では研究・開発に及びませんが、30代で追い抜いています。やはり、管理職は年齢とともに年収が上がりやすい職種であることがわかりますね。

製薬会社の給与はなぜ高い?

以上のように、製薬会社の年収は他の業種と比べて高い水準にあり、近い業種である病院や調剤薬局と比較しても製薬会社が勝っています。では、その理由はどのようなものなのでしょうか?

利益率がいいから

まず、そもそも製薬会社の市場規模が大きいという理由があります。製薬会社は全世界が顧客となりうる業界ですので、新薬がひとつでも当たれば数千億規模のお金が動きます。さらに利益率も高く、社員にそれを還元する余裕があるほど「稼げる」業界なのです。

MRの離職率が高いから(引き止めておくため)

それだけ稼げる業界で、社員の収入が低ければ定着率が低くなってしまいますよね。もちろん業務内容も楽ではないため、人材を引き止めておくために給与を高くしているというわけです。

医師に振り回される、接待があるなど精神的ストレスが大きい

ではどのように大変かというと、まず医療業界で最も力の強い「医師」の存在があります。気に入られると優遇されるようですが、それまでは振り回されるなどして精神的なストレスが大きいようです。また、大きな契約を結ぶかわりに接待の数も多く、プライベートの時間も取りづらい現状があります。

車が自己負担のことが多い

MRは特に転勤が多い職業で、それに伴い家賃などの補助は充実しているようですが、自動車に関しては自己負担である場合が多いようです。また補助があっても上限をオーバーしてしまうこともあり、家賃に関しても10%程度は自己負担になることがあるようです。


市根井

市根井

1994年生まれ群馬県在住、新卒でいきなりフリーライターになりました。 群馬メディア「gooma」、観光メディア「SPOT」などで記事を書いています。得意分野は地方・フリーランス・WEBなど。 http://gooma.jp

関連する記事

”初めて転職”で不安な方へ。
20代の転職に強いキャリアエージェント

近々相談したい(登録1分)