ジョブトラ20s TOP  >   ヘッドハンティングで理想の転職?ヘッドハンティングの正しい意味とメリット・デメリット

ヘッドハンティングで理想の転職?ヘッドハンティングの正しい意味とメリット・デメリット

 2018年3月17日  Posted by  編集部

ジョブ
						トラ20s

ヘッドハンティングという手法は、優秀な人材とその人材を欲する企業をつなぐサービスです。直接スカウトするヘッドハンティングの正しい意味や、メリット・デメリットをご紹介します。

ヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングの意味

ヘッドハンティングとは、クライアントに対して適切な人材を探し出すサービスを指します。全てのビジネスパーソンを対象とした多視点からの比較や情報収集がおこなわれ、ヘッドハンターは転職希望の有無に関わらず対象となったターゲットにオファーします。

経営者や経営幹部などの上層部でおこなわれることが多く、大手企業から大手企業への人材の引き抜きなどが注目されることもあります。

ヘッドハンティングと転職エージェントの違い

転職エージェントは、それぞれの転職サイトに転職希望者として登録した人材の中から転職のマッチングを図ります。一方、ヘッドハンティングはプラットフォームとなる登録サービスがあるわけではないので、ヘッドハンティングサービスを提供する側の独自の調査によって採用者が選ばれます。

ヘッドハンティングは挑戦のチャンス

ヘッドハンティングされるということは、あなたの能力を求める企業がいるということです。本来、働くことの起点にはあなたがやりたいと思う夢や目標と、企業の理念との一致がありますが、ヘッドハンティングの場合は「あなたと働きたい」という企業側からの熱い想いでチャンスが訪れます。これは未知なることへの挑戦にもつながるチャンスと言えます。

ヘッドハンティングのメリット

ヘッドハンティングで転職すれば収入がアップする?

ヘッドハンティングされるということは、あなたにも交渉の権限が対等にあります。したがって、給与交渉はどんな相手でも一度試してみる価値があります。ヘッドハントしてきた企業の規模にもよりますが、月収は変わらずともインセンティブやボーナスによる待遇の変化などが期待できます。

一方、あなたの他にも人材の選択肢がある場合、交渉が通らないこともあります。ヘッドハンターは企業側の条件を確認し、あなたをどの程度の給与で雇いたいかを検討しています。判断のボーダーをわきまえた上で、年収アップにつながる交渉をすることで満足のいく結果が得られるでしょう。

ヘッドハンティングならリスクなく転職できる

転職は多くの場合リスクを伴います。たとえば、前職を辞めた時期からブランクなく転職することは意外と難しいものですし、満足のいく条件で交渉できる余地のある転職もめったにできません。

一方、ヘッドハンティングなら先方から求められているということから転職がスタートするため、試験や面接などのプロセスを省略し、なおかつ対等に条件を交渉することもできます。

求められている立場=選択肢が増える

求められているという立場は、あなたにさまざまな選択肢を与えてくれます。給与面だけでなく、時間の使い方や働き方などにも選択肢が増えるでしょう。

また、専門職や長年のキャリアを必要とするタイプの職種では、ヘッドハンティングがよくおこなわれています。専門性の高い職種であればあるほど働く場所の限りがありますが、ヘッドハンティングされることで自身の選択肢を増やすことができます。

ヘッドハンティングのデメリット

キャリアをゼロからやり直す覚悟も必要

ヘッドハンティングは、必ずしもあなたが積み重ねてきたキャリアに通じる業種や職種とは限りません。ヘッドハンターがあなたにふさわしいと思えば、未経験の業種でのオファーがかかる場合もあります。

あなたがどんなに今自信を持てている分野があったとしても、ゼロから新しいことを学びなおす必要もあるのです。

周囲の期待やプレッシャーと戦うことに

ヘッドハンティングを受けて転職した人は、周囲から期待をかけられるものです。「優秀な人材」という評価は、時に重くあなたにのしかかることでしょう。

また、自身が選んだわけではない職場で働くということは、同時に相手の求める成果を出さなければならないというプレッシャーを背負うことにつながります。

甘い言葉で騙されることもある

ヘッドハンターはクライアントに優秀な人材を提供することが仕事のため、あなたに「YES」と言わせるための準備をしてきます。

それは収入や役職などの条件なのかもしれませんし、ヘッドハンティングされているということへの賞賛かもしれません。それらの言葉をうのみにしてしまうと、条件の相違や、働きづらさを感じることにつながってしまうのです。

ヘッドハンティングのオファーは落ち着いて分析しよう

ヘッドハンティングは、クライアントである企業側であれば費用はかけてもリスクは少ないものですが、スカウトされる側である場合は落ち着いて条件などを分析する必要があります。

あなたが入社後つらい思いやストレスを抱えることがないよう、ヘッドハンティングされた時点で冷静に考えるようにしましょう。


ジョブトラ20s

その職場、本当にあなたに合ってますか?

その職場、本当にあなたに合ってますか?
就職後、3年以内に30%以上が離職をする時代です。

職場の人間関係、仕事内容、キャリアに不安な人もいれば、
今以上に成長したい、更なるキャリアのステップアップをしたいという期待を持つ方もいます。

ジョブトラ20sの適職診断では、一人一人のキャリアの不安と期待を適切に把握し、納得する道へ、限りなくサポートしていきます。

登録は無料です。
専任のコンサルタントが付き科学的に研究されたアルゴリズムで適性な職場をご紹介。
まずは無料の適職診断だけでもしてみませんか?

ジョブトラ20sの適職診断はココがすごい!

  • 累計受検数20万人突破
  • 専門家チーム、コンサルタントによる分析
  • 科学的に構築された日本唯一のアルゴリズム

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

あなたの適性、本当はもっと違うかも?

ジョブトラ20sの適職診断なら30秒の入力
あなたの本当の適性がわかります。

ご利用された方の声

中堅人材派遣会社から未経験でITベンチャーへ転職

年収150万円UP

日々の仕事は楽しいが、先が見えてしまい飽きてしまった。
そんな折、エージェントに相談し、新しい挑戦のきっかけを
手に入れる事が出来た。

26歳 男性

近岡一磨【ジョブトラ20s編集部】

☆キャリアに関するブログ更新中☆//リアライブ創業メンバー/20代に特化した転職支援会社の事業責任者/社員数4名の折大学1年時に長期インターンシップとしてジョイン/大学2年の時に内定承諾/年間MVP最多取得/累計数千名支援/年間読書量1500冊超え/キャリア面談受付中!詳細はこちらをクリック⇒ https://job-tryout20.com/

関連する記事

「適職診断」の結果がすごいと評判!
期間限定で、今なら“無料”で受けられます

適職診断を受けてみる(30秒登録)